« 伊豆爺徘徊記(1.4) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(1.5) »

2018年1月 5日 (金)

RAY BROWNのアルバム

今日紹介するのはRAY BROWNです。 アルバムはSOMETHING FOR LESTER(’78)です。

これはCONTEMPORAYのオリジナルLPです。

メンバーはRAY BROWN(b)、CEDAR WALTON(p)、ELVIN JONES(ds)です。

1.OJOS DE ROJO

2.SUPPERY

3.SOMETHING IN COMMON

4.LOVE WALKED IN

1.GEORGIA ON MY MIND

2.LITTLE GIRL BLUE

3.SISTER SIDE

私は今までジャケットが地味だし、ピアニストがCEDAR WALTONだし、と言うこともあって余り評価していなかったアルバムです。

その上当時は他の二人、つまりRAY BROWNやELVIN JONESのことも良く知らなかったし...。

こんなアルバムどうして買ったのだろう、記憶がない...。

最近になって他のアルバムを聴いたりELVIN JONESのドラムスにも関心が出て来たので改めて聴き直した次第です。

まさに食わず嫌いでした。

冒頭から熱い演奏で思わず引き込まれてしまいます。

楽器の位置は左がピアノ、中央がベース、右がドラムスとなっています。

ベース好きにはたまらない1枚でしょうね。

中でもB面が好きです。

このLPはゴミの中から宝物を発見したような気分で嬉しいですね;:゙;`(゚∀゚)`;:゙。

|

« 伊豆爺徘徊記(1.4) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(1.5) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(1.4) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(1.5) »