« 伊豆爺徘徊記(8.1) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(8.2) »

2018年8月 2日 (木)

PINK FLOYDのアルバム

今日紹介するのはPINK FLOYDです。アルバムはPULSE(’95、’18)です。

これは豪華フォトブック付の4枚組ライヴ盤です。

1995年リリースされ、全米、全英ともに1位を獲得した大ヒットライヴアルバム。

アメリカ、ヨーロッパを回る77都市、110回の公演で300万人以上を動員し、「史上最大の光と音のスペクタクルショー」として今や伝説として語り継がれる、1994年のディヴィジョン・ベル・ツアーの演奏を収録。

アルバムの目玉となるのは、1973年のアルバム『狂気』の完全再現演奏。

ジェームズ・ガスリー、ジョエル・プラント、バーニー・グランドマンによる2018年最新リマスター~ネット。

ディスク:1

1.SHINE ON YOU CRAZY DIAMOND (Pts. 1 - 5、 7) 

2.ASTRONOMY DOMINE 

3.WHAT DO YOU WANT FROM ME 

1.LEARNING TO FLY 

2.KEEP TALKING

3.COMING BACK TO LIFE

ディスク:2

1.HEY YOU 

2.A GREAT DAY FOR FREEDOM

3.SORROW

1.HIGH HOPES

2.ANOTHER BRICK IN WALL (Pt. 2) 

3.ONE OF THESE DAYS(邦題:「吹けよ風、呼べよ嵐」):アブドーラ・ザ・ブッチャーの入場テーマ曲

ディスク:3

1.SPEAK TO ME

2.BREATH (IN THE AIR)(狂喜)

3.ON THE RUN(狂喜)

4.TIME(狂喜)

1.THE GREAT GIG IN THE SKY(狂喜)

2.MONEY(狂喜)

ディスク:4

1.US AND THEM(狂喜)

2.ANY COLOUR YOU LIKE(狂喜)

3.BRAIN DAMAGE(狂喜)

4.ECLIPSE(狂喜)

1.WISH YOU WERE HERE

2.COMFORTABLY NUMB

3.RUN LIKE HELL

昔知っているPINK FLOYDとは全然違う。

寧ろこれを初めて聴いたら即好きになってしまうかも...。

壮大なメロディライン、音色が実に美しい。

イヤハヤ参りましたね。彼ら、こんなに良かったっけ(汗)。

まるで新譜並みのクオリティ。

リマスターに拘わったエンジニアが良かったのかもね。

特にバーニー・グランドマン(カッティング担当)の名前はこのところ良く目にしますね・・・私が知らなかっただけで’83から自前のマスタリング・スタジオを持って活躍していたとか。

それにしても楽曲のスケール感、ホンと半端ない!!。

私が気に入っているのは昔プロレスで耳馴染んだアブドーラ・ザ・ブッチャーの入場テーマ曲「吹けよ風、呼べよ嵐」)が懐かしくてホンと素晴らしい出来だ(爆)。

当初アマゾンで発注していたが予定日になったら更に延期されたのでHMVを見たらあったので発注し直したモノ。

今HMVは送料有料なのですが結果的にクーポンが付いたので安がりでもありました(汗)。

届いた翌日HMV見たら完売となっていました(滑り込みセーフってとこか)。

なおアマゾンは入手出来るのかどうか良く分かりません(表示だけ見ると入手可能に見えるが結果不可となった回数多し。何度このいい加減な表示に振り回されたことか)。

|

« 伊豆爺徘徊記(8.1) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(8.2) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(8.1) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(8.2) »