市役所関連

2018年4月25日 (水)

高齢受給者証の仲間入り

先日の誕生日で70歳となりました。

で、その後↑高齢受給者証なるモノが送られて来ました。

国民健康保険診療の3割負担が5月から2割負担に軽減されます(汗)。

年金だけの生活かつ治療中(薬依存)の身なので1割軽減されるだけでも有難い。

生活のベースの年金は減ることはあっても増えることがない中恒常的に支出が減る要因が出来たのは干天の慈雨のような有難さです。

まぁ、後何年生き長らえるか分かりませんが歳を取ることで恩恵に浴することが出来たチョッとしたご褒美でしょうか。

新入りですが今後とも諸先輩方宜しくお願いしますm(_ _)m。

| | コメント (0)

2017年6月 3日 (土)

土砂災害防止法に基づく斜面等調査のための土地への立ち入りについて

先日↑のような長いタイトルの書面が県と市の連名で送られて来ました。

中身を読んでみると近年の台風や集中豪雨等の土砂災害による甚大な被害が多く発生している為、県と市ではこうした土砂災害から我々の生命を守る為「土砂等の崩壊による被害を受ける恐れのある区域」の調査を県内全域において順次進めていると言うことのようです。

県全域の対象地域は約19,000箇所あると。

要するに警戒避難体制の整備を図ることを目的とした調査のようです。

因みに我がエリアは略全域その対象内であります(汗)・・・添付されている地図が余りにも小さく天眼鏡で見ても全く分からない、対象内であることだけは間違いないですが...。

この度調査の順番が回って来たことは結構なことですが私みたいに足腰に難点があるモノは避難そのものが困難だし出来たとしても集団で避難続けるとなると床に座ることさえ困難なことを思うと歳も歳なので地滑り等があればそのまま家ごと流された方が良いとさえ思います。

私自身の対策としてこの地に家を建てる際に植林されていたヒノキ等の針葉樹は悉く伐採し落葉広葉樹を主に植え替えました。

20数年経ってその木たちも私の予想を上回る勢いで成長したので土中の根は充分張り巡らされており少なくとも針葉樹で占められていた環境に比べると数段良いと思われます。

そう言う自分で出来る対策はやって来たのでそれを上回る甚大な災害に対してはなるようになるしかありません(じたばたしても仕方がない)。

私自身音楽の無い(避難)生活はあり得ませんので家とは運命共同体です。

関係者の皆さんには調査は思う存分やって頂きその結果の公表はハラハラしながら待ちたいと思います。

| | コメント (0)

2014年5月15日 (木)

がん検診の案内が来た

昨日がん検診の案内が届いた。

実は先程散歩に行こうと思って出掛けたのは良いけれど少し歩いたところで雨が降って来た。

仕方がないので郵便受けを見たら↑が入っていたと言うことです(配達が遅いo(`ω´*)oプンスカプンスカ!!)。

で、開封してみたら何と今年からがん検診は有料だと...(゚Д゚)ハァ?。

先日、市の広報によってこのことは分かっていたけれど金額等は明示されていなかった。

昨年までは市のがん検診は無料なので積極的に受診して健康に長生きしましょう(昨年の封筒は廃棄しているので原文とは違うかも知れません)的なキャッチフレーズで封筒に印刷されていたのが180度転換、真逆のこととなった。

市の説明は過剰受診を回避する為とか言っているけれど何のことはない、本音は財政逼迫(悪化)を何とか減らしたいと言うことでしょう。

つまり弱者切り捨てです(他にやることはないのか(一杯あると思いますが...))。

市の説明の過剰受診は何かと言うと

自覚症状があって既に医療機関で治療中の方がこの検診も受けている(結果は同じなので受ける意味はない)とか言うことのようですが、そう言う例は全体からすれば少数であると思う、つまりは何とか赤字を補填する為の苦肉の言い訳としか思えません。

と言うことで私は今年からがん検診は受けないことにしました。

もう66歳だし、何があっても不思議ではない年齢なので今までのように予防的見地から無料で受診出来ないのであればもういっか、と思いました。

市の姿勢はとどのつまり「老人は(病気になったら)早く死ね」と言うことでしょう。

財政逼迫を先ず弱者切り捨てから始めようと言う壮大なキャンペーンのように思いました。

昨年までの姿勢から手のひらを返したようなこの姿勢、何と言って良いのか今は冷静に判断出来ませんが思いやりのかけらも感じられない市の姿勢、これは市長が代わったこととも関係あるのかどうかそこまでは分かりませんが...(実に残念で情けない)。

| | コメント (0)

2013年9月21日 (土)

国民健康保険被保険者証(’25年版)が送られて来ました

昨日郵便屋さんが来られ↑の入った簡易書留便を受け取りました。

10月移行来年の9/30までが有効期間です。

結構早い発送ですね。

これで安心して病院通いが出来る??

| | コメント (0)

2013年8月 6日 (火)

印鑑証明書

先程市役所へ行って来た。

目的は廃車の為の印鑑証明書を取る為です。

今日は雨予報でしたが今のところ降っていません。

麓に降りた頃小雨が降って来た。

朝一の市役所はホンとガラガラです。

さっさと手続きを済ませその足で近所のスーパーへ日曜日買い忘れたモノがあったので補充。

車に乗り込もうとした頃から雨脚が強くなって来ました。

雨の中山へひた走ります。

到着時点では小降りになっていて思ったより降らなかったのは幸いでした。

これだけの運転でも腰はやっと耐えている感じです。

車なし生活の準備が進み、生活に大きな支障がないと判断されれば廃車は少し早まるかも知れない。

暫し休息後LP鑑賞です。

| | コメント (4)

2013年3月11日 (月)

高齢者支援サービス

我が市の高齢者支援サービスに何があるのか全然知りません。

私自身来月中に65歳になるのでスーパーやHCの買いモノの特典の有無は多少知ることが出来ました。

誕生日以降手続きをして利用したいと思います。

で、今朝の散歩の時たまたま見掛けたマイクロバスが市のモノだったのであれは何ぞやの疑問が出て帰宅後市に確認したのです。

これについては60歳以上が対象で麓の温泉施設2ヶ所の無料入湯が出来ると言うモノでした。

そう言えば昔この地に別荘を持った時は年齢に拘わらず利用出来た場所があったような記憶があるがそれもその後確か廃止されたと記憶していた。

60歳以上と言う枠の中では残っていたようですね。

出発場所の関係で我がエリアは毎週月曜日がそれに該当するようです。

それに乗って出掛ければ無料で温泉に入って帰宅することが出来る訳である。

ただし1日1往復なので何時間もその近所で時間を潰すことが出来るのなら良いけれどその辺が問題です。

食事をしたり遊びに寄ったりしていると思わぬ出費が嵩むかも知れないのでおいそれと利用は出来ませんね。

これがほんとに「タダより高いモノはない」になるかも...(汗)。

もうひとつ75歳以上になると与えられる特典があります。

高齢者の引き籠り防止並びに外出支援策の一環だとか。

それは年間1万円の無料タクシー券の交付です。

申請が必要ですがチョッとした遠出が出来ますので良いですねって未だ10年も先の話です、生きている保証もないのに...。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

お尋ね山野草名 お気に入りアーティスト お気に入り(ステレオLP) お気に入り(モノラルLP) お気に入り(CD) お知らせ これっ、ご存知!? その他風景 ぼやきシリーズ アクセス解析 アバター アルバムソフト ウェブログ・ココログ関連 オーディオ関連 サーロジック・デモルーム サーロジック・ブログ関連 スーパーアナログディスクシリーズ タクシー利用 ニュース パソコン・インターネット フーテン老人徘徊記 ブログネタ モノラル盤ソフト50選 ヤフオク面白笑劇場顛末記 リハビリ散歩 ルームチューン関連 不法投棄 健康関連 出来事 分電盤関連 四季の花々 夢のSP物語 富士山写真集 富士山定点観測 富士山番外編 市役所関連 年金シリーズ 庭関係 心と体 我が人生に悔いあり!?それともなし!? 我が家の今年の10大ニュース 文化・芸術 朝聴くシリーズ 本(オーディオ関係) 検索ワード 残しておきたいLP 税金関係 竹の浸食 自分史 買い物関連 通院関係 電気代 音楽 駄目なオーディオ 駄目なオーディオ関連 1970年代 BN再発盤 CAD図面 CDあれこれ CDソフト CDソフト100選 CDソフト200選 CDソフト600選 CD温故知新 DD盤関連 LP(モノ)あれこれ LPあれこれ LPソフト1000選 LPソフト500選 LP(45)あれこれ MERCURY CD