« 伊豆爺徘徊記(11.2) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(11.3) »

2018年11月 3日 (土)

ESPERANZA SPALDINGのアルバム

今日の紹介はESPERANZA SPALDINGです、アルバムはJUNJO(’05)です。

メンバーはESPERANZA SPALDING(b、vo)、ARUAN ORTIZ(p)、FRANCISCO MELA(ds)です。

1.THE PEACOCKS

2.LORO 

3.MOMPOUANA

4.PERAZUAN

1.HUMPTY DUMPTY

2.CANTORA DE YALA

3.JUNJO

4.TOO BAD

5.PERAZELA

驚きの女性ベーシストです。可愛い顔をしてさりげなくかつ平然と凄いことをやってのける、と言った演奏です。

胴鳴りも充分味わえるし、黙って聴いていると男性の演奏かと思ってしまう程力強い。

スキャットも可愛いしね。

こんな人がいるのですね。

言い忘れました、トリオの演奏としても実に素晴らしい、息が合って良い演奏だと思います。

これはやはりLPの方が味わいがあって良いのではと思わせられました。

私は特にB面の方が良いと思いました。音量も上げて聴いた方が良いですね~。

|

« 伊豆爺徘徊記(11.2) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(11.3) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(11.2) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(11.3) »