« 伊豆爺徘徊記(12.13) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(12.14) »

2015年12月14日 (月)

SEALのアルバム

今日紹介するのはSEALです。アルバムは7(’15、EU盤)です。

これは2枚組です。

そして4作目以来となるTREVOR HORNプロデュース作品です。

これは発売日が2度延期になっていたので半ば諦めていたのですが最後は2度延期後の発売日に到着しました(汗)。

1.DAYLIGHT SAVING

2.EVERY TIME I’M WITH YOU

3.LIFE ON THE DANCEFLOOR

1.PADDEO CELL

2.DO YOU EVER

3.THE BIG LOVE HAS DIED

1.REDZONE KILLER

2.MONASCOW

3.HALF A HEART

1.LET YOURSELF

2.LOVE

彼のアルバムは初めてなので全く情報がありません(汗)ので(先入観なく)真っ白な状態で聴くことが出来ました。

で、聴き始めの最初から思いきりガツンとやられました。

美声ではないけれど実に味のある良い声なのです。

その声を振り絞り(絶叫型ではありませんよ)、時にはソフトな抑制的な表現で素晴らしい歌を歌っているのです。

このアルバム実は2度も発売が延期になったので痺れを切らして購入を止めようかと思ったのは事実です。

↑にも触れましたが最後に見た時には発売日前にも拘わらず出荷準備中となっていたのです、それでは待つかと...(爆)。

ジャケットは白地に彼の真黒な顔が弩アップに印刷されたモノで迫力満点です(汗)。

こう言う音楽を聴くと日本人歌手の歌は質量ともにどうしてもスケールが小さく見劣りしてしまいます。

そしてもうひとつハイレゾ音源何て何の関係もない、って言うことが白日の下に晒されてしまいました。

要するに中身が大事なのですネ(その上でハイレゾではなくアナログ音源であれば言うことなし)。

いやぁ、これは素晴らしい。

諦めなくて良かった...。

|

« 伊豆爺徘徊記(12.13) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(12.14) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(12.13) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(12.14) »