お気に入り(ステレオLP)

2019年2月20日 (水)

日吉ミミのアルバム

今日紹介するのは日吉ミミです。アルバムは失恋/日吉ミミオリジナルを唄う(第1集)(’71)です。

Ⅰ 

1.失恋

2.待ちくたびれた女 

3.涙唄・別れ唄・子守唄 

4.おんなの街角 

5.ひとの一生かくれんぼ 

6.博多たずねて

Ⅱ 

1.大阪恋歌 

2.裸足でごめんなさい 

3.港町・涙 

4.眠れない子守唄 

5.うちあけたいのに 

6.ミミの子守唄 

彼女独特の声は何度も聴いていると癖になる。

これは立派な魅力でしょう。

もう今では聴くことすら叶わない彼女のアルバム大切にしよう。

| | コメント (0)

2019年2月19日 (火)

JEFF BALLARDのアルバム

今日紹介するのはJEFF BALLARDです。アルバムはFAIRGROUNDS(’19)です。

メンバーはJEFF BALLARD(ds)、LIONEL LOUEKE(g)、KEVIN HAYS(p)、REID ANDERSON(b)です。

USトップ・ドラマーのジェフ・バラードが、ソロ名義2枚目となる衝撃的なアルバムを発表。

ジャズ/インプロ/ロック/エレクトロからアフリカンまで飲み込んだ、自由な冒険精神とプリミティヴな衝動、そして知的興奮がリスナーを突き動かす、会心の一枚。

ブラッド・メルドー/チック・コリア/パット・メセニーと共演し、その独創的かつ冒険心溢れる演奏スタイルで知られる米国のトップ・ドラマー、ジェフ・バラード。

彼にとって2作目となるリーダー・アルバムが「NEW MUSIC NEW THINKING」を掲げてヨーロピアン・ジャズを刷新する英国のレーベル、エディション・レコードからリリース。

強力な布陣で作り上げた本作は、自由かつイマジネイティヴな冒険精神に満ちた、ジェフ・バラードのキャリアでも重要作となる一枚~ネット。

1.GROUNDS ENTRANCE

2.YEAH PETE!

3.TWELV8

4.I SAW A MOVIE

5.HIT THE DIRT

1.MARCHE EXOTIQUE

2.GRUNGY BREW

3.MIRO

4.CHEROKEE ROSE

今まで余り聴いたことがないような斬新な感覚が味わえます。

静謐で深遠な音楽、と思いきゃ軽やかなドラミングが出て来ます。

ハードタッチではないけれどノリノリでスピード感豊かな演奏に心奪われます。

↑の説明にある中で私は「知的興奮がリスナーを突き動かす」と言う表現が腑に落ちました(抑制的で内面(深層)重視の演奏)。

色々な要素が取込まれているアルバムなのでひと粒で二度(以上)美味しい感じで楽しめます。

楽しいアルバムです。

| | コメント (0)

2019年2月18日 (月)

LINDA RONSTADTのアルバム

今日紹介するのはLINDA RONSTADTです。アルバムはLIVE IN HOLLYWOOD(’80、’19)です。

これはRHINO盤です。

ウエスト・コーストの永遠の歌姫、リンダ・ロンシュタット初のライヴ・アルバムが遂にヴェールを脱ぐ。

1967年のデビュー以降、彼女のキャリアの中でも初となるライヴ・アルバムが、今ここに届けられる!

80年にアメリカのTV局であるHBOの特別番組用に収録されていたリンダ・ロンシュタット初のライヴ・アルバムが、アナログ盤でも登場!

◆当時の音源から、リンダ・ロンシュタット本人が選んだ全12曲を収録、内3曲は彼女の様々な作品に収録されていた音源なのだが、他9曲は今回が初出となる、未発表ライヴ音源となっている。

BLUE BAYOU(邦題:ブルー・バイユー)」や「POOR POOR PITIFUL ME(邦題:私はついていない)」、「IT’S SO EASY(邦題:イッツ・ソー・イージー)」といった大ヒット曲はもちろんのこと、全米#1シングル「YOU’RE NO GOOD(邦題:悪いあなた)」の6分間にも及ぶライヴ・ヴァージョンや、今回のライヴ直前にリリースされたばかりの『MAD LOVE』から「I CAN’T LET GO(邦題:アイ・キャント・レット・ゴー)」や「HOW DO I MAKE YOU(邦題:ハウ・ドゥ・アイ・メイク・ユー)」、「HURT SO BAD(邦題:涙がいっぱい)」といった楽曲も収録、まさにベスト選曲とも言える内容となっている。

◆リンダ初となるこのライヴ・アルバムは、ほぼ実現不可能だった状態から奇跡的なめぐりあわせによって今回リリースされることになったという。

失われたマスターテープの行方をホッケーの練習場で見つけ出したとのこと~ネット。

SIDE A

1.I CAN’T LET GO *

2.IT’S SO EASY

3.WILLIN’ *

4.JUST ONE  LOOK  * 

5.BLUE BAYOU

6.FAITHLESS LOVE *

SIDE B

1.HURT SO BAD *

2.POOR POOR PITIFUL ME

3.YOU’RE NO GOOD *

4.HOW DO I MAKE YOU *

5.BACK IN THE U.S.A *

6.DESPERADO *(* 未発表曲)

私は彼女の歌が好きでLPを7枚、CDを6枚持っていますが今更ながら改めて確かにライヴ盤はなかったことに気付きました(汗)。

また私にとってもこの盤は彼女の中で2番目に古い、言い換えると彼女の若い時の録音です。

ですから声が実に若々しい。

いつも聴いていた声と明らかに違って実に新鮮かつ力強くダイナミックです。

このテープの発見が実にドラマティックであるように39年後に再生音として楽しめるなんてとてもこれもドラマティックで何て素敵なことでしょう。

初出ですのでサウンドは実に鮮烈でライブ会場の雰囲気も良く伝わって来ます。

奇跡の良いアルバムが手に入りました。

| | コメント (0)

2019年2月17日 (日)

五輪真弓のアルバム

今日紹介するのは五輪真弓です。アルバムはウィンド・アンド・ロウズィズ(’87)です。

1.WIND AND ROSES 

2.恋・・・ふたたび 

3.幻想 

4.海へ 

B 

1.そしてさよなら 

2.ミッドナイトレーサー 

3.ハンティングガール 

4.恋しさは今 

5.哀しみよ こんにちは 

比較的新しいLP(と言っても30年チョッと前)で所謂デジタル録音です。

ただこのLPはデジタル臭さは余り感じられませんね。ちょいと見直しました。

伸び伸びとした彼女の声が魅力的に味わえます。

| | コメント (0)

2019年2月16日 (土)

荒木一郎のアルバム

今日紹介するのは荒木一郎です。アルバムは君に捧げるほろ苦いブルース(’75)です。

1.君に捧げるほろ苦いブルース

2.寒多米利ツイスト

3.荒木一郎の恋歌

4.6月

5.要通りの踊子

1.ジャニスを聴きながら

2.どっちみち檻の中

3.雨のニューオルリンズ

4.ストリートソング

5.りんどばーぐスペシャル

変な事件を起こさなければもっと活躍出来ただろうに残念なことですね。

人間って名誉・地位に関係なく変な事件を起こしてその時の存在感を失くすことがあるのは古今東西ホンと変わらないですね~。

でもそんな中でも彼の歌はさらりと歌っているようでとても良い雰囲気を醸し出しています。このアルバムなど私は好きです。

| | コメント (0)

2019年2月15日 (金)

KEITH JARRETTのアルバム

今日紹介するのはKEITH JARRETTです。アルバムはMY SONG(’78)です。

メンバーはKEITH JARRETT(p)、JAN GARBAREK(sx)、PALLE DANIELSSON(b)、JON CHRISTENSEN(ds)です。

1.QUESTAR

2.MY SONG

3.TABARKA

1.COUNTRY

2.MANDALA

3.THE JOURNEY HOME

切れ味の良いアルバムです。 

力強く歌い上げて聴くモノを圧倒します。

ホンとこの時期の彼らの演奏は特筆モノです。

| | コメント (0)

2019年2月14日 (木)

ENRICO MACIASのアルバム

今日紹介するのはENRICO MACIASです。アルバムはENRICO MACIAS AL OLYMPIA ’68(’68)です。

1.いつも心に

2.ルフラン

3.心の兄弟

4.愛は二人のために

5.靴のかかとに

6.北国の人々

7.愛の生命

1.君を見るとき

2.プレリュード

3.ジプシーのかがり火

4.日曜日の大金持ち

5.哀愁のイエルサレム

8.ウイとノン

これは私が音楽に興味を持った最初期の頃買ったモノです。

音質も申し分なく良い。

ライヴの響きがとても良く出ている。

彼のアルバムはこの前に「わかっているよ」をシングル盤で買った記憶があります。

さてこの盤は日本盤(赤盤)ですが殆んど痛みもない奇麗なままです。

しかも帯付きです(爆)(ヤフオクではこれのあるなしで価格が違うのですね。・・・当時はそんなことお構いなしに面倒なので大体破って捨てていました(汗))。

これはたまたま難を逃れていたようです(爆)。

残っていて良かったアルバムです。

| | コメント (0)

2019年2月13日 (水)

EDDIE ’CLEAN HEAD’ VINSONのアルバム

今日紹介するのはEDDIE ’CLEAN HEAD’ VINSONです。アルバムはKIDNEY STEW IS FINE(’69)です。

メンバーはEDDIE VINSON(vo、as)、HAL SINGER(ts)、JAY MESHANN(p)、T-BONE WALKER(g)、JACKIE SAMPSON(b)、PAUL GUNTHER(ds)です。

1.SOMEBODY SURE HAS GOT TO GO

2.OLD KIDNEW STEW IS FINE

3.I’M IN AN AWFUL MOOD

4.PLEASE SEND ME SOMEBODY TO LOVE

5.THINGS AIN’T WHAT THEY USED TO BE

1.OLD MAID BOOGIE

2.JUST A DREAM 

3.WAIT A MINUTE BABY

4.WEE BABY BLUES

5.JUICE HEAD BABY

これは良い。

40年以上前のアルバムです。

私も’90年頃親しくしていた中古屋から纏め買いしていた中に入っていた。

当時は全く知らない人なので気にもしていなかった。ただこれの元の持ち主が相当拘って収集していたと聞かされていたのでそれなりに珍しいモノかなと思っていたことは事実です。

その方が亡くなった後、家人がこの中古屋へ持って来たと言うことのようです。

私もバブルの絶頂期で一度行くと大体10枚前後を纏め買いしていました。

電話で前以て準備して貰って翌週辺りに買いに行くと言うスタイルでした。

そう言う良き時期もあったのです(爆)。

これは録音も良いし、何よりも演奏の鮮度が良い。ストレートな音がビンビン伝わって来る少し昔の録音形態を彷彿とさせる名盤です。

発売年↑はシリアルNOがDELMARK DS-631と表示されていましたのでネットで調べて分かりました。

状態が良いのが何よりです。儲けモノ!?

| | コメント (0)

2019年2月12日 (火)

DON RANDY AND QUESTのアルバム

今日紹介するのはDON RANDY AND QUESTです。アルバムはNEW BABY(’79)です。

これはSHEFFIELD LAB 12(DD盤)です。

1.EASY

2.NEW BABY

3.IF YOU NEED IT

1.NORWEGIAN WOOD

2.LITTLE CHILDREN

3.FUNKIN’ AROUND

4.SALSALIDO

これは凄まじいパンチが飛び交うアルバムです(要するに弩迫力なんです)。

ジャズがこんなに活き活きと演奏されれば言うことなしです。

SHEFFIELD LABのアルバムはその時々に置いて普通のジャケだったり、また↑のアルバムのようにしっかりした箱に入っているモノもある。

時系列的に追っ掛けて確認していないので初期・中期・後期で分かれているのかその辺は全く分かりません。

入れ物以上にその中身は先ず裏切らない素晴らしい演奏が収録されていると言うことは間違いない!!。

その意味では時間が経っても安心して楽しめる素晴らしいアルバムと言えます。

| | コメント (0)

2019年2月11日 (月)

DAVE GRUSINのアルバム

今日紹介するのはDAVE GRUSINです。アルバムはDISCOVERED AGAIN!(’76)です。

これはSHEFFIELD LAB 5(DD盤)です。

DAVE GRUSIN、他のメンバーはRON CARTER(b)、LEE RITENOUR(g)、HARVEY MASON(ds)、LARRY BUNKER(per)です。

1.A CHILD IS BORN

2.KEEP YOUR EYE ON THE SPARROW

3.THEME FROM ”BARETTA”

4.SUN SONG

5.CAPTAIN BICARDI 

Ⅱ 

1.THREE COWBOY SONGS

2.GIT ALONG LITTLE DOGIES

3.THE COLORADO TRAIL

4.CRIPPLE CREEK BREAK-DOWN

5.ADEUS A PAPAI

彼の演奏の特徴が実に良く分かるアルバムです。

この当時これともう1枚の(普通の)アルバムを聴いて彼のアルバムを買うようになった記憶があります。

個性が良く発揮されたアルバムです。

DDとしてもお薦めです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お尋ね山野草名 | お気に入りアーティスト | お気に入り(ステレオLP) | お気に入り(モノラルLP) | お気に入り(CD) | お知らせ | これっ、ご存知!? | その他風景 | ぼやきシリーズ | アクセス解析 | アバター | ウェブログ・ココログ関連 | オーディオ関連 | サーロジック・デモルーム | サーロジック・ブログ関連 | スーパーアナログディスクシリーズ | タクシー利用 | ニュース | パソコン・インターネット | フーテン老人徘徊記 | ブログネタ | モノラル盤ソフト50選 | ヤフオク面白笑劇場顛末記 | リハビリ散歩 | ルームチューン関連 | 不法投棄 | 健康関連 | 出来事 | 分電盤関連 | 四季の花々 | 夢のSP物語 | 富士山写真集 | 富士山定点観測 | 富士山番外編 | 市役所関連 | 年金シリーズ | 庭関係 | 心と体 | 我が人生に悔いあり!?それともなし!? | 我が家の今年の10大ニュース | 文化・芸術 | 朝聴くシリーズ | 本(オーディオ関係) | 検索ワード | 残しておきたいLP | 税金関係 | 竹の浸食 | 自分史 | 買い物関連 | 通院関係 | 電気代 | 音楽 | 駄目なオーディオ | 駄目なオーディオ関連 | BN再発盤 | CAD図面 | CDあれこれ | CDソフト | CDソフト100選 | CDソフト200選 | CD温故知新 | DD盤関連 | LP(モノ)あれこれ | LPあれこれ | LPソフト500選 | LP(45)あれこれ | MERCURY CD