« 伊豆爺徘徊記(9.10) | トップページ | 真空管の話 »

2017年9月11日 (月)

CANDY DULFERのアルバム

今日紹介するのはCANDY DULFERです。アルバムはTOGETHER(’17)です。

これは2枚組です(良く見ると000448とナンバリングされていました、何でしょうか)。

この盤の色は初めて見る色でした。

何と爽やかなブルーです(最近はこう言ったカラーヴァリエーションが増えて来ているのでしょうか)・・・まるで大昔行った福島県の五色沼のひとつ青沼の青白色のようだ。

1.HOW IT’S DONE 

2.TOGETHER(feat:VAN) 

3.SHOW UR ID  

1.AGE

2.SINCERITY  

3.AFTER TONIGHT(feat:RICO GREENE)  

1.OUT OF TIME(FOR P)(feat:VAN) 

2.WHAT U DO(WHEN THE MUSIC HITS(feat:ANDY ”STEWLOCKS” NINVALLE & VAN)

3.PROMISES  

4.L.O.V.E. INTRO(feat:VAN)  

1.HOLD UP(feat:CHANCE HOWARD)  

2.SO CLOSE  

3.D.I.S.C.O.

4.L.O.V.E.OUTRO(feat:VAN)  

5.I CANNOT BELIEVE

この度初めて彼女のLPを買うことが出来ました。

所有のCDでその良さを充分認識していましたのでLPの発売をズ~っと待っていたのです。

一聴してその音色は期待に違わぬモノでした。

彼女のサックスは爽やかでとても聴き易い。

メリハリ・迫力・浸透力、何れも素晴らしいです。

聴いている時はLPの高さが丁度目の高さなので色は余り気になりません(やはり私は昔ながらの黒が好きなようです)。

ただひとつ目の高さにあるので盤の反りがやや気になる(波打っている)が取敢えず音には影響ないようなので良しとします(SWを繋いでいたらこう言う場合、SWに過大入力が入りSPを破損させる要因になる可能性がある)。

 

そう言う意味で相当前から私はSWはCD再生にしか利用していません。

今回同時に到着したもう1枚はこの盤に比べると内容・録音の仕方に於いて相当差があると感じた。

|

« 伊豆爺徘徊記(9.10) | トップページ | 真空管の話 »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(9.10) | トップページ | 真空管の話 »