オーディオ関連

2017年10月15日 (日)

これぞ本物のオーディスト発見!!

コミュを見ていて↓アドレスが掲載されていたので気が付きました。

http://www.salogic.com/home-select.files/home-199.htm(ルームチューン・サムネイル)

最近サーロジックに掲載された方です。

全然気が付きませんでした(汗)。

何が凄いって全てが規格外です。

部屋の広さと高さが尋常ではなく桁外れなのです。

「天井の高さ8m、50畳の居間に並ぶハイエンド機器。部屋の周りをぐるりと囲む収納廊下がありリスニングポイントの後ろは二階に部屋があり、その一階エリアも連続した居住空間になっていて普通の部屋(天井高2.4m)に換算すれば200畳に匹敵するエアボリューム」とのこと。

詳しくは↑のアドレスでご覧になって下さい。

これを見てスケールその他及びも付きませんが我が家のレゾネーター構造(2階の部屋及び後方の(スキップフロア)1階部分の部屋に音が逃げる構造)が良いと言うことが改めて分かりました。

つまり資金的に余裕があればオーディオスペースは2階建て以上の高さを有して更に2階部分及び後方に音が逃げる構造が良さそうです。

単なる平屋建ての直方体構造で完全防音と言うのは難聴一直線でやはり最悪と思いました。

通常気になるデータもスペースに余裕があると影響は無視出来るほど小さくなるようです。

機材にお金を掛けたい気持ちはマニアと言う観点から分からなくはないですが(家の改造等に匹敵する)千万円単位?の余裕があるのならやはりスペース改善に優先投資すべきでしょう。

そして機材への投資は部屋(スペース)に応じて程々が宜しいようで...(つまり機材投資ばかりどれだけやってもスペース限界点の低さは克服出来ませんから)。

独り言でした。

| | コメント (0)

2017年10月 6日 (金)

傾斜天井の部屋のSP設置位置の巻

「傾斜天井の場合、スピーカーを天井が高い方かまたは低い方に設置するのが良いか賛否両論ありますので、私は自分の耳で確かめたく、我が家では両方の面に配置できるように設計しました。

半年程スピーカーの配置を変えて聴きこんだ結果、現在は天井の高い面にスピーカーを置いています。

音楽を聴いている時に、音響空間として天井が視覚に入らないのはなかなか良いものです」

と最近↑のような訳の分からない記事を見ました。

この文章を読んでこの人は音の流れの仕組みを理解していない、と思いました。

そもそも発音体の形状を良く見ることですね。

ラッパ類は口元が小さく出口が大きくなっています。

SPユニットも同様です。

更に言えば専用のコンサート会場は恐らく全てそうでしょう(勿論全て確認した訳ではないので断言は差し控えておきます)(又多目的ホールは別・・・ドーム会場は本来別目的使用なので論外)。

まぁ、我が家も4半世紀前にこの(傾斜天井の)オーディオルームを作る際、随分時間を掛けて無い知恵を絞って色々考えた結果、「傾斜天井がオーディオには効果的」と判断しこれを取り入れて設計士に依頼したモノです(高さは普通のマンションの倍は欲しかったので3~5mとした)。

当時は参考になるモノ(特にオーディオルーム等は皆無)が今と比べればホンと少なかったですから...。

で、ヒントになったのが↑のコンサート会場であったり発音体の形状です。

又グランドピアノも演奏内容によって上蓋(大屋根と言うそうですね)を開けて音量を上げたり音を飛ばす工夫が(3段階で)出来るそうです。

冒頭の「現在は天井の高い面にスピーカーを置いています。」と言っているのはそもそも発音体の仕組み・流れを全くご存知ないか若しくは出来上がった部屋に余程問題があるのかそれとも感性の問題(ごにょごにょ)か分かりませんが相当な見当違いをされていると思います。

そもそも「スピーカーを天井が高い方かまたは低い方に設置するのが良いか賛否両論あります」と言っておられますが私が今まで見て来た範囲ではそのような記述を目にしたことは一度もありません。

単にこのひと自身が検証結果(を誘導する目的・・・ステマか?)の為に「賛否両論あり」を利用したのではないかとさえ思えます。

これからオーディオルームを作られる方は先ずご自分の耳で確認するのが一番良いですが出来ないならしかるべき専門家(サーロジック等)に尋ねる等兎に角工事をやるまでが一番大事なので納得の行く筐体・構造を練って見て下さい。

更に出来れば単純な直方体ではなく+αとして消音(レゾネータ)機能を併せ持つ部屋構造が最大の効果を発揮します。

吸音ではなく消音ですので直方体の内側には吸音材は使わないと言った位徹底して下さい。

つまり音の逃げ場を有した筐体はライヴ環境かつ音の飽和をなくして気持ちの良い音楽鑑賞が可能になります。

蛇足ですが

「音楽を聴いている時に、音響空間として天井が視覚に入らないのはなかなか良いものです」とも言われていますが天井高が低い方で3mもあれば通常の鑑賞姿勢では視覚に入りませんけれど(爆)。

勿論上を見上げればどちらであっても天井は視覚に入りますよ。

あッ、そうそうもっと大事なことを忘れていました。

↑の設置だと天井からの反射音がモロにリスナー辺りへ集中して降り注ぐことになるので極めて不味いですね。

これで良いと言うのではホンと感性が疑われます(汗)・・・尤も趣味なので本人がそう思っているのであればそれで良いけれど...。

以上独り言でした。

| | コメント (0)

2017年9月30日 (土)

他人のオーディオルームを貶して楽しんでいる頓珍漢なひと

最近見た「記事ではなく皆が目を通すとは思えないレス」で鬱憤?を晴らしている●がいる。

それは

自分に出来ない夢を実現している人に対して最近読んだ本の著者(私は必ずしもそう言っていない、と思うが)に託けて

~~~~~~~~~~~

「狭い部屋」「大きな部屋(ホール)」です。

オーディオ専用部屋(音楽室?)は男の夢ですが、そのせっかくの部屋を剛直なフロア、吸音材でびっしり取り囲んだ壁、高過ぎる天井で響きを殺してしまうひとも少なくありません。

~~~~~~~~~~~

とか暗に貶してニタニタ笑っている?小心者(私は↑に思い当たる人いますが)。

己は○○オーディオとか言って左右非対称で天井も一部高いところのある歪な部屋でもルームチューンを一切やらず機器周りばかり弄って限界点の低いのを棚に上げ偉そうにモノ申している頓珍漢でアル中?の●。

ホンとエゴの人一倍強い性格が良く現れているネ。

| | コメント (0)

2017年9月27日 (水)

オーディオルーム建設は楽しくも難し!!

表題の件は今も昔も変わらぬようです。

ただ今は昔と違って目で確認出来るデータも豊富ですが施主がそう言う情報に疎いひとであれば結果は昔(の情報が少ない時代)と同じと言うことになる。

私が長いスパンで目にした失敗事例を纏めてみました。

ある程度建設が始まってからその専門の業者に意見を仰ぐ

こう言う人が今でも意外に多い。

これではある意味取り返しの付かない結果に繋がりかねない。

自分に自信(ノウハウ)がなく周囲のそれなりの専門分野のひとに頼んで出来上がった青写真でスタートしてから徐に情報発信して周囲の人から意見を聞いてもそれは遅きに失するのだ。

それをやる位なら最初から自分の考え方だけの段階で周囲の人の意見を仰ぎそれから更に専門分野の方に繋いで納得の行くモノを作る方がベターだ。

ベターだと言ったのは専門家と雖も全てを分かっている人などいないからだ。

この段階で出来るだけ時間を掛けて中身を検討吟味して揉んで行く。

良いモノが欲しかったら寸暇を惜しんでは駄目。

折角の大物の買い物です。

出来るだけ時間を割いてやりあうのが良い。

当然お任せは以ての外。

結果がダメでも文句のひとつも言えない。

議論し合っての結果であれば次へのステップに繋がる。

たまたま最近目にしたひとの壮大な建築プランを見ていると↑のように思えたのでした。

勿論全て自分の考えだけでやったモノよりはまぁ、多少は良いと思うけれどね。

素人の考えなどそれ程のモノではないことを自覚し良いパートナーを見付けて納得の行くモノを作って貰いたい、と思った今日この頃でした。

パートナーを探すのは結果を左右する最重要なことなのでアピール上手な似非専門家にはくれぐれもご注意を...。

上記を踏まえて優先すべきことは設計段階から的確な判断の出来る優秀な専門家を探して途中で変更しなくて済むように(建築の進み具合によっては勿論変更出来ないし、出来たとしても元々の設計家との折り合いが悪くなること間違いなし、です)致しましょう。

独り言でした。

| | コメント (0)

2017年9月16日 (土)

記事に関係ないレスを入れる非常識なひと

コミュを見たら↑のやり取りに遭遇した。

こう言う人って年齢に拘わらずいるのですね。

私も数年前に相互リンクを貼ってお互いにリアルでも交流をしていたひとから自分のブログで書けば良い内容を何の関係もない私の記事にレスとして寄こしたことがあった。

こう言ったことが何回も続いたので或る日、意を決してこう言うことはご自分の日記に記事として掲載されたら如何ですか、と言うような内容で返信したことがありました。

すると早速相互リンクを外すと言う行動に出たのですね。

呆気に取られましたがこれも潮時と思い私も外し、その後は一切関りなくなりました。

このひとは相当な「瞬間湯沸かし器」だと感じた次第です。

その後もコミュだとか見ていると色々問題行動が散見されたのでやはり縁がないひとだと思い関係を断ち切れて良かったと思った次第です。

最近見掛けないが、今はどうしているのかな...。

| | コメント (0)

2017年9月15日 (金)

最近のコミュで本物のオーディスト発見!!(3)

1年振りにコミュで発見しました(汗)。

今回の方は斜め天井・壁等対策がかなり具体的です。

1.音楽室平面図 基本プラン(9/14)

2.音楽室の建設案(9/14)…立体模型

~記事から抜粋~

傾斜壁は左右・前後ともシンメトリーではなく微妙にずらしているのは何の為か。・・・反射音がずれて届くので良くないと思うが...。

26.5畳で容積は150立米ほど(これで類推すると天井高は3mチョッとか)。

柱は150mmで柱の間隔は910mmです。・・・柱はやはり細いですね。壁振動は避けられない。

残響は0.4~0.6秒を考えている、と。・・・ややデッドな環境。

スピーカーの背面にはLV・SVパネルを効率良く配置する。・・・ただ模型ではリスナー後方になっている?(実際やって見て確認ですね)。

これをアップした方は長野の平蔵さんと言う方です。

詳しくは↑の記事をご覧下さい。

現状の開示程度ではどう言う雰囲気になるか予測出来ません。・・・まぁ、そんなに悪くなることはないと思いますが。

それはこの他にも不明なところが多々あるので読めないからです。

どんなところに相談した結果の完成図か分かりませんが仕上がりが楽しみですね(結構ネット上の先人の知恵を拝借したところも見え隠れします(汗))。・・・努力することは良いことです。

まぁ、何れにしても何も環境の対策せずに機器周辺ばかり弄っている連中よりはズ~っとレベルは上でしょう...。

それにしてもこんな夢のある記事に対して丸1日経っても1件もレス付かないとはこのコミュの連中はホンと下らないヤツばかりだね。

正直理解出来ないからだろうけれどね。

オーディオを究めたかったら先ずはこのひとみたいに環境作りに挑戦しなくては何も見えて来ない(勿論全てが上手く行くとは限らないが...)。

機械ばかり更新しまくっている●の●の小さい●には分からないだろうね。

私はこのひとの先行きを是非見てみたい。

追記

9/17

電気工事は出水電器に、部屋構造や部材はサーロジック社に援助いただく予定だそうです。

| | コメント (0)

2017年9月12日 (火)

音の焦点合わせ

表題の「音の焦点合わせ」の為には何が必要か。

何はさておいても空間の形状でしょう。

基本は左右シンメトリーが原則で天井・壁は傾斜がベストです。

勿論他にも色々あるけれど空間はライヴとし間違ってもデッドにしないこと。

デッドにすると音楽の生気が失われ最悪です(詰まらない音になる)。

その後は空間に色々なモノが入って来るのでやるべきことはルームチューニングです。

これで音の焦点合わせは可能です(リスポジはピンポイントではなくエリア(ゾーン)で可能になる)。

間違っても(一部で強弁している人がいるようですが)ケーブル長で決まる訳がありません。

ケーブル長は「ゼロ」が最も良い訳で接続の為に止むを得ず必要な長さのケーブルを利用せざるを得ないのが実情です。

と言ってゼロの為にと言ってパワー・プリ同一筐体(同梱)が良いかと言うとそれが全てではない。

同一筐体にすると別の克服しなくてはいけない問題が出て来るので分離型との見極めは個々に判断せざるを得ません。

最後に別の話題ですが電源ケーブルの長さは不明ですが1本何十万もするビックリ価格のケーブルの内容が判明しました。

たまたま過電流によってプラグが溶けたので解体したようですがその中身は何と普通の銅線でした(汗)、と言う話です。

まぁ、ブランド名で盲信する可能性が高いこの摩訶不思議な世界ですからこう言った馬鹿げた価格でも売れるのでしょうね~。

買った人は当然思い込み・刷り込みがあるのでやはり違うね、と言う評価に流されるのでしょう。

ケーブル1本に何十万も注ぎ込める人は少数だと思いますがホンと怖い世界です。

そもそもケーブルで音が変わり過ぎるのはキャラが濃い証拠ですから私は使う気にはなりません(勿論買えませんが...)。

この趣味は人それぞれですから好きにやれば良いですが...。

独り言でした。

| | コメント (0)

2017年9月11日 (月)

真空管の話

今でも真空管の人気は高いようですね。

私もかつてはアンプ全て真空管式で揃えて予備としてペアは勿論クアッドで揃えていました。

それも1990年まででその後はトランジスターに移行して現在に至っています。

真空管の予備(新品)は最大100本位ありましたが全て処分して今は新品手持ちはありません。

残っているのは使って(中古になった)いた真空管15本をオブジェとして木製の台に刺して飾っています。

中にはゴールドライオンのKT88も4本あります。

私が真空管を止めた切っ掛けはやはり本物が少なくなった、と言うことに尽きます。

これが今から27年前のことですから今真空管式に取り組んでおられる方ははっきり言ってその時以上にまともなモノの確保は難しいと思います。

ソ連・ロシア製などは当時でも紛い物扱いでしたし、中国製などは噴飯ものでした。

それが今では本物がないモノだから↑の類も大手を振っているようです(汗)。

オリジナルをどこから入手しようが碌なモノがないと思った方が無難です(新品でも間違いなく経年劣化は始まっています、だから使用した途端ダメになったと言う例が多くあるのです)。

今更真空管式を崇めて悦に入ることもないと私は思います。

↑の通りリスクが多過ぎますから...。

特にパワー管は静特性と動特性の違いがモロに出ると思いますので静特性が揃っているからと言って無暗に信じない方が良いです。

私もその昔、真空管試験機なるモノも持っていましたが結局使うことなく処分しました。

真空管も存分に使って来ましたのでその長所・短所も分かりましたのでトランジスターになった現在全然真空管が恋しいとは思いません。

安定性で言えば比較にならない位トランジスターの方が上ですしね。

フィラメントの煌めきに癒されると書かれている方も多いようですが音楽聴く時にいつも眺めている訳ではないでしょうし、そう言ったことは音楽再生とは何の関係もないことですから私は(一過性のこととして)とっくの昔に忘れてしまいました。

(ダメ)球の放浪をする位ならその分蓄えて良いトランジスターアンプを買う方が良いと私自身は思っています(まぁ、趣味ですからお好きなようにと言うしかないですが)。

独り言でした。

| | コメント (0)

2017年8月31日 (木)

アクセ使いは「ど壺」に嵌るの巻

この世にはアクセ(アクセサリーのこと)が溢れ返っています。

今回話題にするアクセとはオーディオに関するアクセのことです。

表題の如くアクセ使いは結局アクセに振り回され負のスパイラルに陥り何をやっているのか分からなくなるのが関の山です。

アクセなどと言うモノは本来やるべきルームチューニングや電源等の基本部分の対策等を徹底的にやった後で決めの一手とも言うべき少量のスパイスを利かせる程度のことであってアクセ(多)利用をして変化したからと言って良くなったと勘違いしているのでしょう。

だから多くの場合時間が経過して冷静になった時ふとしたことで気付きがあってドンドン削いだ結果却って良くなった・・・振り返ってみればそれは元の状態~少しだけアクセ利用した状態の時だった、何て言う笑うに笑えない話が実に多い。

人は周囲の(玉石混交)話に実に左右され易いモノです。

コミュニティのようなヴァーチャルな付き合いから始まってリアルに変化したとしても結局は付き合いの中での変化に過ぎない(そう言うものは素人の集団なのだからホイホイ乗る話では決してないことを自覚するべき)。

そもそも環境(含むルームチューニングのレベル)や電源環境、引いてはシステムも違うのにどうしてそんなにさっさと真似をする気になれるのか私にはさっぱり理解出来ない(資金に余裕があるのでしょうね・・・ただし気持には余裕がないから直ぐに手を出す)。

つまり信念・自覚と言うモノがないからだろう。

今までも何度となく言って来たけれど付き合いは構わないけれどアドバイスはしかるべきレベルの人(選ばれし人)少数の人に限定し、やって行く方が良い。

それもそれぞれの専門分野に限定するべき。

そう言う人たちでさえ全てが分かっている訳ではないのでその間隙をどう埋めて判断するのかが最終的に自分に与えられた試練だと思いますね。

まぁ、「船頭多くして船山に上る」ことのないようにしっかり判断出来る自己研鑽が必要かと思います。

独り言でした。

| | コメント (0)

2017年8月28日 (月)

SRCとジッターについて~AIT LABOの記事

8/26付のブログに下記の記事がアップされていました。

~~~~~~~~~~~

DACの音質の劣化要因としてジッターが注目されていますが、それの対応策について私見を述べたいと思います。

S/PDIF接続時は原理的に音源に依存したジッターが発生します、またI2S接続時は原理的には発生しませんが電源、Xtalk等によってジッターが発生します。

ジッター抑圧方法として以下を比較します。

1 PLLを用いたジッタークリーナー方式 

2 ESS社方式

3 dara rate(Sampling Rate) Convertor方式

4 AIT方式

1 PLLを用いたジッタークリーナー方式

最も容易に構成できるが、アナログ素子で設計した場合抑圧量が不十分なため音質改善効果は少ない。

また位相比較器の特性、再生clockのフリーランC/Nで抑圧量が制限される。 

2ESS社方式

理論的には1と同様と思われる。

ただしDPLLを採用しているので、音質改善に必要な十分なジッター抑圧量になるようBWを可変(LOWEST)できる。

LOWESTに相当する定数(fn=0.01Hz程度)はアナログ素子では実現不可能。AITDACのPC(=PLL)モード時のfnは2Hz程度

3 dara rate(sampling rate) convertor方式

AD1896、SRC4192、AK4137に用いられている。

clock周波数を変えるのではなく、異なったsampling周波数でも入力信号と同じになるようデジタルフィルターで変換しdataを出力する。

つまり入力にジッターがある場合ジッターを含んで変換するので音質改善は少ない。測定用Jtest信号で見かけ上改善するがスペクトラムの裾が広がり改善が少ないことを示す。

デジタルフィルターの係数検出は周波数比としているため、入出力clock周波数整数倍の差が少なくジッターがない場合は正しく変換される。

4 AIT方式

FiFO方式(フリーランでは無く制御された)であるため基本的にはジッター抑圧効果は大きい。

一般にはこの方式は入出力の時間差が大きくなる(数秒)ため映像音声同時鑑賞には適しないがAITは最大50ms程度であるので支障なく鑑賞できる。

また3MODE VCXOを採用しているのでジッタークリーナー方式と同様な動作も可能。

ES9038PRO/K2M使用DACでは、標準動作をNBW(DPLL=>OFF)としDSD1024でも動作可能になっている。

ジッター抑圧をFPGAで行っているのでES9038PRO/S/K2Mに限らず他DACチップでもジッター抑圧機能は不要となっている。

5まとめ

簡易な言い方をすれば1,2,4のデジタルデータ出力は変わりませんが3はデジタルデータが変化して出力されます。

つまり3を用いてES9038PRO等に入力しても変化したデジタルデータの音になります。

~~~~~~~~~~~

私はAIT DACを使用してその後にFN1242Aチップを使ったDACを利用していますが、確かにFN1242Aチップを使ったDACはジッタークリーナー方式である為ジッター抑圧効果は少ないと思う。

ただしその音味に魅了されたので現用している。

願わくばこのDACにAIT方式のジッター抑圧方式を組み合わせることが出来れば最高かなと勝手に思っています。

何れにせよ、AKM社製のチップ搭載のCDP等には全く興味はない。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お尋ね山野草名 | お気に入りアーティスト | お気に入り(ステレオLP) | お気に入り(モノラルLP) | お気に入り(CD) | お知らせ | これっ、ご存知!? | その他風景 | ぼやきシリーズ | アクセス解析 | アバター | ウェブログ・ココログ関連 | オーディオ関連 | サーロジック・デモルーム | サーロジック・ブログ関連 | スーパーアナログディスクシリーズ | タクシー利用 | ニュース | パソコン・インターネット | フーテン老人徘徊記 | ブログネタ | モノラル盤ソフト50選 | ヤフオク面白笑劇場顛末記 | リハビリ散歩 | ルームチューン関連 | 不法投棄 | 健康関連 | 出来事 | 分電盤関連 | 四季の花々 | 夢のSP物語 | 富士山写真集 | 富士山定点観測 | 富士山番外編 | 市役所関連 | 年金シリーズ | 庭関係 | 心と体 | 我が人生に悔いあり!?それともなし!? | 我が家の今年の10大ニュース | 文化・芸術 | 朝聴くシリーズ | 本(オーディオ関係) | 検索ワード | 残しておきたいLP | 税金関係 | 竹の浸食 | 自分史 | 買い物関連 | 通院関係 | 電気代 | 音楽 | BN再発盤 | CAD図面 | CDあれこれ | CDソフト | CDソフト100選 | CDソフト200選 | CD温故知新 | DD盤関連 | LP(モノ)あれこれ | LPあれこれ | LPソフト500選 | LP(45)あれこれ | MERCURY CD