« JOE SAMPLEのアルバム | トップページ | MANHATTAN JAZZ QUINTETのアルバム »

2019年10月13日 (日)

伊豆爺徘徊記(10.13)

10/11夜~10/12朝までは雨・風が強くて良く眠れませんでしたが10/12は思いの外上陸後急速に風も止んで睡眠妨害はありませんでした。

また5時15分頃耳を澄ましたらヒグラシの鳴き声が聞こえて来ました。もう10月も中旬なのに...。

1.エコロ爺散歩

  天気 気温 湿度 富士山
AM6:05 晴れ・曇り 21.6 83
PM3:30 晴れ・曇り 23.3 79

天気は台風一過の晴れ・曇りです。

早朝洗濯をしました。

気温は昨日と同じ21℃台です。

着替えて洗濯物を干して電源オンして時間が来たらCD鑑賞です。

今日はいつもの通りLP洗浄をしました。

10:20頃2回目の洗浄をしました。

さて10/13、15:14現在、静岡でも11,000軒が停電中(・・・徐々に復旧しているようですが(東電管内))。

一番多いのは下田市で3,500軒(復旧が遅々として進んでいませんね)とか。

勿論我が市内でも停電しているとのことなので我が家は不幸中の幸いと言えましょうか。

また近隣(麓)では川の氾濫により水没したところがあるとのこと。

我が家の被災状況は玄関・窓等から外を見る限りではなさそうですが午後に庭の状況を確認する予定です。

2.庭の整理

台風の影響の確認を含め庭を整理した。

セカンド階段からスタートしてメイン階段を上って来た。

予想通り物凄い枯れ枝・落ち葉の散乱です。

今日は取敢えず摘まんで回収することに徹して行きました。

終わって時間を見たら1時間半の作業でした(やり過ぎ)。

最後の方で久し振りに後方へ倒れて悪い方の右腰を強打して10分位立ち上がれませんでした。

また外観上は家の周囲には変化はありませんでした。

問題はここからです。

何でも熱函道路の一部が崩落して水道管が破損したようなのです。

それに伴いここと隣の別荘地の水道の供給がストップしました。

今出ているのはタンクの残量分だけなので終わり次第出ません。

問題はその修復に10日間ほど掛かると言うことです。

私の寿命もこれで尽きるかも...。

またその他の道路の崩落もあちこちであって下界に下りるのも一経路しかないと言うことです。

これは大変ですが私は運転しないので下りる必要のある日まで修復されることを願うばかりです。

イヤハヤ困ったね...。

今日は色々あるのでCD鑑賞はお休みです。

室温は上がって23℃台です。

|

« JOE SAMPLEのアルバム | トップページ | MANHATTAN JAZZ QUINTETのアルバム »

フーテン老人徘徊記」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

私も当初停電がなかったのでちょっと甘く見ていました。

その後断水になったと知りちょっと慌てましたが、色々遣り繰りできる方法を思い付き今はひと安心しています。

洗いモノ等は大型電気ポット(深夜電力利用)が満タンなのでこれを風呂に溜めて使用します(多分10日間程度は大丈夫でしょう・・・風呂には入れませんが誰かが尋ねて来る訳でもないし...)。

飲料水等は現状6.5Lは確保しました。

後はアマゾンから大量に購入しますので問題なし。

管理組合に給水車が来るようですが10L単位の袋なので私みたいな足・腰悪い人には入替え等どうすることも出来ない…周辺に撒き散らして水浸しにするのが関の山です(汗)。

と言うことで今回は何とか対応出来そうなのでひと安心しました。

ただ山に来る道路がズタズタに寸断されて4経路ある内1経路だけと言う綱渡り状態で辛うじて陸の孤島化を免れました(汗)。

異常気象が常態化している昨今なのに世界のリーダーは自国のことしか考えず意に介しない体たらくなのでこの状態は今後益々酷くなるでしょうね。

近い将来地球は滅亡しますね、きっと。

投稿: EVA | 2019年10月14日 (月) 08時16分

大被害の日本のニュースを見て ビックリしています、、、
私めは 60年前の伊勢湾台風の時 名古屋埠頭近くに住んでいました。
子供の頃から 台風慣れしてたのか あの伊勢湾台風の時も さほどビビらなかった
神経が鈍い性質なのかも、、、
満潮時に台風が上陸だったのか アッという間に水位が上がり 畳が浮き始めた、、
屋根の上の物干し台に登る階段を登り始めたら木製の階段が浮き始めた。
でも ビビる事を知らぬ私め物干し台へ、、
隣家の2階の窓が風で吹っ飛んだので 物干し台から隣家の家の中に避難して、、
我が家のあったのは 堤防状態の土地、、朝には水も引いて晴天、、
近くの 警察派出所に行ったら ムシロやらシートで覆われた死体が、、十数体、、

数日後 ものすごい数の死者だったと新聞で、、、ビックリでした。
姉と結婚した義兄の家は 木曽、長良、揖斐川が作った軟弱地盤、
殆どの家には 増水の時に備えて避難用の木の舟がありました。

世界中 気候変化か 災害が多いですねえ、、

投稿: 草刈マッサオの妻 | 2019年10月14日 (月) 02時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JOE SAMPLEのアルバム | トップページ | MANHATTAN JAZZ QUINTETのアルバム »