« 伊豆爺徘徊記(5.3) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(5.4) »

2019年5月 4日 (土)

MARKUS STOCKHAUSENのアルバム

今日紹介するのはMARKUS STOCKHAUSENです。アルバムはCOSI LONTANO...QUASI DENTRO(’89)です。

メンバーはMARKUS STOCKHAUSEN(tp)、GARY PEACOCK(b)、FABRIZIO OTTAVIUCCI(p)、ZORO BABEL(ds)です。

1.SO FAR

2.FORWARD

3.LATE

4.ACROSS BRIDGES

1.IN PARALLEL

2.BREAKING

3.THROUGH

4.ALMOST INSIDE

これはフリージャズです。

静謐な空間を切り裂くような不思議な感じがするサウンドの掛け合いで聴いていてワクワク・ドキドキする感じがして楽しいです。

このアルバムも余り聴いた記憶がありません(汗)。

それは恐らくイタリア語のタイトルの所為でしょう。

ただメンバーには好きなGARY PEACOCKもいてその演奏に触れられますので幸せです。

|

« 伊豆爺徘徊記(5.3) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(5.4) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(5.3) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(5.4) »