« 伊豆爺徘徊記(1.2) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(1.3) »

2019年1月 3日 (木)

DJANGO REINHARDTのアルバム

今日紹介するのはDJANGO REINHARDTです。アルバムはTHE GREAT ARTISTRY OF DJANGO REINHARDT(’54)です。

これは10インチモノ盤です(仏盤 MGC-516)(BLUE STAR* 6830・・・NORMAN GRANZ)。

*1945年2月にエディ・バークレーが創設したレーベルである(後のバークレー)。

状態はVG:EXです(見た目擦過傷は皆無)。

ジャンゴラインハルトにとって唯一のLP録音(NORMAN GRANZ)と言われる作品。

亡くなる一ヶ月前のラストレコーディング(これ以前はSP録音だった)。

ジャンゴの代表曲である「NUAGES」「NIGHT AND DAY」、スタンダードの「SEPTEMBER SONG」「BRAZIL」「CONFESSIN’」等人気曲収録。

ジャンゴの最高傑作に挙げる人も少なくない名盤中の名盤~ネット。

メンバーはPIERRE MICHELOT(b)、JEAN LOUIS VIALE(ds)、DJANGO REINHARDT(g)、MAURICE VANDER(p)です。

1.NUAGES

2.NIGHT AND DAY

3.INSENSIBLEMENT

4.BLUES FOR IKE

 

1.BRAZIL

2.SEPTEMBER SONG

3.CONFESSIN’

4.MANOIR DE MES REVES

私は彼の録音が聴きたくてSP盤起こしは数枚持っているが聴けたものではなかった。

それらに比し流石にこれは良い。

LP独特の柔らかさが良く表現されかつ素朴なメロディが何とも言えず美しい。

60年以上も前の録音なのにホンと瑞々しいサウンドには脱帽です。

こう言うモノは歴史的に見ても価値あるモノですね。

たまたまのチェックによる出逢いだっただけに「棚からぼた餅」の気分です。

|

« 伊豆爺徘徊記(1.2) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(1.3) »

お気に入り(モノラルLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(1.2) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(1.3) »