« 伊豆爺徘徊記(10.23) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(10.24) »

2018年10月24日 (水)

CARLOS MARIA TRINDADE/NUNO CANAVARROのアルバム

今日紹介するのはCARLOS MARIA TRINDADE/NUNO CANAVARROです。アルバムはMR WOLLOGALLU(’91、’18)です。

これは【1000枚限定プレス】での再発です。

音響作家NUNO CANAVARROと同国のミニマル・コンポーザーCARLOS MARIA TRINDADEが1991年にリリースした音響ミニマル・ポップ大傑作がスペインの新興レーベルURPAI MUSELLより遂に遂に再発!

シンセやピアノ、そしてアコースティック・ギターによる流麗な旋律と、時にトイフルに響くリズミックなメロディが電子音響のまどろみと一緒に螺旋状のように絡まり、そのまま天上へと昇っていく・・・NUNO CANAVARRO独特の電子工作とCARLOS MARIA TRINDADEによる情景喚起なメロディーが溶け合っていく極上の逸品です~ネット。

1.THE TRUTH

2.GUIAR

3.MECANISMOS DE CORDA 

4.PLAN

5.X PECT.

6.EM BOU-SAADA

7.WEST

1.BLU TERRA 

2.S.LOUISE

3.VEN 5

4.SEGREDOS M.

5.AELUX

6.ANTICA/BURUN

良く分からないけれど聴いていて実に楽しい音楽です。

音響ミニマル・ポップ大傑作とあるように反復・繰り返しのサウンドですが音響の微細な差異や変化によって知らず知らずの内に引き込まれてしまいます。

こう言う音楽があったのですね。

良く再発してくれました。

|

« 伊豆爺徘徊記(10.23) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(10.24) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(10.23) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(10.24) »