ニュース

2018年8月 1日 (水)

「不倫」がなくならない原因は人類の脳の仕組みにあった

「不倫」がなくならない原因は人類の脳の仕組みにあった「不倫(中野信子 著)」と言う面白そうだけれど解決策の無い記事が目に付きました(汗)。

以下抜粋

不倫に対して、世間の目が年々厳しさを増しています。

ひとたび不倫が発覚してしまえば、マスコミやネットで容赦なくバッシングされます。

本人の社会的信用はもとより家庭も崩壊の危機に直面します。経済的なリスクも多大です。

議員辞職に追い込まれた人もいれば、CMやドラマから降板を余儀なくされたケースも多々あります。

相手側の家族から訴えられる危険性もあります。しかし、これほど失うものが大きいことがわかっているはずなのに、依然として不倫は次から次へと発覚し、一向に減る気配がありません。いったいなぜなのでしょう?・・・単純に自己規制の出来ないアホかと思っていた。

■不倫をつかさどる遺伝子と脳内物質

結論から言うと、今後の人類社会において、不倫がなくなることはおそらくありえないだろうと考えられます。

なぜなら、人類の脳の仕組みは、「一夫一婦制」には向いているわけではないからです。

近年、脳科学の劇的な進歩によって、性行動に大きな影響を与える遺伝子や脳内物質の存在も明らかになってきました。また、人が持つ遺伝子のうち、たった1つの塩基配列の違いによって、性的振る舞いが一夫一婦の「貞淑型」から「不倫型」になることすらあるのです。

こうした研究成果は、端的に「人類の脳は一夫一婦制には向いているわけではない」ということを示しています。

不倫に走る人々を、ことさら「淫乱」とか「倫理観を持ち合わせていない」などと安直に断罪することは、物事の本質を見誤らせる元凶にもなりえます。

私たちの脳は、ただ遺伝子や脳内物質に操られているだけです。

いくら不倫バッシングが強くなろうと、大切なパートナーが怒り狂おうと嘆き悲しもうと、不倫がなくなる日がやってくることはないでしょう。

そもそも哺乳類の世界では、一夫一婦型の生き物は少数派です。

研究が進むにつれて、旧来は一夫一婦型とされてきた生き物の大半が、実はパートナー以外とも性的関係を持っていることが珍しくないことがわかってきました。

人類の歴史を見ても、一夫一婦制が法律や道徳としてはともかく、実態として厳格に守られてきたことは、ほとんどないと言っていいでしょう。

そればかりか、一夫多妻や乱婚を許容してきた社会集団のほうが、むしろ人口の維持には有利な側面もあったのです。

このように考えてみると、不倫が発覚するたびに大騒ぎし、その当事者の全人格を否定するかのようなバッシングが、どこか物悲しい狂態に見えてくる気さえします。

■不倫バッシングもなくならない

とはいえ、不倫に対するバッシングもまた、完全になくなることはないでしょう。

人類は社会的動物です。

国家、家族、会社、学校やサークルといった共同体を維持することによって、人間社会は成り立っています。

共同体は、その資源(リソース)を増やすために構成員(個人)がそれぞれ一定の協力をし、共同体からリターンを受け取ることで維持されています。

ところが、なかには共同体のリソースを増やすための協力をせず、リターンだけを受け取ろうとする者もいます。

自分は汗をかかずに、おいしいところだけをごっそりもらおうという輩です。

こうした存在は「フリーライダー」と呼ばれます。

共同体の協力構造と秩序を維持するためには、フリーライダーを検出し、排除(制裁)しなければなりません。

■不倫するカップルをフリーライダーとみなす

不倫をする男女は、家庭や社会におけるフリーライダーであるとも言えます。

家庭を維持するための労力を回避し、恋愛の「おいしいところ」だけを享受しているように、当事者以外からは見えるからです。

不倫するカップルをフリーライダーとみなし、激しい攻撃を加えることが共同体の秩序を守るための「正義の行動」だと信じて、人々は不倫カップルを徹底的に叩きのめそうとするのです。

この「正義の行動」には快楽がともなうという仕組みも、脳には備え付けられています。人々が偏執的なまでにフリーライダーを見つけ出そうとし、見つけるやいなや狂喜乱舞してバッシング祭りが始まるように見えるのは、理由のないことではないのです。

冷静に考えれば滑稽であっても、不倫そのものと同様、不倫バッシングもまた、なくなることはないのです。

近年の脳科学の飛躍的な発展によって解明されてきた、このような「フリーライダーに対する社会的制裁」に果たす脳内物質の役割についても、本書では解説していきます。

一夫一婦制が広く社会制度の中に組み込まれて以降、不倫が発覚した場合は「姦通罪」が適用され、さまざまな社会的制裁や刑罰が加えられるということがしばしばおこなわれてきました。

それは単に「不倫は道徳的ではない」という倫理的な理由だけではなく、もっとドライで冷厳な生物学的メカニズムが働いていたのです。

現代社会では、週刊誌やネットメディアが非常に優秀な「不倫検出&排除」のツールとして機能してきたと言えるでしょう。

この記事を読んで私が思うこと

幾ら徳を積んだ人物でも理性だけではコントロール出来ない理由が分かってしまうと何だか物悲しく滑稽でさえある。

と言って構築された社会制度を無視して良い訳ではなくフリーライダーも「不倫検出&排除」側の人々も余り行き過ぎた行動でお互い顰蹙を買わないようにしたいモノですね(逆もあるからネ)。

| | コメント (0)

2018年7月30日 (月)

計画停電、東京23区も…

計画停電、東京23区も…「不公平」との声受け地域や時間を区切って電気の供給を止める「計画停電」の運用ルールが変更され、除外されていた東京23区も原則、対象に含まれることが分かった。

2011年3月の東日本大震災では、23区は国の有事対応に支障が出るなどとして、計画停電の対象外とされた。

今後の災害では、都心の企業や住民もこれまで以上の備えが必要となりそうだ。

全国規模で電力の需給調整を行っている経済産業省の認可法人「電力広域的運営推進機関」が決定した。

計画停電とは、対象地域や日時を事前に予告した上で、順次、強制的に停電させる仕組みだ。

震災直後の11年3月14~28日に首都圏を中心に実施された際には、信号機が止まるなどして大きな影響が出た。

当時、23区については、電力を止めると国の行政機能が著しく低下するなどと判断され、計画停電の対象外だった。・・・????

しかし震災から7年余りが経過し、企業などで非常用電源の整備が進んだことや、一部地域だけ除外するのは不公平との声が上がっていたことから、ルールを見直した~ネット。

不公平で一番需要の多い首都圏が対象外だとそれ以外の東電管轄地域はシワ寄せを食って頻繁に停電すると言うことが何故分からないのかね。

この決定は当然のことで全く遅きに失した話だo(`ω´*)oプンスカプンスカ!!。

| | コメント (0)

2018年7月 8日 (日)

サンデーステーションの長野智子キャスターが又やってしまった

何をやったかと言うと大口病院の殺人事件でのコメントである。

彼女は「元看護師と言うべきところを元患者」と言ってしまった(周囲のスタッフは気が付かなかったのかスルー)。

その後男性スタッフが改めて説明した時は元看護師と正しく言っていたが長野の発言に付いての言及はなかった。

一瞬のことなので見ていた人も気が付かなかったかも知れないが彼女はこの手のミスが多過ぎる。

ハッキリ言ってキャスター業には不向きと言わざるを得ない。

| | コメント (0)

2018年7月 1日 (日)

スーパーおばあちゃん!!

昨日のニュースで見ました。

それは若宮正子さん。御年82歳。彼女は、今年からプログラミング言語Swiftを学び始め、アプリをリリースした。

私には夢があるの。

「80歳過ぎてからプログラミングをはじめて、アプリを出したらこんなことになっちゃった」

彼女は、「マーちゃん」という愛称で呼ばれる人気者だそうです。

高校を卒業したマーちゃんは銀行に就職し、定年まで勤め上げた。

性格は自分に都合の悪いことは耳に入ってこないみたい(笑)」・・・これは大変重要なことですね。

機械音痴だった彼女は定年後パソコンを始めたが使い方すらわからず、接続をするだけで3ヶ月も要した。

パソコンがインターネットにつながり、「ようこそ、マーちゃん」という画面上の文字を見た時には、汗と涙で顔を濡らしたそうだ。

「私は翼をもらったのです。その翼はパソコンを使う前には知らなかったような広い世界へ私を連れて行ってくれたんです」

2017年からプログラミングの勉強をはじめ、シニア向けのゲームアプリ「hinadan」を開発した。

がんばらなくてもいい。なんとかなると信じる力。

「それにね、何かにトライして失敗しても、無駄になることは絶対にないんです。だって失敗から勉強できるわけだし、経験を積めるので、今後につながっていく。

失敗はすごく貴重な体験です。だから、私は、若い人はいっぱい失敗した方がいいと思います」と。

世界屈指のティム・クックCEOに認められ、瞬く間にスターとなったマーちゃんはシンデレラのようだ。

日本から遠く離れた場所に招かれた彼女は、新しい友だちにも出会った。

今回参加する中で、最年少の開発者であるリマ・ソエリアント君だ。

「リマ君はオーストラリアに住む10歳の少年です。まさか私より72歳も若くて、南半球に住んでいる友だちができるとは思っていませんでした。英語が得意ではないのですが、楽しくおしゃべりできました」

82歳になってもプログラムができるっていう希望を差し上げることができたとしたら、それが遺産になると思っているんです」

『人生は60になると面白くなる。70になるともっと面白くなる』というメッセージを送ってもらったんです。じゃあ、80を過ぎたら? もっともっと楽しくなりました」

~~~~~~~~~~~

この記事を読んで私は大変刺激を受け勇気を貰いました。

そして銀行勤務経験者と書かれていたのでどこの銀行かと思って調べたら何と私の大先輩でした(汗)。

私も今迄以上に趣味の世界をの~んびり、ゆった~り少しでも長く楽しむことにしようと思いました。

大変良い記事に出逢いとっても幸せな気分になりました。

| | コメント (0)

2018年6月26日 (火)

日本は世界最低水準の耳の悪さ!?

昨日のニュースです。

それによると

【人生不思議】国によって聴力のレベルに違い…日本は世界最低水準の耳の悪さ!?

だそうです。

~~~~~~~~~~

人類皆兄弟とはいうが、人種によって能力には多少の傾向があるのかもしれない。

聴力を例にすると、アジア人に比べて欧米人の方が高い傾向にある。

国別に見ると、最も聴力が高いのがフランスで、次がアメリカ、イギリス、ロシアと続く。

日本人は世界的に見ると最低水準にあるようだ。

ちなみに、聴力の高低には都市環境の影響も認められるようで、ドイツ企業による研究によれば、騒音公害が問題になっている中国の広東、インドのニューデリーなどでは聴力低下が著しいという。

日本人も都市部のうるさい環境を見直せば、多少は聴力の低さもマシになるかもしれない。

~~~~~~~~~~

ある意味↑は当然のことだと思うので耳だけではなく基本、環境の良い所に住めば色々恩恵があると思いますね。

音楽好きな人は環境の良い田舎に住んで音楽を楽しみましょう(でも爆音はいけませんよ、特に防音ルームでの爆音は拷問かつ最悪・・・難聴へまっしぐら...)。

| | コメント (0)

2018年6月 1日 (金)

(株)花園万頭、自己破産を申請(5/31)

先程ネットで見ました。

昔東京に住んでいた頃この(株)花園万頭の看板商品の「ぬれ甘なつと」を頂いたことがあります。

私は元々甘党なのでこの和菓子は大変気に入りました。

尤も住まいが近い訳ではないので買いに行くことはありませんでしたがこのニュースを見てとても残念な気がしました。

出来たら事業譲渡をしてでも営業は続けて頂きたいモノです。

又食べたい!!。

~~~~~~~~

朗報です。

6/4事業継続の線で行くようだとの報道がありました。良かったネ。

| | コメント (0)

2018年5月 7日 (月)

APPSTOREロック メール注意

今朝↑のようなニュースを見ました。

GW休暇前後から、APPLE STOREを名乗るフィッシングメールが出回っている、とのことです。

実は我が家にももっと前から似たようなメールは何回も届いていますが私自身APPLEを使っていないのでせっせせっせと迷惑メールに移行していますがこのことだけでも大変手間が掛かるので迷惑この上ないo(`ω´*)oプンスカプンスカ!!。

しかしこのようなフィッシングメールとやらに引っ掛かるモノなのでしょうか。

それ自体不思議です。

まぁ、お互い注意しましょう。

| | コメント (0)

2018年1月23日 (火)

宅配便の遅延

昨日の大雪で関東甲信越のみならず全国各地で宅配便の遅れが出ています。~ネット

自然災害なので已むを得ませんがタイミングと言うのはホンと紙一重ですね。

実は我が家への宅配便が1/22にありました。

これは本来アマゾンの到着表示は1/23だったのですが発送準備が早く終わったのか1日早く到着したので雪害遅延に巻き込まれることなく助かりました。

アルバムとかでしたら多少の遅延は何でもありませんが今回はコメ等が対象でした。

しかも今までは途切れることなく入手出来るように単月スポットで発注していたのですが今月から定期便に組み込んで割引を利用しようとした最初の月でした。

計算上ギリギリかも知れないと言うタイミングだったのでこの1日の差は大きかったです。

実は1/22でもコメが不足してしまい夕食は止むを得ず冬季用の非常食(冬季には準備している・・・山の中で積雪量によっては陸の孤島となってしまうので配送がどうなるか分からないので)を利用しました(汗)。

そんなこともあり1日早まったお蔭でご飯が食べられないのは1日だけで済み助かりました。

この後は3日後までは多分予定はないので我が家に関しては問題ないけれど宅配業者も大変ですが受け取る側も中身によっては大変ですね。

早く通常ペースに戻ることを願っています(ただこの後も寒気が入り込んで又雪が降る予報もあるので情報収集が欠かせません)。

| | コメント (0)

2018年1月11日 (木)

佐川国税長官に批判の声やまず!!

1/10夕のニュースです。

見出しは「佐川国税長官に批判の声やまず 今年の確定申告は混乱必至」とあった。

以下抜粋

~~~~~~~~~~~~~~

いよいよ確定申告のシーズンがやってくる。

今年は2月16日から3月15日だ。

森友問題での佐川氏のデタラメな説明や資料廃棄を理由に、全国の税務署の窓口などで、納税者の“反乱”が拡大、大混乱する可能性がある。

すでにこれまでにも税務署には、「来年からは資料を提出しない」「おたくのトップは認められている」などという不平不満の声が寄せられているという。

「ただでさえ今の税務行政は『弱きをくじき、強きを助ける』になっているのに、そこへ佐川氏のいいかげんな態度が加わり、納税者の苛立ちは増すばかりです。

枝野代表が佐川氏のクビを本気で取りに行くなら、納税者は大喝采だ。

~~~~~~~~~~~~~~

私自身は2年前にマイナンバー制度実施時郵便物の受取りを拒否したので確定申告が出来なくなった(事前にそう言う説明はなかった)。

全ていい加減なやっつけ行政と役所の無能な管理等(将来の情報だだ洩れを危惧)勘案すれば今でも拒否して良かったと思っている(多少の不利益・犠牲を蒙っても)。

こんな税務行政は要らん!!。

声なき声で応援するぞ。枝野やってくれ~!!。

| | コメント (0)

2017年8月21日 (月)

「スマホ指荒れ」ご注意

先程ニュースで見ました。 何と「スマホ指荒れ」で皮膚科に通う人が増えていると...。

以下抜粋

スマートフォンやタブレット端末のタッチパネル操作することで指先の肌が荒れる、いわば“スマホ指荒れ”だ。いったいどのようなメカニズムで起きるのか? 予防策はあるのか?

■タッチパネルの微弱電流、端末の発熱が…

「スマホを操作して指先が乾燥。荒れ始めたのにケアをせずに放置して、『指荒れ』を悪化させるケースが目立ち始めています。

重症化すると、皮膚科の通院が必要となります。来院されて話を聞くとスマホの使いすぎが原因と考えられる患者さんが、この1年で増えています」

笑えない話ですね。

皆さんスマホの使い過ぎには注意しましょうね。

私は持っていませんのでこの件は良かったです(汗)。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お尋ね山野草名 | お気に入りアーティスト | お気に入り(ステレオLP) | お気に入り(モノラルLP) | お気に入り(CD) | お知らせ | これっ、ご存知!? | その他風景 | ぼやきシリーズ | アクセス解析 | アバター | ウェブログ・ココログ関連 | オーディオ関連 | サーロジック・デモルーム | サーロジック・ブログ関連 | スーパーアナログディスクシリーズ | タクシー利用 | ニュース | パソコン・インターネット | フーテン老人徘徊記 | ブログネタ | モノラル盤ソフト50選 | ヤフオク面白笑劇場顛末記 | リハビリ散歩 | ルームチューン関連 | 不法投棄 | 健康関連 | 出来事 | 分電盤関連 | 四季の花々 | 夢のSP物語 | 富士山写真集 | 富士山定点観測 | 富士山番外編 | 市役所関連 | 年金シリーズ | 庭関係 | 心と体 | 我が人生に悔いあり!?それともなし!? | 我が家の今年の10大ニュース | 文化・芸術 | 朝聴くシリーズ | 本(オーディオ関係) | 検索ワード | 残しておきたいLP | 税金関係 | 竹の浸食 | 自分史 | 買い物関連 | 通院関係 | 電気代 | 音楽 | 駄目なオーディオ | 駄目なオーディオ関連 | BN再発盤 | CAD図面 | CDあれこれ | CDソフト | CDソフト100選 | CDソフト200選 | CD温故知新 | DD盤関連 | LP(モノ)あれこれ | LPあれこれ | LPソフト500選 | LP(45)あれこれ | MERCURY CD