« 伊豆爺徘徊記(2.16) | トップページ | 2月発注した中古LP »

2017年2月17日 (金)

カルメン・マキのアルバム

今日紹介するのはカルメン・マキです。アルバムはADAM AND EVE(’70)です。

彼女のセカンドアルバムです(ファーストアルバムも持っています)。

高橋睦郎、新川和江、谷川俊太郎ら4人の現代詩の詩人による書き下ろしに坂田晃一、村井邦彦、平岡精二、東海林修ら8人の気鋭の作曲陣で作られた幻の名盤と言われているそうです。

1.アダムとイヴ<ひとりとひとり>

2.欲望<蛇を飼う唄>

3. 種子<はだしで駆けてゆくと>

4.ペルソナ<言えない愛>

5.嘘とほんと

1.女と男<小舟と海>

2.子供<家族の肖像>

3.指<地上の愛より>

4.本能

5.過ち

このアルバム今まで聴いた記憶がありません(汗)。

ジャケがおどろおどろしくその気になれませんでした。

でもネットで見たら↑のようなことが書いてあったのでこの度、意を決して聴いて見ました。

買ったのはここに家を建築する前の頃(’89)だったと思います。

ある中古屋さんから適当に10数枚単位で見繕って貰って大人買いしていた頃です(私のそれまでの聴くジャンルを離れたところの希望を言って探して貰って買っていました)・・・当時はアナログは終焉を迎えていた時でしたが何となく将来聴く時が来るだろうと漠然と考えていたようです・・・勿論移住することは未だ決まっていませんでした。

で、聴いて見ました。

ジャケ買い(この場合は反対ですが)はやはり機会を逸することが大いにあると思いました。

これはお願いして一括で買っていたので紛れ込んだお宝だったようです。

迫力あり、極めて斬新な曲調で何か新発見をしたような気分です。

処分しなくて良かったです。

で、

何気なくヤフオクを見て見たら何と万円以上でした(汗)・・・うっそー。

|

« 伊豆爺徘徊記(2.16) | トップページ | 2月発注した中古LP »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(2.16) | トップページ | 2月発注した中古LP »