« 伊豆爺徘徊記(9.16) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.17) »

2017年9月17日 (日)

CELINE DIONのアルバム

今日紹介するのは今日紹介するのはCELINE DIONです。アルバムはS’IL SUFFISAIT D’AIMER(’98)です。

これは’98のCD発売のLPでの再発です。

当初到着予定より約20日間遅れましたが無事到着したので先ずはひと安心です。

1.JE CROIS TOI

2.ZORA SOURIT

3.ON NE CHANGE PAS

4.JE CHANTERAI

5.TERRE

6.EN ATTENDANT SES PAS

7.PAPILLON

8.L’ABANDON

9.DANS UN AUTRE MONDE

10.SUR LE MEME BATEAU

11.TOUS LES BLUES SONT ECRITS POUR TOI

12.S’IL SUFFISAIT D’AIMER

2枚組ですが2枚目は片面だけです(汗)。

これはCDと全く同じ収録内容の為になったのだと思います。

Ⅳ面には大きくCELINE DIONと表示されていました(こう言うのも初めての出会いです)。

彼女はカナダ出身なので母国語はフランス語です。

当時のフランス語のアルバムは実に心地良かった。

その後世界戦略とか言うことで英語になったが馴染加減はフランス語に比べ余り良くなかった。

このアルバムは何枚かあるフランス語の中で特に好きなアルバムです。

話は変わってこのアルバム(CD)を久し振りに聴いてアマゾンを見たら何とこのLPが発売されるとのこと。

再発だろうと彼女の最近のフランス語のアルバムよりは良いと思うのでポチしました。

時間は掛かりましたがホンと諦めずに待っていて良かった。

思った通りの出来です。

約20年前の彼女の声は若くて清らかで純だ(当たり前か)。

フランス語の優しい雰囲気がより際立つ、堪りませんね~。

これを聴いてしまうとCDは完全に保険の立ち位置になってしまった。

|

« 伊豆爺徘徊記(9.16) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.17) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(9.16) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.17) »