« 伊豆爺徘徊記(12.23) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(12.24) »

2016年12月24日 (土)

浅川マキのアルバム

今日紹介するのは浅川マキです。アルバムはCAT NAP(’82)です。

彼女のアルバムは彼女独特な歌い回しと声が好きでリアルタイムでデビューから持っていて今でも全て(6枚)が愛聴盤です。

で、他に未だあるかいな、と思ってネットを見たら↑が見付かりましたがモノは見掛けなくて最後の砦にアマゾンを見たら出品者扱いでありましたので早速ポチした次第です。

と言うことで今回7枚目のアルバムをゲットした次第です。

状態の案内は「良い」でした(見て聴いた結果はジャケ・盤とも特上でした)。

このアルバムは近藤等則、初の全作曲によるモノです。

1.暗い眼をした女優

2.忘れたよ

3.こころ隠して

4.むかし

1.新曲”B”

2.夕暮れのまんなか

3.マシン (MACHINE)

4.今なら

このアルバム私が所有している’70年代のモノとはまるでニュアンスが違う。

一皮・二皮も剥けた生まれ変わった彼女のアルバムです。

演奏がとても良いので彼女の歌だけではなくアルバムとして大いに楽しめます。

見た目もジャケの雰囲気が’70年代は暗くて社会の底辺を映し出している感じだったがこれはその点でも淡い色彩がイメージチェンジに役立っている、とは言え裏面はやはり彼女のダークな世界が投影されていました(汗)。

これは買って良かったアルバムです。当然お気に入りに加わりました。

彼女は生涯CDの音には懐疑的でした。彼女の野太い声から察するに同感の思いです。

|

« 伊豆爺徘徊記(12.23) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(12.24) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(12.23) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(12.24) »