« 伊豆爺徘徊記(1.22) | トップページ | 知ったかぶりをして赤っ恥をかくの巻 »

2019年1月23日 (水)

JAMES NEWTON HOWARD & FRIENDSのアルバム

今日紹介するのはJAMES NEWTON HOWARD & FRIENDSです。アルバムは同じくJAMES NEWTON HOWARD & FRIENDS(’83)です。

これはSHEFFIELD LAB 23(DD盤)です。

ロックインストゥルメンタルズでFRIENDSとはTOTOのボーカロ兄弟そしてパーカッション。

シェフィールドと言うよりもDD録音にしては珍しいシンセものです。普通シンセは多重録音の典型みたいなものですからね。

Ⅰ 

1.CAESAR

2.GONE BUTTLEFISHIN’ 

3.SHE 

4.L’DADDY

Ⅱ 

1.TANDOORI 

2.BOREALIS 

3.E MINOR SHUFFLE 

4.SLIPPIN’ AWAY Ⅱ 

5.AMUSEUM

これはスケールの大きい演奏です。

DD盤はシステムの変遷(環境は略不変)によってドンドン鳴りっぷりが良くなる。

この盤は今まで何度も聴いているが全く表情が違う。

これは良いアルバムです(この盤は予備を含めて2枚あり)。

|

« 伊豆爺徘徊記(1.22) | トップページ | 知ったかぶりをして赤っ恥をかくの巻 »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(1.22) | トップページ | 知ったかぶりをして赤っ恥をかくの巻 »