« 伊豆爺徘徊記(4.17) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(4.18) »

2018年4月18日 (水)

杏真理子のアルバム

今日紹介するのは杏真理子です。アルバムはさだめのように川は流れる(’74)です。

Ⅰ 

1.さだめのように川は流れる

2.理由(わけ)ある旅 

3.虹 

4.地下鉄のスー

5.雨に咲く花 

6.黒い花びら

Ⅱ 

1.雪が降る 

2.君の名を呼べば 

3.夜のメロディー 

4.ブルー・ジーンと皮ジャンパー

5.明日は月の上で 

6.ヘイ・ジュテーム

A面も良いが、特にB面が良い。全てアダモの曲です。

この人のアルバムは後にも先にもこれ1枚です。何故ならこれが追悼記念盤だからです。発売予定前にサンフランシスコで殺されたから。

この人のアルバムはヤフオクでも見たことは無いです(以前はヤフオクを良く見ていましたがありませんでした、EPはありましたが)。

若くして殺されたのは実に残念です。

歌は感情移入も上手く中々の芸達者だと思います。

どこか影があり、歌唱力もあってこのLPの収録曲は本人のセンスが良く出ていると思います。

返す返すも残念です。

|

« 伊豆爺徘徊記(4.17) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(4.18) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(4.17) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(4.18) »