« 伊豆爺徘徊記(1.23) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(1.24) »

2017年1月24日 (火)

MCDONALD & GILESのアルバム

今日紹介するのはMCDONALD & GILESです。アルバムは同じくMCDONALD & GILES(’71)です。

これはネットで見掛けて良さそうだったのでゲットしました(プログレッシブ・ロック)。

状態はVG+ / NMとのことです。

ISLANDレーベルのILPS 9126 ピンクラベルです。

1.SUITE IN C(邦題:組曲ハ長調)

2.FLIGHT OF THE IBIS(邦題:アイビスの飛行)

3.IS SHE WAITING?(邦題:イズ・シー・ウェイティング)

4.TOMORROW’S PEOPLEーTHE CHILDREN OF TODAY(邦題:明日への脈動)

1.BIRDMAN(邦題:バードマン)

到着後早速聴いて見ました。

最初は何だか脱力感を感じさせる雰囲気からスタートしましたが一転パワフルになり、ドラムスとフルートが印象的な演奏です。

私はジャンル的なことは良く分かりませんがこのアルバムは聴いていて実に楽しい。

この当時こう言うアルバムには全く目を向けていなかったので自らの青春時代はどうだったのかを思い返してしまいそうです。

まぁ、何れにせよ寮とかマンションでは気兼ねしてしまいそうな音楽なので言い換えると今だからこそ思う存分楽しめる環境になったと言えよう。

無駄な楽曲はなく、特にⅡ面は圧巻です。

状態は案内の通りでしたので良かったです。

良いアルバムに出逢えて幸せです。

|

« 伊豆爺徘徊記(1.23) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(1.24) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(1.23) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(1.24) »