« 伊豆爺徘徊記(11.25) | トップページ | オーディオは分からないことだらけ、だから面白い!! »

2018年11月26日 (月)

CHRISTIAN MCBRIDEのアルバム

今日紹介するのはCHRISTIAN MCBRIDEです。アルバムはCHRISTIAN MCBRIDE NEW JAWN(’18)です。

これは2枚組(45回転盤)です(私の知る限り彼の45回転盤は2枚目です)。

クリスチャンのベースをコアとして、ディープなスウィング・ナンバーからブルース演奏あり、アグレッシヴで大胆な抽象的な表現あり、また美しく上品なバラードあり。

一言でいえば、メンバー4人がピアノレスならではの化学反応を起こし、最大公約数的な音楽を描き上げたと言えそうな演奏の数々!

伝統と革新、統制のとれた美しいアンサンブルと、即興のスリルが混然一体となるこのユニットは、21世紀の注目グループといっても過言でないものを感じさせます~ネット。

メンバーはCHRISTIAN MCBRIDE(b)、JOSE EVANS(tp)、MARCUS STRICKLAND(ts,BC)、NASHEET WAITS(ds)です。

SIDE A

1.WALKIN’ FUNNY

2.KE-KELLI SKETCH

3.BALLAD OF ERNIE WASHINGTON

SIDE B

1.THE MIDDLE MAN

2.PIER ONE IMPORT

SIDE C

1.KUSH 

2.SEEK THE SOURCE

SIDE D

1.JOHN DAY

2.SIGHTSEEING

これはキレ・凄み・スピード感溢れた素晴らしい演奏です。

清澄な空気の中に楽器の音が林立・疾走するさまは実に鳥肌モノです。

これ程良いとは思いませんでした。

彼のアルバムの中でも突出しているのではないか...。

良いアルバムが入手出来ました。

|

« 伊豆爺徘徊記(11.25) | トップページ | オーディオは分からないことだらけ、だから面白い!! »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(11.25) | トップページ | オーディオは分からないことだらけ、だから面白い!! »