« 伊豆爺徘徊記(3.10) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(3.11) »

2018年3月11日 (日)

纐纈歩美のアルバム

今日紹介するのは纐纈歩美です。アルバムはレインボーテイルズ(’12、’18)です。

2012年作品(海外録音第1弾)がアナログレコードで登場!

名門レーベルECMの録音拠点、オスローのRAINBOWスタジオにて、名匠ヤン・エリックの録音にて完成された「レインボー・テールズ」を初アナログレコード化!

クールジャズに影響を受けた纐纈歩美のスタイルに、ヨーロッパのコンテンポラリースタイルが絶妙にブレンドし、これまでにないフレッシュなサウンドを生み出した2012年の傑作!~ネット。

メンバーは纐纈歩美(as)、SVEIN OLAV HERSTAD(p)、MAGNE THORMODSAETER(b)、PER ODDVAR JOHANSEN(ds)です。

1.WITH MAY(Ayumi Koketsu) 

2.TWO NOT ONE(Lennie Tristano)

3.WHEN JOANNA LOVED ME(Jack Segal/ Wells Robert)

4.DIVERSITY(Ayumi Koketsu)

5.BIRD FOOD(Ornette Coleman)

B 

1.KAYU(Ayumi Koketsu)

2.BERKSHIRE BLUES(Randy Weston)

3.NEAR THE CLOUDS(Ayumi Koketsu)

4.BEWITCHED(Richard Rodgers)  

軽快でノリの良いサックスは実に気持ち良い。

このアルバムを聴いて実質アナログ盤第1作目の「BROOKLYN PURPLE」より余程良いと思った。

演奏場所の雰囲気や参加ミュージシャンがそうさせるのか分かりませんがこれは当たりでした。

|

« 伊豆爺徘徊記(3.10) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(3.11) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(3.10) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(3.11) »