年金シリーズ

2017年9月 7日 (木)

扶養親族等についての個人番号申し出の件~日本年金機構

9/5、↑に拘わる書類が日本年金機構から送られて来ました。

私自身扶養親族はいませんので関係ないのですが問題は関係する方についてのことです。

税制改正によって受給者本人及び扶養親族等の個人番号が必要になったとのこと。

マイナンバーカードの申請を行っていない場合には通知カードに記載の番号でも良いとのこと。

扶養親族等がいる場合は個人番号の提出がない場合は扶養控除の適用が受けられないとのこと(税金が掛かると言う意味)。

マイナンバーカードの受付そのものも義務ではないなどと当時言われていたし、現状でもマイナンバーの普及率は相当低い(’17/3/8現在8.4%)と聞いている。

こうした中で税制改正何て言われても殆どの人には恐らく寝耳に水のことでしょう。

普及率を上げる為には「脅し=税金掛けるぞ」でも何でも良いから利用出来るモノは利用して普及拡大に努めようと言う魂胆が見え見えだ。

こう言う風にして情報収集して行くと役人の狙いどうりにはなるかも知れないけど今までの仕事振りを見ても管理杜撰で結果責任を負わない役人に任せていると情報ダダ漏れのとんでもなく悲惨なことになりかねない、と思うのは私だけでしょうか。

ホンとマイナンバーカード何て悪しき制度と言わざるを得ない。

| | コメント (0)

2017年6月10日 (土)

日本年金機構からのお知らせ

昨日↑のハガキが届きました。

内容は今月支給分から今後1年間の年金額改定通知です。

それによると減額幅は▲0.8%でした。

年額にして▲¥1,800.-強(月額勘案▲¥155.-強)でした。

事前の報道ではもう少し減るのかと思っていたがこの程度で済んだのは幸いでした(尤も今後減ることはあっても増えることはなさそうなので少ない方が良いけれど)。

'

| | コメント (0)

2015年6月12日 (金)

日本年金機構からの大切なお知らせ(’15)

本日やっと今月支給分からの年金額改訂通知書が届きました(支給日の3日前です(汗))。

何度もニュースで見たマクロ経済スライドとかで100%物価スライドはしていません。

3月までの額に比べ+0.9%に止まっています。

まぁ、それでも幾ばくか増えたので足しにはなるでしょう。

ひとこと言うとすればもう少し早くお知らせ出来ないのかね~。

| | コメント (0)

2014年10月11日 (土)

日本年金機構より通知が来た

今朝散歩から帰って来て郵便受けを見たら↑が入っていました。

中身は振込金額の変更です。

内訳は介護保険料の減額と個人住民税が今回より特別徴収されることになったのでそのお知らせです。

結果減額に伴い所得税が増えました(汗)。

何れにしてもビゲン(微減)ヘヤカラー(古い!)の世界です(汗)。

| | コメント (0)

2013年12月 8日 (日)

年金額改定通知書(年金振込通知書)が来た。

昨日音楽ソフトと一緒に郵便屋さんが届けてくれました。

今月振込に当たり予定通りの減額のお知らせです。

尤も来年の6月には再度の減額があります。

毎回微々たるものとは言え、収入が減って喜ぶ人はいません。

この金額の範囲内でやって行くしかないのです。

辛いけれど仕方がありません。

減った分は食事代を減らすか、ソフト代を減らすか、の二者択一(他には削減出来るターゲットがない)になりますが私は迷わず食事代を減らします(汗)。

| | コメント (0)

2013年6月12日 (水)

日本年金機構から葉書が...。

昨日待ちに待った年金振込通知書が届きました。

私の誕生日の関係で今月から年金額がアップする予定なのですが一向に通知が来ないのでヤキモキしていました。

理由はその前に条件の見直しの葉書が来ていてそれを提出しての扱いが正常にされているか心配だったからです。

年金機構の過去の不手際を知っている私は中身を見るまで全然安心出来ませんから...。

今は何と言っても年金だけが頼れる収入源なので...。

待っているこの2~3日はホンと長く感じた(汗)。

今月は支給日の15日が土曜なので一日前倒しの14日が支給日です。

そんなにギリギリにならないと発送が出来ないのかと届いた今も釈然としない(恐らく自分がその立場にならないと分からないでしょう。・・・つまり少し前でも届けば良いと思っているからだ)。

発送が日本郵便経由なのでこれも(日本郵便を信用していない)私にはイライラの原因となります。

さて中身を確認すると私の予想より若干増えていました(当てずっぽうだったので)。

次回支給の8月で私の生涯年金支給額は確定します(後は物価スライドがあるだけ)。

又同時に市・県民税の通知が来ました。

これは根拠なく多目に予定していましたので結果は大きく下回ってくれました。これでCDが買える...(爆)。

後残っているのは国民健康保険税だけか(到着予定は7月中旬?)。

ただその喜びも束の間のことになりそうです(汗)。

それは今年の12月の支給額から物価スライドによる減額が実施されるからです。

そしてその減額スケジュールが延々と続きます。

H25.10月分(12月支給)▲1.0%、H26.4▲1.0%、H27.4▲0.5%だそうです。 

この計算ですと私の場合折角増えた国民年金額分は来年以降吹っ飛び更にH27.4以降は間違いなく現行より減ります。

つまり僅か8、10月支給の2回分だけ夢を見させて頂く訳です(。>0<。)。

| | コメント (0)

2013年2月10日 (日)

日本年金機構からの葉書

昨日郵便受けに入っていました。

が昨日は庭の整理段階では郵便屋さんが来なかったので気が付かず今朝散歩から帰った時に確認したモノです。

中身は年金振込通知書です。

今回は復興特別所得税が加わりますので幾許かは税金額が増えるのだろうなと思っていました。

昨年6月から支給額も増えているのでこの程度は仕方がないと思っていました。

税金はキチンと活かして使って貰えればそれで結構です。

と思いながら剥がして見るとあれぇ~、税額が減っている。

何でだろう~、何でだろう~と不思議に思っています。

増えることはあっても減ることはないと思っていましたから...。

税率が変わった訳でもあるまいし...。

金額は元が少ないので大したことはありませんがそれでもCD1枚分は減りました。(爆)

年金受給者の皆さんのところは如何ですか。

| | コメント (0)

2012年6月14日 (木)

日本年金機構から封書が...

昨日又日本年金機構から封書が届きました。

はてさて何でしょうか。

開けてみると「年金保険 支給額変更通知書」でした。

見たらこう言う書類は以前にも頂いたことがあるけれどどうしてこんなに多様な書類を別々に送って来るのでしょうか。

人の金を使っているからコスト削減意識がないのでしょう。

封書と葉書を一緒にして封書に入れて送れば3通が1通になって削減出来ると素人は思うけれど如何でしょうか。

今までの杜撰な管理を考えるとこれ位はどうってことない感覚なのでしょうか。

因みに年金を頂いている方は確認されればお分かりのようにこの書類は合計額とその根拠の加入期間と平均報酬月額が記入されているモノです。

2日前に届いた「同 年金額改定通知書」は従来の金額が物価スライドにより改定されたと言う内容です。

同時に来た「年金振込通知書」で今月からと次回8月からの支給額が記入されています。

厳密に言えば全て違う内容ですが送付位纏めた方が良いのではと言うお話です。

先ずは無駄を排しましょう。

| | コメント (0)

2012年6月12日 (火)

年金額の改定通知書並びに振込通知書来たー!!

6/11、待ちに待った↑の到着で~す。 

先週辺りに来るのかと思い、短い首を長~くして待っていたのですが来なかった。゚゚(´O`)°゚

こうなったら6/15ギリギリ位には来るだろうと腹を括って待っていました。(昨年、改定通知書は6/6に来たので今年は遅い)

だから昨日庭の整理をしていても郵便配達が来たことには気が付かなかった。独特のバイクの音なので普段は気が付くのですが...。

まぁ、それ位夢中になって庭の整理をしていたってことですね。(本当は電動バリカンの音で聞えなかっただけ??)

だから期待せずに整理を終えて郵便受けを見た時日本年金機構の葉書が2通入っていたのが確認出来た時は嬉しかったね~。( ^ω^)おっおっおっ

一応段階的にも今月から年金額が増え、更に8月から厚生年金が満額支給になることは分かっていたけれど今までの年金機構の仕事振りや積もり積もった不信感から実際に目で見て確認するまでは安心出来なかった、と言う訳です。

で、中身を見て一安心です。

一方今年から支給額が物価調整によって(大した金額ではないが)減額されることも分かっていたがこんなモノ満額支給に比べれば屁みたいなモノだ。

私の場合、毎支給時\2,000.-強の減額となった。

これでこの先の生活スタイルの輪郭が見えて来たので机上の計算から一歩進んで計画が具体的に進められる。

今までは毎月赤字の生活だったけれど8月からは幾許かの黒字転換が可能となる。(厳しい節制は続ける必要があるけれど...)

節制を続ける必要があっても±では気持ち的には大いに違うのでこんな嬉しいことはない。

これで体がもう少し自由度が増せば言うことはないのだけれどない物ねだりはしても仕方がないので更なる悪化の進行だけは抑えられるようにしたい。(願望であって実際は無理かも...)

これでやっと最低年金額の生活とはサヨナラ、です。

これからは普通の明るい年金貧乏生活だ。

と言うことで貧乏には違いないけれどステップアップして夢と希望が叶えられる、つまり楽しい生活が可能となるポジティブな貧乏へ一歩前進したと言う訳です。(v^ー゜)ヤッタネ!!

因みに1年後は65歳になるので国民年金が同様にアップします。こちらは精々数千円程度ですが...。

日々の生活はネガティブであるよりはポジティブである方が楽しいに決まっている。

年金額の満額支給こそ元気の源です。何はなくても矢張り最低限の資金はなくっちゃ...。

| | コメント (0)

2011年6月 8日 (水)

年金額改定通知書が来た。

今年度年金額減額の決定に伴い6/6、日本年金機構から↑の通知書が来た。

私の場合、年額で¥6,000.-弱の減額となりました。予想された額とは言え、減るのは辛い。

何しろプラスαがないのでその分生活を切り詰めるしかないのです。(´;ω;`)ウウ・・・

年金制度そのモノが瓦解し掛っている現在、受給開始年齢の引き上げが議論されているけれど何をやるにしても

官民格差がない状態にすることが先決である。制度が不平等では論外である。

私は既に済んだ人間なので今更言っても始まらないが、年金支給開始年齢以降の再就職時民間と公務員で年金支給額の対応が違うと言う様なことは即時撤廃して貰いたい。

この国はいつまで官尊民卑を続ければ気が済むのか。o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

又通常の給料に値する報酬にしても一流大企業に倣って水準を決めるなどそれだけの能力を有しない役人を何故そんな高給で遇しなければならないのか理解に苦しむ。

まともな仕事も出来ず、年金財政を破綻させてもその責めは誰も負わない。

この国の官僚のやっていることは全て滅茶苦茶の無茶苦茶ですよ。

国民も黙っていないでもっと怒らないと益々彼らを付け上がらせるだけです。

その上に乗っかっている議員はどうしようもないアホばかりだし。

大体議員年金などと言うモノ自体手を付けられないで国民の年金ばかり弄ってどうする積りだ。お手盛りも好い加減にせよ。

又、

民主党のトロイカ体制とか誰かが言っていたけれど、トロイカではなく「とろい」体制でしょう。何にも決められないし、実行出来ない報酬盗人のロクでもない連中だ。

私は彼らの地元の支持者に対しても憤りを感じます。

どうしてまともに仕事をしない人を選び続けるのか理解に苦しむ。あなたたちが選んだ人が国会で何をやっているか良く目をかっぽじって見て下さい。

その他の地域のモノから見たらとても選良とは思えません。単なるアホだ。

もっとまともな日本にしようではありませんか。

~~~~~~~~

中身が随分ずれてしまいました。お許しを...。m(_ _)m

追記

それにしても年金の受給開始年齢引き上げはとどのつまり国は年金を集めるだけ集めて払いたくないだけです。(皆が死ぬのを待っている)・・・またぞろ箱モノでも作るのか??

単純に今40歳未満の人が子供の頃どう言う食生活をして来たかを考えれば今以上に平均寿命が向上するなどとは到底思えない。

偏食・インスタント食品・スナック菓子等々少なくとも団塊の世代より上の世代とは隔世の感があります。

寝たきりで長生きしてもそれは誰も幸せにならない。

この国は本当に変な国になってしまった。

こんな国にしてくれと誰も頼んでいないよ~。

| | コメント (4)

その他のカテゴリー

お尋ね山野草名 | お気に入りアーティスト | お気に入り(ステレオLP) | お気に入り(モノラルLP) | お気に入り(CD) | お知らせ | これっ、ご存知!? | その他風景 | ぼやきシリーズ | アクセス解析 | アバター | ウェブログ・ココログ関連 | オーディオ関連 | サーロジック・デモルーム | サーロジック・ブログ関連 | スーパーアナログディスクシリーズ | タクシー利用 | ニュース | パソコン・インターネット | フーテン老人徘徊記 | ブログネタ | モノラル盤ソフト50選 | ヤフオク面白笑劇場顛末記 | リハビリ散歩 | ルームチューン関連 | 不法投棄 | 健康関連 | 出来事 | 分電盤関連 | 四季の花々 | 夢のSP物語 | 富士山写真集 | 富士山定点観測 | 富士山番外編 | 市役所関連 | 年金シリーズ | 庭関係 | 心と体 | 我が人生に悔いあり!?それともなし!? | 我が家の今年の10大ニュース | 文化・芸術 | 朝聴くシリーズ | 本(オーディオ関係) | 検索ワード | 残しておきたいLP | 税金関係 | 竹の浸食 | 自分史 | 買い物関連 | 通院関係 | 電気代 | 音楽 | BN再発盤 | CAD図面 | CDあれこれ | CDソフト | CDソフト100選 | CDソフト200選 | CD温故知新 | DD盤関連 | LP(モノ)あれこれ | LPあれこれ | LPソフト500選 | LP(45)あれこれ | MERCURY CD