« 伊豆爺徘徊記(9.14) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.15) »

2018年9月15日 (土)

GILAD HEKSELMANのアルバム

今日紹介するのはGILAD HEKSELMANです。アルバムは ASK FOR CHAOS(’18)です。

イスラエル生まれ、NYに本拠点をおき、現代最も注目を集めるギタリストの一人となった、ギラッド・ヘクセルマンの3年振り、6作目の注目作品!

長年活動を共にしてきたメンバーも一新し、本作では、2つのまったく異なるユニットでの演奏を収録。

コンテンポラリー・ギターの可能性を表現。

ZUPEROCTAVE(*)ではAARON PARKS (syns、p)とKUSH ABADEY(ds)を迎え、カッティング・エッジなエレクトリック・サウンドの世界を展開。

もうひとつはRICK ROSATO(b)とJONATHAN PINTON(ds)によるGHEX TRIO(+)~ネット。

1. PROLOGU00001101  

2.VBLUES (*)  

3.IT WILL GET BETTER (+)  

4.TOKYO COOKIE (*)  

5.STIMBLE(*)  

6.MILTON(+)  

7.HOME TO YOU (*)  

8.LITTLE SONG FOR YOU(+)  

9.CLAP CLAP(*)  

10.DO RE MI FA SOL(+)  

私はこれで彼のアルバムは2枚目となりました。

とても切れ味の良いgとメンバーの音楽は一つに昇華されて得も言われぬ感慨を提供してくれる。

何と心地良い音楽だろう。

ところで彼らのLPはないのかね。

|

« 伊豆爺徘徊記(9.14) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.15) »

お気に入り(CD)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(9.14) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.15) »