« 伊豆爺徘徊記(9.8) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.9) »

2018年9月 9日 (日)

HELEN MERRILLのアルバム

今日紹介するのはHELEN MERRILLです。アルバムはSPOSIN’(’71)です。

メンバーは他にGARY PEACOCK(b)、佐藤允彦(p)、日野元彦(ds)です。

このアルバムは日本録音(毛利スタジオ:Oct.21/25)で発売はフランスとデンマークです。

そして届いたのはフランス盤(STORYVILLE オリジナル)でした。

状態はVG/ EX でした。ジャケは底割れ・背割れ等ありますが盤自体は問題ないのでOKです。

先ずジャケが最高です。

ファンタジックで画を見ているだけで躍動感を感じ取ることが出来彼女の熱唱振りが伝わって来ます。

1.THE THRILL IS GONE

2.MY MAN

3.IF YOU COULD SEE ME NOW

1.SPOSIN’

2.IN A SENTIMENTAL MOOD-ONCE UPON A SUMMERTIME

3.ANGEL EYES

4.UNTIL IT’S TIME FOR YOU TO GO

盤はホンとジャケにリンクせず綺麗だったので良かったです。

当時の彼女の歌声が琴線に響き渡ります。

彼女は日本滞在が長くてその間にGARY PEACOCKも滞在していたことでこのセッションが生まれたのですね。

彼のbがホンと素晴らしい。

また日本側のメンバーも言うことなしです。

47年前のサウンドが眼前で織りなされるなんてまさに音楽ファン冥利に尽きます。

ホンと至福のひと時です。

良いアルバムが手に入りました。

|

« 伊豆爺徘徊記(9.8) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.9) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(9.8) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.9) »