« 伊豆爺徘徊記(12.30) | トップページ | SIC-MOS使用の1242Aと9018両DACの使用レポート »

2015年12月31日 (木)

RODRIGO Y GABRIELA & C.U.B.A.のアルバム

今日紹介するのはRODRIGO Y GABRIELA & C.U.B.A.です。アルバムはAREA 52(’12、2枚組、45回転盤)です。

因みに“AREA 52”とはアメリカ空軍機密基地「エリア51」の隣という意味で”未知との遭遇の旅”を示しているのだそうです。~ネット

このアルバム本来は年明けの上旬入荷予定だったのですが10日ばかり前倒しになりました。

結局これが正真正銘、今年最後のアルバム紹介となりました(ただし到着ベースで言えばもう1枚昨日届いています)。

1.SANTO DOMINGO(feat:SAMUEL FORMELL ALFONSO ds) 

2.HANUMAN(feat:JOHN TEMPESTA ds)

1.IXTAPA(feat:ANOUSHKA sitar(シタール))

2.11:11(CARLES BENAVENT b、TERESA CARLOTA POLLED NORIEGA vo)

1.MASTER MAQUI(feat:LE TRIO JOUBRAN ouds(ウード))

2.DIABLO ROJO

1.LOGOS 

2.JUAN LOCO(feat:CARLES BENAVENT b)

3.TAMACUN(feat:JOHN TEMPESTA ds)

たまたま彼らのLP他にないかと思って見ていたらこれがあった(ただしその時点では入荷時期未定)。

入荷時期には期待せずポチしていたら↑のようになったのでした(汗)。

今まで彼らのアルバムは↑を含めLP3枚、CD3枚聴いて来ましたが結果的には最新盤ではないけれどこれが一番私は好きです。

彼らの驚異的なギターテクが参加メンバーによってより引き立てられている。つまり参加メンバーも素晴らしい実力の持ち主だと言うことでしょう。

やっと弩迫力でアップテンポな楽しい演奏アルバムに出逢えました(今迄も良いのはあったけれどこれには負ける)。

質感の違いは勿論45回転と言うことも大きな要因だと思いますが...。

|

« 伊豆爺徘徊記(12.30) | トップページ | SIC-MOS使用の1242Aと9018両DACの使用レポート »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(12.30) | トップページ | SIC-MOS使用の1242Aと9018両DACの使用レポート »