« WILL DOWNINGのアルバム | トップページ | 伊豆爺徘徊記(12.6) »

2017年12月 6日 (水)

宅配便の誤配

本日ある配送業者の便が誤配されたことが判明。

発送元のHMVから本日到着予定のメールが来ていたので待っていたのですが配送状況の画面が一向に更新されないので遅いな~、と思っていたのでした。

何度か画面を見ても変化なかったのがその直後見たらお届け済みの画面になっていた。

えぇ~と言う感じです。

本日は未だ朝から玄関ドアを開けていないので誰とも会っていないし、おかしいなぁ~、と思いながら自らのボケも心配してとうとうその時期がやって来たかと思いながら受け取ったかどうか確認したのですが何もなくやはりそこまでは未だボケていませんでした。

仕方がないので配送業者の事務所へ連絡してドライバーからの連絡を待ちました。

10分程して連絡がありましたが状況説明を聞くと明らかに誤配していることが分かりました。

我が家の立地状況や説明のあった建物の外観が全く違うからです。

ドライバーはどこの同姓に渡したのか分かりませんがこのエリアに同姓がいることだけ初めて知りました(汗)。

その後回収に行って持って来たのが40分以上後だったので結構時間が掛かっている。

そもそも連絡した時点でどこまで移動していたかにもよるけれど...。

で、届けられた箱は一旦開封した痕跡がありました。

受け取った人はそもそも本日配送業者が来る予定だったのかどうかも不明ですが受け取る段階で間違いに気付かないのかと言うことにも首を傾げざるを得ません。

私ならピンポーンがなるとどちら様ですかと必ず確認します。

でないとこの物騒なご時世不審者が彷徨っている可能性があるのでこの位の注意は最低限必要だと思いますが受け取った人は随分能天気なひとだなと思いました。

私が普段良く受け取る業者はこの業者ではないのですがまぁ本日の業者もたまに来ますがその時は必ず番地と名前を確認してから荷物を渡してくれますので今日の担当者はそのこともおざなりになっていたのではないでしょうか。

担当者にも色々なレベルがあるのはどの業者でも同じかも知れませんが未だゞ教育が足りないと言うことでしょうね。

以上チョッとつまらない出来事がありましたので記事にしてみました。

|

« WILL DOWNINGのアルバム | トップページ | 伊豆爺徘徊記(12.6) »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WILL DOWNINGのアルバム | トップページ | 伊豆爺徘徊記(12.6) »