« 伊豆爺徘徊記(12.7) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(12.8) »

2018年12月 8日 (土)

MILES DAVIS/QUINCY JONESのアルバム

今日紹介するのはMILES DAVIS/QUINCY JONESです。アルバムはLIVE AT MONTREUX ’91/7(’91、’18)です。

カッティング & マスタリングは国内(ワーナーマスタリング)で行いプレスはアルスドルフの180グラム重量盤~ネット。

1.INTRODUCTION

2.BOPLICITY

3.INTRODUCTION TO MILES AHEAD(medley)

4.SPRINGSVILLE

5.MAIDS OF CADIZ

6.THE DUKE

7.MY SHIP

8.MILES AHEAD

9.BLUES FOR PABLO

1.INTRODUCTION TO PORGY AND BESS(medley)

2.ORGONE

3.GONE、GONE GONE

4.SUMMERTIME

5.HERE COME DE HONEY MAN

6.THE PAN PIPER

7.SOLEA

ギル・エヴァンス・オーケストラ等とモントルーで演奏したモノで帝王(マイルス)の最後の勇姿が収録されています。

圧倒的なスケールで聴衆を魅了した記念碑的盤です。

彼はこのライヴ録音の2ヶ月後に亡くなりました。

何とも感慨深いモノです。

演奏を聴いている限りそんな予兆は微塵も感じられませんから...。

演奏はⅡ面の方がよりダイナミックで楽しいです。

これからも大切に聴いて行きたいアルバムです。

|

« 伊豆爺徘徊記(12.7) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(12.8) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(12.7) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(12.8) »