オーディオ関連

2019年6月24日 (月)

実に嫌味な奴だ!!(2)

表題の件又同じメンツ間で繰り返されました。前回は実に嫌味な奴だ!!(1/13アップ済み)です。

今回のコメントは

~サラリーマン人生って、上司に恵まれない部下だとか、部下に恵まれない管理職だとか、そういう悲哀ばかりですね。~

by ベルウッドat2019-06-22 12:20

これに対して例の匿名掲示版に

これって、ユーザーに恵まれないオーディオ機器ってことかな?2019/06/22(土) 14:15:00と書き込みがありました。

これらのコメントや書き込み(書き込みを見たかどうかは分からないけれど)を見て当の本人(Nikiken)はどう思うのか。

私はNikikenが何を買おうか勝手だと思うけれど仮にベルウッドが本人に対し先輩として親身になって(金遣いが荒いことを)心配しているのであればコメントではなくNikikenに対し直接メールすれば済む話なので皆が見ているコミュでコメントした以上は実に嫌味な行動を取ったとしか思えない(汗)・・・嫉妬だとしたら実に器の小さい奴だ。

↑のように5ヶ月前にも同様なことをやっているベルウッドだぞ。

ベルウッドとつるんでいてもスキルアップは到底望めないぞ!!。

嫌味を言われているNikikenもそろそろベルウッドの本性に気付いて「バカばね会」等の付き合いを止めたらどうかね。

と思ったら返レスで構ってチャン続行希望の由(まるで金魚の糞みたいだ)。

それほど弄られることが快感なのかね。

だとしたら今後もおもちゃ扱いされて喜んでいろ!!。

こんなアホどもは手に負えん、勝手にしろ(爆)。

| | コメント (0)

2019年6月18日 (火)

バッテリー電源・太陽光発電からのコンバートはNG!!

最近歪を忌避する余りまたぞろ↑のような話が出て来ている。

オーディオに関して言えば直流でアンプ等をそのまま利用出来るようになれば良いけれどコンバートして交流にして使うのでは全く意味がない。

何故ならコンバーター自体がオーディオグレードではなく家電グレードだから(単に元に戻すだけ、つまり行ったり来たりしているだけ+通過する機器のキャラが乗って質的には益々元から遠ざかるだけ???です・・・この手の人種は歪にはNOを付き付けるがキャラが乗ることは一向に構わないのかね(汗)・・・私には全く理解出来ない、言うならばざる状態だ!!)。

現状ではこれらの電源は寧ろ非常時対策が精々関の山でしょう。

歪・歪と言ってこれはかの有名な格言「木を見て森を見ず」にドンピシャ当て嵌ります。ご注意!ご注意!!。

まぁ余り焦らずにやることですし、徹底的にやるのであれば他にやることは一杯ある筈(今は熱くなり過ぎてただ一点しか見えていないようなので暫しクールダウンしたら...、と思いますが如何かな...)。

独り言でした。

追記

↑と直接関係はありませんが歪・歪と大騒ぎして調子に乗って記事を書いている「平蔵とばしてんな ヤメ検強い」の「平蔵」が「チコおじちゃんから、「ボーっと生きてんじゃねえよ」と怒られそうです」とkjさんから粋なコメントがありました。果たしてどう切り返すのかと見ていたら⇒「いけねえ。チコちゃんから叱られますね。ありがとうございます。直しました」と言う「平蔵」の 返しがありましたが全部記憶している訳ではないのでどこをどう直したのかさっぱり分かりません(汗)し、序でに言うとチコちゃんではなくチコおじちゃんからでしたけれどネ(爆)・・・思い込みが強過ぎて注意力散漫ですね。本職大丈夫か!?

これも格言の「過ぎたるは及ばざるが如し」を地で行っています(爆)。

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

オーディオ好きは都市・市街地を捨て山の中へおでんせ(爆)!!

表題は最近のコミュの電源歪等の記事を見るに付け確信したことです。

私は今を遡ること28年前に伊豆の山中に家を建てました(当初は別荘として目的は勿論オーディオを楽しむ為)。

近所には民家(含む別荘・廃屋)が点在するだけで工場等もなく電源歪等に関しては至って真逆の好条件の場所です(汗)。

28年前から比較すると木の成長が一層進んで来て家の周辺は益々森の様相を呈して来ていますのでそれはそれで困ったものですが...。

と不満なこともありますがリタイアした今はトータルで考えた場合都市部の利便性は別に羨ましくも何ともありません。

そして数年前から体の不具合の為車も運転していませんが買物はネットや電話があれば何とかなるし、それ以外はタクシー利用で充分事足りています。

それ以上に好きな趣味のオーディオを考えると各種歪等からはある程度のことをやっていれば今盛んに話題になっていることなど何もしなくても全く問題はない。

歪除去などはやり過ぎれば当然弊害は必ず出て来る(所謂トレードオフ)・・・電源ケーブルには何も足さない方が良い(含むトランス等)・・・シンプル イズ ベストです。

今までコミュでも言われてきたが最低限の環境を整えていればこう言う問題は回避出来(勿論完璧ではないよ・・・完璧なことなどそもそもないのでね)楽しいオーディオライフが送れること間違いなし。

これらの余計なことをする必要がなければそれ相応のお金がソフト購入に回せますヨ(爆)。

で、最低限やるべきことは

1.オーディオ環境の整備

イ.空間容量(最低でも24畳以上は欲しい)と構造等(傾斜壁・2重壁・・・これは出来ていませんが(汗)・・・普通仕様で音が外に漏れても 周りに家がなければ全く問題は有りません・傾斜天井)の確保。

ロ.最初から建てる時は後で困らないように最低限左右均衡・容量は↑が望ましい。左右不均衡・狭い部屋では後からの修正はやりようがない。   

ハ.山の中でも劣悪環境のマンションみたいな集合住宅はX(ペケ)。私自身マンション生活経験者なので欠点を充分承知しているし何よりも電気容量等の個別の変更が出来ないから(マンション全体で使用量を決めて電力会社と契約している為)Xなのです。

2.電源環境

イ.山の中は高圧線が来ていない場所が多い(そもそも需要が少なく供給上必要ないから)のでマイ柱設置は不可(やっている人がいれば上手くゴリ押しをしたのでしょう・・・歪除去など当初から想定外、電圧確保が出来ていればOK程度の話)。

ロ.やれることは38sq線で引き込みメインブレーカーからは22sq線で分電盤まで引き込む(オーディオ回路は住居用とは勿論別回路・・・我が家はオーディオ用が16回路、住居用は20回路配電盤+1回路(深夜専用)があります)。

ハ.200Vを使用する場合は100Vの分電盤内で一緒にしない(200Vは別に設置する・・・干渉を防ぐ為)・・・子ブレーカ同士も同様に出来るだけ離して設置・・・干渉を防ぐ為)。

3.システムの構築

イ.何も高級製品でなくても良い

ロ.歪のことを言うのなら真空管アンプ等古い設計の機器は使わない方が良いが趣味だからこれは絶対条件ではない。

以上でOKです。

山の中は都市部と違いスマホ等の影響も殆どなく(実際に我が家では家の中からメーカーによるがスマホで電話が掛けられない(汗))システムに与える影響は略なし(少なくとも聴感上は皆無)。

かつ電気料金の検針自動化を前提にしたスマートメーターも我が家では機能を発揮しない・・・これ自体は困ったことだが(それ位電波状況は悪いのだ)・・・翻ってオーディオには良い訳だ。

利便性を取るかオーディオを取るか各自の判断ですがいつまでも現役ならいざ知らずリタイア後は山の中も良いと言う話です。

お粗末さまでした。

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

URIKA2(デジタルフォノイコライザ)についてのアース考(2)

表題のURIKA2は7月中旬頃導入を予定しています(プリのDSM2にはLANケーブルで接続します)がアースに関してこのほどLINNに確認が取れ最終的にベストな方法で出来ることになりました。

この問題を取り上げて3ヶ月ほど掛かりましたが何とか導入時に間に合いました(尤も取扱店では既に分かっていたこととは思いますが)。

当初

アースの最適な方法は

1.DSM2のアース端子に接続する。

2.URIKA2のシャーシーに落とす。

3.アースは取らない。

以上3つのどれかが考えられると提起したのですが今までの経験からDSM2導入後は電音ギアドライブでもDSM2に落としたのが最も良かった(UPHORIKに繋ぐ<繋がない)ことを思い出し厚木店長さんに確認しました。

結果

単純に3択だと思ったが2/3択でした(汗)。

つまり

LP12の筐体内に設置されるURIKA2のシャーシーの何ヶ所かでLP12本体のトッププレートに接続する必要があり最終的に外部引き出し線をDSM2に接続する(1.と2.の)合わせ技となりました。

たかがアース、されどアース、ゆえにアース」と言うことで来る日を楽しみに待つ余裕が出来ました。

| | コメント (0)

2019年6月 4日 (火)

「アナログはデジタルだ」の巻

昨日コミュで興味深い記事に出逢いました。

それは

「アナログはデジタルだ」というタイトルでした。

~カートリッジの針(スタイラス)がレコードの溝をなぞっていくその動作はみんながイメージするように滑らかに針が溝に接触しているわけではなく、実際は自動車がでこぼこ道を高速で走行しているときのタイヤみたいにミクロの世界で断続的に溝に接触している・・・まさにその通りですね。

つまりアナログといっても針は溝の情報を飛び飛びにサンプリングしているに過ぎない、 ということ。

このサンプリングの部分がデジタル的だというわけだ。

ではなぜそれで滑らかな音楽になるのか、カートリッジは磁気回路なのでたとえ針が断続的に溝に当たっていてもカンチレバーの先のコイル(MC)、磁石(MM)、あるいは鉄心(MI)が動いている限りは電気信号、すなわち音楽信号になる。

要するにレコードの再生音は針先が溝に断続的に当たって作られた振動による平均値にすぎないってお話。

次は

ジッターの話です。

針先の振動はカンチレバーを通して伝わるが完全に終端されていなければ当然のごとく振動は反射して針先に戻っていく。

針先とそれに接触しているレコードは違う物質なので機械的インピーダンスが異なりやはり終端されていない。

そこでまたその振動が反射してカンチレバーに戻る、つまり定在波になる。

さらに続ければレコードと針の接触点で全反射するわけではなく一部の振動はレコードに伝わる、そしてレコードとターンテーブルの接触部分でまた別の反射が起こり遅れて針に伝わる。

同様のことがカートリッジとトーンアームの接触部で言え、複雑怪奇な定在波になる。

この定在波の周波数を音楽に影響しないように可聴帯域よりはるか上にするには質量を減らす必要がある。

また定在波は直線的にカンチレバーに伝わるわけではなく回転が加わる。

それが針先のジッターとなりチャネル間分離を悪化させる。~

以上のような内容です。

私にとっては非常にタイミングの良い情報でした。

つまり来月中旬にはURIKA2とRADIKAL-AKが納品されます。

URIKA2はデジタルフォノイコです。

曖昧さのない定位やRIAAカーブの生成で今までにない研ぎ澄まされたアナログ再生が楽しめることでしょう。

それを達成する為にはこのフォノイコだけでは成り立ちません。

そうRADIKAL-AKの存在なくして成立しないのです。

しかも際立った回転性能・静粛性があればこそ更にフォノイコの実力が発揮されると言うことのようです。

「アナログはデジタルだ」と言う記事を読んで原点は突き詰めれば一緒(ただし逆はない)だと言うルーツも解明出来たので今から到着・そして鑑賞するのが楽しみです。

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

後1ヶ月半でURIKA2とRADIKALーAK到着!!

6/1、予定していた↑は何事もなく無事発注したと厚木店長さんから連絡を頂きました。

LINNはスコットランドですので英国のユーロ離脱とそれに絡む関税アップ等の懸念材料もありましたが何事もなく発注時期を迎えられて正直ホッとしました。

後は予定通りにその時期を迎えるだけです。

そう今度は私側の問題です。

要するに何事(病気・怪我等)もなく迎えられればそれで言うことなし。

今回はLP12のステレオ再生は勿論、電音のモノラル再生(現用ケーブルとLP12使用のフォノケーブルを再利用しての比較)・CDはDACをスルーしてダイレクトにDSM2にTOSリンクして音出し等色々の変化を楽しむ予定です。

そしてLP12以外は一番自分の求めている方向性でその後は聴くことになります。

その時期がいよいよ近付いて来ましたので今からワクワクドキドキです(爆)。

| | コメント (0)

2019年5月26日 (日)

1回路⇒1機器の巻

ネットで下記コメントを見ました。

それによると

分電盤から8回路 16コンセント口に別に屋内配線

その上で

1コンセントー1機器を基本に屋内配線

とありました。

これは確かに1コンセントー1機器ですが大元の回路から見ると1回路⇒2機器(1回路2コンセントですから)になりますから(接点が増えるので当然歪も増えることでしょう)1回路⇒1機器とは似て非なるモノですね。

これは所謂たこ足配線の一歩手前の状態になる訳で歪を減らし音質を極めようとしている方にとってはやや片手落ちのような気がしました(本人が納得していれば何の問題もないが...)。

上流を遡れば同じ経路で沢山の家庭(+大型店・工場等)が繋がっているのでマイトランスにしようとノイズは完全に遮断出来ないのでこの程度(1回路⇒2機器)は目くそ鼻くそのレベルでしょうが...。

そもそも我が家は歪なぞ完全に除去出来るなどと考えたことがないのでマイトランスは無論採用していません(と言うか山の中で高圧線自体が来ていないのでやろうにも設置資格そのモノがありませんでした(汗))。

元々別荘と言うことで建てた家だったので当時は全然気にしていなかった訳です。

が住んでみて分かったのは引き込み線が細く電圧維持が不十分なことに気が付き東電に交渉、数年掛けて2度に亘って1週間単位で計測を行って貰い最終的に38sq線を引き電圧の安定化を図って貰いました。

何せ最初の段階では8sqですからドロップが半端ではありませんでした。

で、14sqに格上げして貰いましたが↑の計測で未だ不十分なことが判明した為東電の計らいで22sqを飛ばして一気に38sqまで格上げして貰った訳です(通常の契約ではこれは無理なことです)。

で我が家の分電盤は100vと200vを別々に設置(一つのボックス内で混在すると影響し合う)し極力相互干渉を避けています。

と言うことで100vは10回路、200vは6回で設置しました(未だ若干の余裕あり)・・・当初は100vが主流でしたが最終的(目標レベル)には200vが主流になります(LINN機器が200v対応ですから)。

私は元々歪にはおおらか(どんなことをしても一方的に良くなることはない・・・何をやっても必ずトレードオフを伴う)なので電圧さえ電力会社の基準内に入っていて極端なドロップさえなければ良いと思っています...。

勿論オーディオに関してはコンセントは一切使用していません(接点を極力減らしたい為)。

と言うことで現状電源に関しては出来ることはやったつもりなので何も不満はありません。・・・全て根岸さんに感謝・感謝です(勿論分電盤内の各所の止めネジはチタンネジを多用・・・もう11年前のことなので一昔前ですね)。

追記

「歪は悪」であると言い過ぎると何も出来ません。

そもそもすべからくこの世は歪だらけなのです。

歪を取り除く職業もある、中でも本来その最たるモノは政治家だと思うけれど現実はこの人種そのモノが殆どの場合真逆で世の中に歪を撒き散らしている実態にはホンと呆れてモノも言えません。

こう言った状況の中で歪・歪と騒いでいたらとてもじゃないけれど生きてはいけない(汗)。

勿論大好きなオーディオも楽しめない、音を聴いてアーダ、コーダと言うのではなく歪が混ざっていようとも音楽を心から楽しめる(つまり清濁併せ呑む)ようなレベルに私はなりたい...。

以上独り言でした。

| | コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

コミュを覗いたらアホなことを言っているベテランマニアがいた

LPの洗浄に付いての関連発言で飛び出したコメントです。

>後はLPを乾燥させないで(びしょびしょのまま)、かける方法もあるようです。これだと静電気対策は完璧です・・・・・が・・・?<

このひとは本気でこう思っているのでしょうかね。

こう言うことをすれば何が起こるか全く分かっていない。

1.砥石で針先を研いでいるのと同じでまさに自殺行為である。

大昔私の友達で実際にこれをしているの見て止めるように言ったことがあります。

また当時お付き合いさせて頂いていたソノボックスの長崎社長もこんなことをしたら作り甲斐がない、と嘆いておられました(早く故障したり摩耗するのでメーカーにとっては売上げ増になるけれどこんな理由で売り上げが伸びたってちっとも嬉しくない、とも)。

2.また水の抵抗で当然ピッチも遅れるでしょう(カートリッジのトレースは微妙・繊細ですよ)。

3.更に毛細管現象で水を吸い上げることも考えられるので内部の腐食に繋がる恐れがあるので絶対にやめた方が良い。

まぁ、ベテランと雖も全てに精通していることはないと言うことをいみじくも露呈した訳です。

良い子の皆さんはくれぐれも真に受けて真似しないようにしましょうね(お金が幾らあっても足りませんよ・・・こんな無茶はお金の有り余った道楽モノのやることでしょ)。

仮にこのコメント↑が冗談だとしたら(影響を考えれば)それこそ許されないことだ。以後厳に慎まれたい!!。

| | コメント (0)

2019年4月24日 (水)

LP12の下にあのベースが...の巻。

今回(7月中旬頃予定)のURIKA2とRADIKAL-AKの導入によって以前の電源LINGO(下取り)の下に置いていたベースが空くので今回我が家史上初めてLP12の下に置くことが出来ます。

これだけでも音の変化はあるのだが今回はURIKA2を筐体内にセットするのでフォノイコの変化+RADIKAL-AK(モーター電源)とベースの効果で更なる相乗効果が期待出来そうです。

このベースとはファイナル・オーディオ・リサーチ社製のベースです、と言っても30数年以上前の製品ですから殆どの方はご存知ないでしょうね~。

ベースの中身は砕石が入っています。

狙った効果は線路においてある砕石と一緒で騒音対策(オーディオ的に言うとノイズの低減対策)です。

重量も30kg(当時聴いた話で実測した訳ではありませんので今となっては真偽は不明)あり、大変しっかりしたモノです。

私はこれを18枚持っていて各機器で利用しております。

現在利用している機器

1.フォノイコ⇒これはRADIKAL-AKに交代です。フォノイコは下取りに出します(200V⇒LP12+URIKA2に供給)。

2.電音ギアドライブ(100V)

3.CDT(100V)

4.SP+サブウーファー(100V)

将来的には

このベース5段敷きと言うえげつないモノが未だ控えております。

下2段は更に大きく上の3段は連結してあります。

総重量は約150kgあります。

将来的にはこのベースの上にEXAKT AKUDORIK(200V)をセットする予定(飽く迄も、ですが)です。

今では中古市場でも中々見付からないかと思いますが私自身大変気に入って使い続けています。最終セット段階での効果を今から期待しているモノです(現状でも効果は抜群の為)。

楽しみ~。

| | コメント (0)

2019年3月17日 (日)

URIKA2(デジタルフォノイコ)についてのアース考

表題のURIKA2は6月中にも導入を予定しています(プリのDSM2にはLANケーブルで接続します)。

これは単独では機能しません。

我が家の場合で言うとRADIKAL-AKを一緒に導入することでURIKA2に電源が供給されると言う訳です。

で、今回はこのデジタルフォノイコURIKA2のアースの取り方について時間もあるのであれこれ妄想を働かせて楽しんでみます。

アースの最適な方法は

1.DSM2のアース端子に接続する。

2.URIKA2のシャーシーに落とす。

3.アースは取らない。

以上3つのどれか、ですね。

今まではUPHORIKの場合、ステレオ(LP12)はUPHORIKに落としていました。

モノラル(電音ギアドライブ)はUPHORIKに落とすよりアースを取らない方がS/N比も良かった。

ただしDSM2導入後改めて確認したところアースを取らないよりDSM2に落とした方が良かったのです。

と言うことでアースは各環境下で違う可能性は充分あるので冒頭の3パターンで実験することにしています。

ただテストに要する時間が掛かり過ぎると音の感じを脳に刻み込めるか現在の私の老化した頭では恐らく記憶がボケてしまい正しい判断が出来ない可能性大(汗)。

まぁ、それはそれで止むを得ないことなので出来る範囲でやるしかない、と言う訳です。

たかがアース、されどアース、ゆえにアース」と言うことで来る日まで妄想を繰り広げて当日の実験を迎えたいと考えている今日この頃です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お尋ね山野草名 お気に入りアーティスト お気に入り(ステレオLP) お気に入り(モノラルLP) お気に入り(CD) お知らせ これっ、ご存知!? その他風景 ぼやきシリーズ アクセス解析 アバター アルバムソフト ウェブログ・ココログ関連 オーディオ関連 サーロジック・デモルーム サーロジック・ブログ関連 スーパーアナログディスクシリーズ タクシー利用 ニュース パソコン・インターネット フーテン老人徘徊記 ブログネタ モノラル盤ソフト50選 ヤフオク面白笑劇場顛末記 リハビリ散歩 ルームチューン関連 不法投棄 健康関連 出来事 分電盤関連 四季の花々 夢のSP物語 富士山写真集 富士山定点観測 富士山番外編 市役所関連 年金シリーズ 庭関係 心と体 我が人生に悔いあり!?それともなし!? 我が家の今年の10大ニュース 文化・芸術 朝聴くシリーズ 本(オーディオ関係) 検索ワード 残しておきたいLP 税金関係 竹の浸食 自分史 買い物関連 通院関係 電気代 音楽 駄目なオーディオ 駄目なオーディオ関連 1970年代 BN再発盤 CAD図面 CDあれこれ CDソフト CDソフト100選 CDソフト200選 CDソフト600選 CD温故知新 DD盤関連 LP(モノ)あれこれ LPあれこれ LPソフト1000選 LPソフト500選 LP(45)あれこれ MERCURY CD