« 伊豆爺徘徊記(1.1) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(1.2) »

2018年1月 2日 (火)

吉田美奈子のアルバム

今日紹介するのは吉田美奈子です。アルバムはMONOCHROME(’80、’17)です。

これは吉田美奈子初のセルフ・プロデュースによる1980年の作品。

兄、吉田保によるリマスター音源を使用し、名匠バーニー・グランドマンがカッティング。

アメリカのQuality Record Pressingsでプレス(と言うことで輸入盤です)。

当初5/の発売が米国のプレス事情の影響で2度に亘って延期になりこの度漸く発売になったモノ~ネット。

ディスク:Ⅰ

1.TORNADO

2.RAINY DAY

3.BLACK MOON

4.SUNSET

ディスク:Ⅱ

1.AIRPORT

2.MIRAGE

3.MIDNIGHT DRIVER

4.AFTERNOON

音質と音圧にこだわったアメリカのレーベルによる再発だそうです。

私は全く彼女のことを知りませんでした。

たまたまアマゾンを見ていて発売が延期になったこともありタイミング良く入手出来た次第です。

と言うことで当時のことも皆目分かりませんので元のアルバムがどうだったか何てチンプンカンプンです。

実兄の保氏のアレンジがオリジナルとどう違うのかも分かりません。

ただ言えることはこのアルバムを聴いているとそんなことはどうでも良くなる位素晴らしい出来です。

 

アルバム自体透明感があって音場が深くそこから沸き立つような彼女の声が浸透力があって実に素晴らしいのです。

ドシッと腰の据わった声で歌うので普段余り聴かないジャンルだろうがお構いなし。

さすが音質と音圧にこだわったアメリカのレーベルによる再発だと言える。

聴いていてとっても心地良いのだ。

こんなに良いのだったらもう1枚位あっても良いね、とその気にさせてくれます(さぁ、どうするか)。

|

« 伊豆爺徘徊記(1.1) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(1.2) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(1.1) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(1.2) »