出来事

2019年11月17日 (日)

地震発生!!

20時5分頃LPを聴いていたらいきなりカートリッジがバウンドし始めた(汗)。

音量をミュートして様子を見たらほどなく収まったので元に戻した。

カートリッジを上げる程もなかったのでひと安心したが地震情報を見たら何と伊豆大島近海が震源地で震度4でした(縦揺れか)。

後で見たらここは震度1でしたので大したことはなかったようです。

 

| | コメント (0)

2019年11月 3日 (日)

留守電復活??

今留守電は現用の親機のモノを使っていますがその前までは長きに亘って専用の留守電を使っていました。

その留守電が8/23に電源そのものがオフになって早や2ヶ月チョッと経って11/2何気なく見たら電源がオンになって機能が復旧しているではあ~りませんか。

我が家の電気製品はこう言うケースが結構あります。

以前にもインターホンの故障⇒自然治癒??がありました。

この家にはモンスターが住んでいるのかも知れませんね(汗)。

時々悪戯をして忘れた頃に元通りにすると言うことなのでニュースで見られるような悪質なモノではないような気もする。

まぁ、悪戯好きなモンスターですから可愛いもんですね。

今回の留守電は折角直ったけれど留守機能の仕事から引退して貰うことにしました(二つあっても仕方がないので...)。

また今使用のモノが壊れたらまた復活させれば良い、と気楽に思っている次第です。

| | コメント (0)

2019年10月23日 (水)

台風19号の総括!!

通水が再開されて今回の断水によって分かった反省材料を今後の自衛の為の参考にしたいと思います。

先ず飲料水の備蓄に付いてはハッキリ言って考えが甘かった(汗)。

当初6.5L+2LX9本(10/22到着)で通水が若干遅れても大丈夫だと思ったのは浅はかな考えでした。

断水(10/16)が始まって直ぐの2日目にはその後の心配をする羽目になってしまった(汗)。

結局管理組合に助けを求めました。

当初10Lのポリ袋は私にとっては非常に使い辛いのが原因で何とか頑張って見ようかと思ったのですがそんなに甘くはなかったのです。

重量を軽減する為に10Lのポリ袋を二つにそれぞれ半分程度ずつ入れて頂き持ち運びと使い勝手を考慮しました。

それでも水を少量づつ使用するには矢張り使い辛い。

後はトイレの件ですが普段何気なく使用していた水ですがネット情報によると大で6L、小で5L使っているとのこと。

これはエライこっちゃですね。

だから水量と水流の掛け算でキレイに流してくれる訳です。

手でこんな量とてもではないけれど流せませんし、風呂に溜めていてもこれほど毎回使っていれば直ぐに底を突いてしまう。

ここは昔の和式便所を思い出して少しの間だから我慢して凌ぐしかない。

昔はこう言う生活でも病気になったりした訳ではなかったので背に腹は代えられせん。

10/20、18:15頃断水は復旧したとエリア内の放送がありましたがと言って直ぐに使える程甘くはありません。

山を登って来るまでには相当の時間が掛かるのです。

確認して見たらタイムラグがありまたタンクに水が出て来た段階でタンクを洗浄するので1日遅れの10/23のような...。

この際飲料水も確保出来たのでしっかり準備してきれいな水を最初から提供してくれた方が有難い(隣の別荘地では水が出たは良いが濁っていたと・・・これでは困る・・・何のことはない我が家も最初は白濁していた(汗))。

その後管理組合に確認しても略↑のような返答でしたが何だか腑に落ちないので改めて13:30頃蛇口を捻ったら出て来ました。

情報が錯綜しているようですね。

私も昼までは何度も蛇口を捻ったのですがウンともスンともだったのでいきなり出て来た時は余りにも拍子抜けしましたが嬉しかった。

これで深夜電力のブレーカーを上げて(これが今の私にはチョッとだけ辛いのです)夜の準備をするのですが背が縮んだのか背伸びしないとカバーが開けられないのです(汗)。で、これをやったら矢張り腰に来たのですね(泣く)。

翌日、待望の風呂に入れました。

結果分かったこと

断水生活は1週間でした(飲料水は16Lは最低必要と判明しました・・・コーヒーなし生活は2日間だけ)。

ただ風呂なし生活は10日間続きました(臭~い)・・・当初いつ断水になるか分からないので風呂に溜めて風呂は自粛、かつ出た後は深夜沸かすので1日遅れの入浴となるからです。

コーヒー1杯飲むのに1Lの水を使っているのが分かったのも収穫でした・・・思った以上に使っているのですね。

味噌汁なしの生活も1週間でした(丁度配達も生鮮食品の未入荷があったのでピッタンコでした)。

普段から無洗米を使用しているので多少の節水には役立ったかも。

何はともあれこの程度で済んだのは幸いでした。

我が家単位ではこの段階でフツ~の生活に戻りました。

後はズタズタに寸断された道路網が早く復旧されることをただただ祈るだけです(今は1経路だけ利用可で何とか陸の孤島は免れました)。

孤島になっていたらと思うとゾッとしますね。

しかし未だゞ大変な状況下にある方が多くおられますのでホンと心配でなりません。1日も早い復旧をお祈りします。

| | コメント (0)

2019年10月19日 (土)

通水進捗状況

県の昼夜通しての突貫工事により予定より若干早く通水が行われる見込みとなりました。

管理組合のHPによると下記の通りです。

本日(10月19日)、熱函道路で発生していた県水の事故復旧が終了し各地域に送水が始まりました。

これに伴い別荘地への通水も順次開始されるとのことです。

ただしエリア内に重大な漏水等が発生していないことが前提条件ですので未だ安心は出来ません。

我が地域は当初の計画通りの配水予定になる見込みです(本管から近いところから順次と言うことです)。

それによると

伊豆の国市地区(203工区~309工区)   10月22日(火) 配水開始予定

通水を確認出来るまでは安心出来ませんが大幅に後退することは何とか避けられそうですね。

もう暫くの辛抱です。

| | コメント (0)

2019年10月17日 (木)

誤算!!

断水が始まったのでこれまで以上に節水をしなければいけない。

だが想定以上に飲料水を使用することが断水初日(10/16)に判明した(汗)。

今まで経験がなかったので体で理解出来ていなかったのが誤算です。

加えて深夜電力利用の温水器も中にお湯が溜まっていても水道が断水したら圧がなくなってポンプアップ出来なくなるなんて私にとっては想定外でした。

これは今朝実施して反応がないので変だと思い町の電気屋さんに電話して↑のことが分かった。

そしてお湯の残量次第ではあるが通電した状態だと空焚き状態になるのでブレーカは落としておくように言われ先程落としました。

結局洗い物用の水も未だ出ている内に風呂に溜めた水+お湯の分だけになり、これもトイレ等に使用する分が結構多いのでこれは想定外でした。

と言うことで飲料水も洗い物用も早くも厳しい状態になりました。

飲料用は今日以降は最低炊飯用だけとし、洗い物用も出来るだけ節約して給水復旧を待つしかなくなって来た(汁物+コーヒー等は禁止)。

10/22復旧も飽く迄見込みだし山の中はそれ以上に給水ポイントのタンクに満タンにならなければ給水はされないので未だ6日以上はこの状態が続く訳です。

ただ飲料水は10/22にアマゾンから到着するのでそれを場合によっては洗い物用に利用することが出来るので後5日間辛抱する必要がある。

兎にも角にもそれまで体が持ってくれることを祈るだけと言うより持たせなければいけない(汗)。

~~~~~~~~~~~

誤算解消の為、管理組合に相談しました。

10Lのポリ袋ですがそれでは家の中でも持ち運び出来ないので半分程度を2個用意して貰って飲料用として使うことにしました。

10/22までの5~6日間ですからこれで大丈夫だと思います(+残量4L位)。

後は復旧がいつになるか、です。

何にせ山の中なので本管が復旧しても直ぐに利用出来る訳ではないから...。

今後は早く風呂に入りたい、ですね。風呂なし生活が昨日までで既に4日間続いていますので(臭)。

| | コメント (2)

2019年10月16日 (水)

断水が始まりました!!。

台風19号により当地区も甚大な被害を受けました。

水道水のメイン配管が破壊されました。

熱函道路の地下に埋設されたパイプが(山崩れによる)道路崩落により50M損壊しました。

この結果当地区を含め熱海市(約7000軒)、函南町(約1000軒)に影響したのです。

当地のTVも熱海市・函南町に付いては断水のニュースを流していましたが何故か当地は触れず仕舞い(o(`ω´*)oプンスカプンスカ!! )。

被害件数が少ないからと言ってバカにするんではないよ( \(*`∧´)/ 。)。

公共的使命感があるなら公平に情報を公開してくれ~!!。

当初10/13に断水の放送があったのですが当地は山の中なので水道水の貯水タンクが各地に設置されているので本管がダウンしてもタンク内にある内は供給されて来ました。

再開の見込みは10/22とのことです(飽く迄見込みです)・・・当地は再開予定日が逆にタンクが満杯にならないと供給再開出来ないシステムのようなので後退りするかもと。

そして本日遂に全てが止まりました(汗)。

飲料水に付いては当面のこととして6.5L確保しました。

洗いモノ等は深夜電力利用の電気ポットが満タンなのでそれを利用して風呂に溜めて使います。

飲料水の予備はアマゾンで2LX9本発注しましたので多分大丈夫でしょう。

何れにしてもこれから給水が再開するまでは出来るだけ水を使わない生活を心掛けなければいけません。

ご飯に付いては以前から無洗米を利用していたのでこれも最低限の水で炊けます。

汁モノはたまたま具材が先日の配送が台風の影響で手配出来なかったようである内は確保の飲料水を利用しますが無くなり次第汁モノは止めます(10/18以降)。

と言うことと暫くは風呂に入れないので体や頭が痒くなる辛さはありますがこの程度で済めばもっともっと大変な状態に遭われた多くの方々に比べれば屁でも何でもない。

また洗濯モノは偶然ですが断水を知る前日に済ませていたので後1週間程度は問題ないと思います。

今回初めて飲料水を購入することになりましたがこれも今後の生活へ学習効果として活かせられたらと思います。

ご参考

  床上浸水 床下浸水
沼津市 39 125
伊豆の国市* 247 260
函南町* 213 109
焼津市 221 522
菊川市 24 122
*災害救助法適用    
     
10/16 13時現在    

| | コメント (0)

2019年10月15日 (火)

タワーマンションは年寄りの住むところではないね!!

台風19号だけではないけれど停電・断水等が起こった時のことを考えるとタワーマンション等の高層建物には住まない方が良い。

足腰が悪い人がエレベーターが止まった時階段を下りる何て出来ますか?。

断水も供給方法を考えるとポンプアップの設備が地下等に設置してあれば停電が復旧しても水浸しになった設備は直ぐには復旧しません。

眺望とか高額所得者(人生の成功者?)の見栄か何かは知りませんが出来るなら最悪のことを考えて住まいは決めた方が良い。

火災が起きた時もはしご車の能力にも限界があるのでその辺も考慮する必要がありますね。

また今回の台風に限らず水害の怖さはホンと身につまされます。

終の棲家を決める時は昔の地図を見たり地名の由来を調べたりして参考にする、と言うことは先人の知恵として良く言われています。

水害の起き易い場所等は地名を見れば大体分かる。

現在は昔からの土地を作り変えてしまって宅地にしていることが多いので要注意です(当然地盤も脆弱)。

今回特に被災者の方の言葉を聞くと生まれて初めて...と言ったことを良く耳にします。

それ位忘れた頃に起こる災害が水害なのです

以前は50~100年であったモノが今は1000年に一度の災害に備えて対策を講じているけれどそれをも易々とクリヤーするほど水害の脅威は増大しています。

勿論色々考え尽くして決めたとしてもそれをも凌駕する脅威はあり得るけれど少なくとも最低限の情報は駆使して決めたいモノです。

それ程今回の台風19号は凄まじい威力でした。

当地区も被災して道路ズタズタ・断水となっていますが気持ちまで弱気になってはアウトですからポジティブに生きて行く積もりです。

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

台風19号による我が家と周辺の被災状況

今回の台風19号に付いては西から東北に至るまで実に広範囲に亘って大変な被害が出ています。

私もここに来て22年(家を建ててからは28年)になりますが今回の台風が最も強烈・最凶でした。

昨日庭の整理を兼ねて家の周辺のチェックをしましたが建物被害は目視に限ってはありませんでした。

そして停電もなかったので胸を撫で下ろしていたのですが午後になって色々と被害が明るみになって来ました。

ひとつは水道の断水です。

原因はここと隣の別荘地へ運ばれる水道水のパイプが熱函道路の地中に埋設されているのだそうです(今の今まで知りませんでした)。

これが50メートルに亘って崩落したのに伴いパイプも破損した為だそうです(この道路も完全に封鎖されています)。

また10/12より伊豆スカイラインも全線通行止めだそうです(汗)。

役所の回答だとパイプの復旧には早くても10日間は掛かるとのことです(現状はタンクに貯蔵されている水が出る限りは供給されるがいつ終わるか分からないので非常に心配です・・・今朝は未だ出ました)。

私みたいに体の具合が悪くて身動き取れないモノにとってはホンと死活問題です。

後はこの山に通ずる道路が崩落・陥没して主要な経路4つある内3つが寸断されてしまいました。

まさに陸の孤島に近い状態です。

昔私がメインに利用していた道路も谷川部分が崩落して通行不可(加えて道路を塞ぐように多くの木の倒木があると言うことです)。

こちらも復旧見込みがまるで立っていません。

宅配便などは残った1路線を利用して山に入ることは出来るのでせめてもの救いです(かなり遠回りになると言うことです)。

因みに私はこの道は必要がないので余り利用したことはありません。

タクシーを利用して下山するのも当分の間は控えて(と言っても11月の診察時には出掛けないと薬が貰えません)じっと山に籠ります。

現在は銀行引き落としとカード決済がメインなので現金の必要性が略ないので手持ちがなくても大丈夫です(診察代とタクシー代だけです)。

明日からは出来るだけ水を使わない生活に切替えて耐えられるだけ耐えて行かなければなりません。

と言う風に昨日は思っていたのですが寝ながら考えていたら思い出しました。

それは我が家に導入している深夜電力利用の大型電気ポットです・・・これが断水の時には役立ちます。

このお湯を風呂に溜めて洗い物に利用することです。

そして飲料水は現状何とか6.5L確保しました。

後はアマゾンから大量に購入しますので10日間程度は大丈夫でしょう。

ただ風呂に入れないので洗髪も出来ないと言うことで出来るだけ汗をかかない生活に徹することにします(汗)。

これらも結構辛いことですが死ぬことを思えば電気と水が確保されれば屁でもない!!ですネ。

他にもっと大変な方はホンと沢山おられますから...。

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

東京電力からのお知らせ

9/10は東電の検針日ですが合わせて↑のお知らせが投函されていました。

中身を見てみると

お知らせ1・お知らせ2と大別されたパンフレットでした。

お知らせ1は10月からの消費税増税に係る内容。

お知らせ2は2020/4の検針日からの内容でした。

色々と書かれていますが気になった点がひとつありました。

それは⑤停電の場合の料金割引の終了と言う内容でした。

東電(東電エナジーパートナー)によると現状は1日当たり基本料金を4%割引しているが今後は当該割引を終了すると言うモノです。

理由は送配電の保安は一般送配電事業者(東電パワーグリッド)が担っていることや、当該割引の発生率が極めて低いことを上げています。

このパンフレットを作成したのは今回の台風15号以前でしょうからやはりリスク管理上楽観しし過ぎている嫌いはないのでしょうか。

割り引いて貰っても冷蔵庫のモノが腐ったり熱中症・低体温症等で死亡したりした場合のことを考えたら元々の割引もそれ程のケアとは言えない。

ただ事情に鑑みても本件は拙速に過ぎると思うが如何でしょうか。

と言う観点からカスタマーに確認したところ2016年の電力自由化以降他社では既に割引は廃止しているので今回東電も右へ倣えと言うことのようです。

この時点で色々模索しているので本件に付いては第三者がとやかく言うことはないと思いました(停電が長引いた影響で起こった不測の事態に付いては別の問題として関係会社としてはそれ相応の責任はあると思います)。

また現在のWebサービス(電気家計簿)も内容を一新し提供するとのことです。

これで我が家のような電波状況の不備による弊害もなくなるとのことです。

そのサービスのアップも現在同様検針の翌日にアップするとのことです。

検針・支払日も基本的には現在と同様だと言うことです。

| | コメント (0)

2019年6月24日 (月)

地震発生!!

先程7:22頃伊豆半島東方沖が震源地の震度4の地震が発生しました。

ここは3でした。

瞬間に飛び跳ねるような揺れでした。

今朝あったばかりなので久々の2連発です(汗)。

丁度LPを聴いている時だったのでカートリッジはピョンピョンと飛び跳ねていましたが盤面から落下することはなかったので先ずは一安心です。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お尋ね山野草名 お気に入りアーティスト お気に入り(ステレオLP) お気に入り(モノラルLP) お気に入り(CD) お知らせ これっ、ご存知!? その他風景 ぼやきシリーズ アクセス解析 アバター アルバムソフト ウェブログ・ココログ関連 オーディオ関連 サーロジック・デモルーム サーロジック・ブログ関連 スーパーアナログディスクシリーズ タクシー利用 ニュース パソコン・インターネット フーテン老人徘徊記 ブログネタ モノラル盤ソフト50選 ヤフオク面白笑劇場顛末記 リハビリ散歩 ルームチューン関連 不法投棄 健康関連 出来事 分電盤関連 四季の花々 夢のSP物語 富士山写真集 富士山定点観測 富士山番外編 市役所関連 年金シリーズ 庭関係 心と体 我が人生に悔いあり!?それともなし!? 我が家の今年の10大ニュース 文化・芸術 朝聴くシリーズ 本(オーディオ関係) 検索ワード 残しておきたいLP 税金関係 竹の浸食 自分史 買い物関連 通院関係 電気代 音楽 駄目なオーディオ 駄目なオーディオ関連 1970年代 BN再発盤 CAD図面 CDあれこれ CDソフト CDソフト100選 CDソフト200選 CDソフト600選 CD温故知新 DD盤関連 LP(モノ)あれこれ LPあれこれ LPソフト1000選 LPソフト500選 LP(45)あれこれ MERCURY CD