« 伊豆爺徘徊記(10.31) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(11.1) »

2018年11月 1日 (木)

HOLLY COLEのアルバム

今日紹介するのはHOLLY COLEです。アルバムはTEMPTATION(’95、’18)です。

これは2枚組です。

全編トム・ウェイツのカバー・アルバム(私は彼のアルバムCDで1枚だけ持っています)。

シンプルなアレンジも素晴らしく、ゆったりどっぷりとホリー・コールの歌の世界に浸りつかることが出来ます~ネット。

1.TAKE ME HOME

2.TRAIN SONG

3.JERSEY GIRL

4.TEMPTATION

5.FALLING DOWN

1.INVITATION TO THE BLUES

2.CINNY’S WALTZ

3.FRANK’S THEME

4.LITTLE BOY BLUE

5.I DON’T WANNA GROW UP

1.TANG TIL THEY’RE SORE

2.(LOOKING FOR)THE HEART OF SATURDAY NIGHT

3.SOLDIERS THINGS

4.I WANT YOU

5.GOOD OLD WORLD

1.THE BRIAR AND THE ROSE

2.(LOOKING FOR)THE HEART OF SATURDAY NIGHT*

3.SHIVER ME TIMBERS*

4.LAST ROSE OF SUMMER*

*・・・Bonus Tracks

女性ですが気持ち良い位太くて低い声です。

全編トム・ウェイツのカバーと言っても私は1枚持っているだけなので全然カバーと言う印象はない(確認して見たら収録曲に1枚も被りがありませんでした・・・これじゃ当然分からないね)。

彼女の持ち歌を熱唱していると言う感じです。

中音から低音が浸透力があってとても良いですね。

これだけで充分彼女のアルバムとして成立しています。

良いアルバムが手に入りました。

|

« 伊豆爺徘徊記(10.31) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(11.1) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(10.31) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(11.1) »