« 伊豆爺徘徊記(9.9) | トップページ | LPお気に入り600選(’15版)(201~300) »

2015年9月 9日 (水)

仁義なき戦い!!

9/8、関連の記事を「了」とすると書きましたが、相手方が情報元に反撃記事「余白と余韻」を書いていたので撤回させて頂きます。

タイトルだけ見てスルーしたら勿体ないですよ。

9/9、コミュで実名ブログ(元仲間と思われる相手が情報元)によって名指しで自分の部屋の音云々をコケにされて腹に据えかねたのか遂に反撃に打って出た。

いよいよ元仲間同士の仁義なき戦い、何やら昨今のY組の抗争(スケールの点で相当見劣りするが)を彷彿とさせますね。

曰く

いわんや盛大なハムノイズなど論外だろう。「ハムを気にするのは音楽を聞いてないからだ」「音楽を聞いていれば気にならない」などと言われて開いた口がふさがらなかったこともある。

これは当の本人の記事の中にもいつも触れられていた(汗)。・・・これだけを見ても誰を名指しで言っているのか直ぐに分かる。

情報元の部屋は今まで相当数の方が訪問して聴いていると思うけれど皆さん、言いたくても言えなかったのかオブラートに包んで誉めそやしていた(本当にそう思っていたのなら普通・一般的には糞耳と言われるレベルだ)。

だからこの御仁が私を貶める裏メールで皆さんが情報元(この御仁)を評価する理由を生コンを聴いている・いない人の差だと自らをアピールしていたのだ(馬鹿馬鹿しい)。

大元のブログを削除されたら困るので当該箇所(抜粋)を貼っておきます。

2015/08/20 09:42

私も1年前に伺っているのですが、

~~~~~~~~~~~中略~~~~~~~~~~(ここにはGのことが書いてある)

これはあのベ邸がそうです。

リスポジでは定位が定まらなく、音の像も小さく聴けたものではない。

いいとこは奥の隅(L型部屋の構造?)ここは、一応ホール感(S席でも壁よりの後方)がそれなりに味わえる、というベの求める音であると思います。

しかしT4の口径(14cm?)と箱の限界(奥行き稼いでいますが)があるので、量感音域等の消えるのが早いのもこの影響でしょうか。ソースはCDメインですがやはり、どのソースも同じ音質には参ります。

どちらかというと無色透明ですネー。「静」だとか「ラダーケーブル」を使い盛んにクリアー感を目指しているようで。でもそれらに色艶、音源の太さ感が出てくればまだ聴きやすくなるのですが。

本人はあれだけコンサートに通っているのに、再生音は正反対の音質。よくわかりません。

平行法もいいけど、もう少し内ぶりであれば濃厚な音源が出てくると思われるのですが、そこはホール感=雰囲気を優先する、兄貴分のGがそうはさせないのだと思います。

9/9のコミュの記事「余白と余韻」を読めばそのまま符合するところが多く誰と誰であるか全て白状したようなモノだ(爆)。

更にブログ主が元記事をどう脚色(言葉遣いを変更)したのか分かりませんが、それでも情報元の使い方がモロに出ているところが多々ある。

↑の「量感音域」「色艶、音源の太さ」「ですネー。」とかは彼の文章には良く使われている。

まぁ、他に余りにも個性的な言葉が多いのでついついそちらに気が回って↑までは頭が回らなかったってところでしょうか(爆)。

それにしてもこの情報元も頻繁にオフ会を通じて出掛けていますが目的は↑のようにやはり裏でこそこそネタにする為なのでしょうか。

そう言えば今は退会されたaさんのお宅が○○棒で覆い尽くされた部屋でしたが彼はことある如く棒は駄目だ、と言っていましたね、その癖又伺いますねと図々しく頼んでいた。

彼は全てのことが雲で事足りると思っている節が強く実に幸せな頭の持ち主だと思います。

オフ会の目的は「裏でこそこその」ネタ作りだとしたら皆さん、それこそご注意、ご注意ですネ~。

環境・音のレベルはどっちもどっちですがね~。差し障りのない言い方をすれば価値観の違いですね~(今までは表向き体裁良く認め合った形を取っていたけれど実は違っていた、と言う詰まらん話です)。

|

« 伊豆爺徘徊記(9.9) | トップページ | LPお気に入り600選(’15版)(201~300) »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(9.9) | トップページ | LPお気に入り600選(’15版)(201~300) »