お気に入り(ステレオLP)

2018年10月16日 (火)

CANNONBALL ADDERLEYのアルバム

今日紹介するのはCANNONBALL ADDERLEYです。アルバムはSOMETHIN’ ELSE(’58、’18)です。

これはステレオ・モノラルの2枚組です。

Ⅰ(ステレオ)

1.AUTUMN LEAVES

2.LOVE FOR SALE

3.ALLISON’ UNCLE(bonus) 

1.SOMETHIN’ ELSE

2.ONE FOR DADDY-O  

3.DANCING IN THE DARK

Ⅱ(モノラル)

1.AUTUMN LEAVES

2.LOVE FOR SALE

3.SOMETHIN’ ELSE 

4.ONE FOR DADDY-O  

5.DANCING IN THE DARK

先ずステレオから聴きました(ステレオ盤は再発ですが2枚持っています)。

聴き馴染んだ名調子です(ただし中抜けです)。

やはりモノラルの方がリアル感があってしっくり来ます。

そもそも中央から一切音が出ていない音楽何て音楽とは言えないですよね。

再発と雖もこう言う時期のモノはモノラルに限るのでしょうか、って未だ2枚目ですが(汗)。

予定(は未定)では後3枚入手する積りですが果たして目算通り行くか。

| | コメント (0)

2018年10月15日 (月)

KENNY BURRELL & GROVER WASHINGTON JR.のアルバム

今日紹介するのはKENNY BURRELL & GROVER WASHINGTON JR.です。アルバムはTOGETHERING(’84)です。これはブルーノート盤です。

メンバーはKENNY BURRELL(g)、GROVER WASHINGTON JR.(s & ts)、RON CARTER(b)、JACK DE JOHNETTE(ds)、RALPH MACDONALD(perc)です。

1.SOULERO

2.SAILS OF YOUR SOUL

3.DAYDREAM

4.BEAUTIFUL FRIENDSHIP

1.TOGETHERING

2.ROMANCE DANCE

3.ASPHALT CANYON BLUES

4.WHAT AM I HERE FOR?

今改めて聴くと味わい深い。

買った理由はGROVER WASHINGTON JR.が入っているから...、でしょう。

それ位結構彼のアルバムは買っていました。

軽いタッチのサックスが何とも心地良くて好きなのですね。

このアルバムはメンバーからして違った雰囲気を味わえる貴重なアルバムです。

| | コメント (0)

2018年10月14日 (日)

WAYNE SHORTERのアルバム

今日紹介するのはWAYNE SHORTERです。アルバムはSPEAK NO EVIL(’64、’14)です。

ショーターのアコースティック・ジャズ作品としては、ひとつの完成作ともいうべき名作。

全曲ショーターのオリジナルで、「WITCH HUNT」「SPEAK NO EVIL」「INFANT EYES」などといった彼の代表曲も収録~ネット。

メンバーはREGINALD WORKMAN(b)、JOE CHAMBERS(ds)、HERBIE HANCOCK(p)、WAYNE SHORTER(ts)です。

1.WITCH HUNT

2.FEEーFI-FO-FUM

3.DANCE CADAVEROUS

1.SPEAK NO EVIL

2.INFANT EYES

3.WILD FLOWER

最新作[EMANON」の後入手して聴いた訳ですがこの間50年以上の隔たりがあるのに音楽性は全く変わっていない、と言うよりも音楽自体の表現力が細部に亘り練り・積み上げられた旨味は全く別物でしょうが骨格そのモノは脈々と受け継がれている。

こんな凄いことはないでしょう。

当時このアルバムは既にアコースティック・ジャズ作品としては完成作と言われているがその流れは現代に至るまで脈々と彼の体に刻み込まれているのでしょう。

全く時代の差を感じさせない名作です。

驚いた!!。

| | コメント (0)

2018年10月13日 (土)

WAYNE SHORTERのアルバム

今日紹介するのはWAYNE SHORTERです。アルバムはEMANON(’18)です。

これは3LP+3CDの何とも豪華な仕様です(ケースも)。

私にとってはLPだけで良かったのですが販売戦略かどうかは知りませんがLPだけと言う選択肢はなかったので止む無く購入しました。

当然私にとっては非常に高い買い物になりました(LPが何枚買えるかと思うとクッソー、と言う気持ちになります)。

EMANONと言うアルバムタイトルですが逆から読めばNONAMEとなり「名無し、無印」と言う意味ですね。

洒落なのかどうかは分かりませんがまさに人を食ったようなネーミングであります(汗)。

全ては内容次第で笑って済ませられる話ですがさて如何かな...。

QUARTETメンバーはWAYNE SHORTER(sax)、DANILO PEREZ(p)、JOHN PATITUCCI(b)、BRIAN BLADE(ds)です(ORCメンバーは多いので省略)。

CD

ディスク   Ⅰ

THE WAYNE SHORTER QUARTET WITH ORPHEUS CHAMBER ORCHESTRA

1.PEGASUS

2.PROMETHEUS UNBOUND

3.LOTUS

4.THE THREE MARIAS

ディスク   Ⅱ

THE WAYNE SHORTER QUARTET LIVE IN LONDON

1. THE THREE MARIASーLIVE IN LONDON/THE BARBICAN、LONDON、UK/2016

2.LOST AND ORBITS MEDLEY-LIVE IN LONDON/THE BARBICAN、LONDON、UK/2016

ディスク   Ⅲ

THE WAYNE SHORTER QUARTET LIVE IN LONDON

1.LOTUS LIVE IN LONDON/THE BARBICAN、LONDON、UK/2016

2.SHE MOVES THROUGH  THE FAIR LIVE IN LONDON/THE BARBICAN、LONDON、UK/2016
3.ADVENTURES ABOARD THE GOLDEN MEANーLIVE IN LONDON/THE BARBICAN、LONDON、UK/2016
4.PROMETHEUS UNBOUNDーLIVE IN LONDON/THE BARBICAN、LONDON、UK/2016

LP

ディスク   Ⅰ

THE WAYNE SHORTER QUARTET WITH ORPHEUS CHAMBER ORCHESTRA

1.PEGASUS

2.PROMETHEUS UNBOUND

1.LOTUS

2.THE THREE MARIAS

ディスク  Ⅱ

THE WAYNE SHORTER QUARTET LIVE IN LONDON

1.THE THREE MARIASーLIVE IN LONDON/THE BARBICAN、LONDON、UK/2016 

1.THE THREE MARIAS

ディスク  Ⅲ

THE WAYNE SHORTER QUARTET LIVE IN LONDON

1.LOST AND ORBITS MEDLEY-LIVE IN LONDON/THE BARBICAN、LONDON、UK/2016

2.LOTUS

1.SHE MOVES THROUGH THE FAIRーLIVE IN LONDON/THE BARBICAN、LONDON、UK/2016

2.ADVENTURES ABOARD THE GOLDEN MEANーLIVE IN LONDON/THE BARBICAN、LONDON、UK/2016

3.PROMETHEUS UNBOUNDーLIVE IN LONDON/THE BARBICAN、LONDON、UK/2016

先ずCDから聴き始めました(LPは試聴待ちが沢山あるので...)。

最初から飛ばしています。

熱量とも結構な暑さです。

でも演奏そのものはスケールの大きい爽やかサウンドです。

これは3枚あっても比較的収録時間も短いので中弛みはありません(LPの収録時間に合わせてある?)。

全て聴き応えある良い構成になっています。

さていよいよLPの番です。

初っ端の音からして全然違います。

実はCDは1週間以上毎日繰り返し聴いていました。

で、LPの番になっても比較の為に聴きましたが音の厚み・音圧・スケール感・迫力・切れ味・凄み・音楽の楽しさ、何れをとっても大人と子供の違いです。

私自身まさかこれほどの差があるとは思っていませんでしたがLPのKO勝ちです。

それもボディーを攻めて苦しめてのた打ち回らせて勝つのではなくストレート一発の瞬殺KOです。

高い買い物でしたがLPだけの仕様がない為抱き合わせの本セットを買いましたがHMVならではの割引が大きかったので文句なしです。

本アルバムはコスト的には高かったけれど内容が良かったので独断で「無印良品」と認定させて頂きます(爆)。

| | コメント (0)

2018年10月12日 (金)

MARCIN WASILEWSKIのアルバム

今日紹介するのはMARCIN WASILEWSKIです。アルバムはLIVE(’18)です。

ポーランドのピアノ・トリオ、マルチン・ボシレフスキ・トリオ待望のライヴ・アルバム。

2016年の8月にアントワープで行われたジャズ・ミドルハイムというフェスティヴァルが録音していたライヴ音源。

本人らも録音されるは知らなかったとのことであとで聴いてみたらとてもよくその時のソウルを捉えていると感じたそう。

録音していると知らなかったのでマイクに向かって演奏していなかったから、意識的にではなくダイナミックで外に向かって演奏していてオーディエンスからのレスポンスも直接受けた~ネット。

メンバーはMARCIN WASILEWSKI(p)、SLAWOMIR KURKIEWICZ(db)、MICHAL MISKIEWICZ(ds)です。

1.SPARK OF LIFE/SUDOVIAN DANCE

2.MESSAGE IN A BOTTLE

1.THREE REFLECTIONS

2.NIGHT TRAIN TO YOU

1.AUSTIN

2.ACTUAL PROOF

裏面のⅣは収録なしです(録音されていることを知らなかった位なので収録時間のことは無頓着だったかもね)。

このひとは以前CDで聴いて良かった記憶があったので購入して見ました。

流石ECM的な録音で透明感のある演奏です。

そしてピアノが輝きを伴なっています。

ダブルベースとドラムスも効果的な役割を果たしていてとてもスピード感・キレのあるアルバムに仕上がっています。

このアルバムは早い内から予約を入れていたので結構安価にゲット出来た(ただしアマゾンの頭に来るキャンセル不可商品でした・・・これで価格が下がらなったらどうする積もりかね)。

まぁ、結果オーライだったので良しとしよう。

| | コメント (0)

2018年10月11日 (木)

SCOTT HAMILTONのアルバム

今日紹介するのはSCOTT HAMILTONです。アルバムはMOON MIST(’18)です。

メンバーはSCOTT HAMILTON(ts)、DENA DE ROSE(p)、IGNASI GONZALEZ(db)、JO KRAUSE(ds)です。

1.I’LL CLOSE MY EYES

2.MOON MIST

3.IF I SHOULD LOSE YOU

4.YOUNG AND FOOLISH

1.ONLY TRUST YOUR HEART

2.WHY DID I CHOOSE YOU?

3.DAYS OF WINE AND ROSES 

4.CASTELLON AFTER DARK

これは良いですね。

前回購入した彼のアルバムにはがっかりさせられたのでもう買うまいと思ったのも事実ですがどうにも気になって今回も買って見たら想像以上に良かったと言うことです。

これはどうもメーカーの作り手に問題があるかもですね。

前のは全然彼の良いところが出ていませんでしたね。

若い時も良かったけれど年老いても未だゞやれる、と言うところをまざまざと見せ付けてくれました。

結果(逡巡したけれど)これは買って良かったアルバムでした。

| | コメント (0)

2018年10月10日 (水)

MARTY PAICH QUARTETのアルバム

今日紹介するのはMARTY PAICH QUARTETです。アルバムはBROADWAY BIT(’59、’18)です。

このアルバムは通称「踊り子」と言われています。もう1枚「風呂場」と言うのもありまして漸く2枚揃いました(2枚とも再発ですが(汗))。

またこの盤のアートワークはモノラル盤を採用し、マスターはステレオ盤を採用しているちょっと見には勘違いしそうなアルバムです(汗)・・・私としてはモノラル盤が良かったのだが。

1.IT’S ALL RIGHT WITH ME

2.I’VE GROWN ACCUSTOMED TO HER FACE

3.I’VE NEVER BEEN IN LOVE BEFORE

4.I LOVE PARIS

1.TOO CLOSE FOR COMFORT

2.YOUNGER THAN SPRINGTIME/THE SURREY WITH THE FRINGE ON TOP

3.IF I WERE A BELL

4.LAZY AFTERNOON

5.JUST IN TIME

初っ端からやられました。

ガツーンとノックアウトです!!。

ホンとブリブリと熱い演奏・録音です。

聴くまではこんなサウンドは全く予想していませんでした。

それ程インパクトが凄く実に良い意味で裏切られました。

国内カッティングでドイツプレスだそうですが、何故こんなに瑞々しく鮮度良く仕上げられるのでしょうか。

ここまで良ければモノラルに拘る必要性は全くありません。

これは良い買い物でした。

| | コメント (0)

2018年10月 8日 (月)

ALESSANDRO GALATI TRIOのアルバム

今日紹介するのはALESSANDRO GALATI TRIOです。アルバムはSHADES OF SOUNDS(’18)です。

メンバーはALESSANDRO GALATI(p)、GABRIELE EVANGELISTA(b)、STEFANO TAMBORRINO(ds)です。

1.AFTER YOU LEFT

2.STELLA BY STARLIGHT

3.YOU’LL WALK IN THE FIELD

4.BLUE IN GREEN

1.CORACAO VAGABUNDO

2.ANDRE

3.THE TWP LONELY PEOPLE

4.NOBODY ELSE BUT ME 

しっとり・リリカルな演奏です。

これからのシーズン夜の帳の下りた頃聴くには打って付けかもね。

ウイスキーをチビチビ舐めながら物思いに耽るも良し

極上のスポットで極上のひと時を過ごせそうです(今の私には全て妄想に過ぎませんが)。

| | コメント (0)

2018年10月 6日 (土)

TETE MONTOLIUのアルバム

今日紹介するのはTETE MONTOLIUです。アルバムはTETE!(’74、 ’14)です。

メンバーはTETE MONTOLIU(p)、NIELS-HENNING ORSTED PEDERSEN(b)、ALBERT ”TOOTIE” HEATH(ds)です。

これはCDを持っていて良かったので購入しました。

1.GIANT STEPS(JOHN COLTRANE)

2.THEME FOR ERNIE(FREDDIE LACEY)

3.BODY AND SOUL(JOHNNY GREEN)

1.SOLAR(MILES DAVIS)

2.I REMEMBER CLIFFORD(BENNY GOLSON)

3.HOT HOUSE(TADD DAMERON)

流石に音が太くて力強い。

TETEは本当に盲目なのかと疑ってしまう位流暢で力強いタッチでピアノを弾きます。

CDを聴いていた時いつかはLPで聴きたいモノだと思っていたので夢が叶って幸せです。

そしていつかは彼のアルバム、オリジナルで入手出来れば良いね。

メンバーもdsは存じ上げませんが3人とも腕達者揃いで音楽が活き活きと輝きを放っています。

ホンと素晴らしいアルバムです。

| | コメント (0)

2018年10月 5日 (金)

THAD JONES MEL LEWIS ORCHESTRAのアルバム

今日紹介するのはTHAD JONES MEL LEWIS ORCHESTRAです。アルバムはCONSUMMATION(’70、 ’12)です。

これはUK盤です。

この盤は何と言ってもジャケがカッコ良い!!。昔のアルバムは何てセンス良いのでしょうね。

1.DEDICATION

2.IT ONLY HAPPENS EVERY TIME

3.TIPTOE

4.A CHILD IS BORN

5.US

1.AHUNK AHUNK

2.FINGERS

3.CONSUMMATION

THADのペットが実にのびやかで気持ち良い。

MELのオーケストラも上手く絡み合っていて聴いていて実に楽しい。

このコンビはかつて一時代を築いたものですが当時私は全くノーマークでした。

今こう言う音楽を聴いて後悔の気持ちだけが強く残っています。

後は入手出来る範囲で楽しむとしよう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お尋ね山野草名 | お気に入りアーティスト | お気に入り(ステレオLP) | お気に入り(モノラルLP) | お気に入り(CD) | お知らせ | これっ、ご存知!? | その他風景 | ぼやきシリーズ | アクセス解析 | アバター | ウェブログ・ココログ関連 | オーディオ関連 | サーロジック・デモルーム | サーロジック・ブログ関連 | スーパーアナログディスクシリーズ | タクシー利用 | ニュース | パソコン・インターネット | フーテン老人徘徊記 | ブログネタ | モノラル盤ソフト50選 | ヤフオク面白笑劇場顛末記 | リハビリ散歩 | ルームチューン関連 | 不法投棄 | 健康関連 | 出来事 | 分電盤関連 | 四季の花々 | 夢のSP物語 | 富士山写真集 | 富士山定点観測 | 富士山番外編 | 市役所関連 | 年金シリーズ | 庭関係 | 心と体 | 我が人生に悔いあり!?それともなし!? | 我が家の今年の10大ニュース | 文化・芸術 | 朝聴くシリーズ | 本(オーディオ関係) | 検索ワード | 残しておきたいLP | 税金関係 | 竹の浸食 | 自分史 | 買い物関連 | 通院関係 | 電気代 | 音楽 | 駄目なオーディオ | 駄目なオーディオ関連 | BN再発盤 | CAD図面 | CDあれこれ | CDソフト | CDソフト100選 | CDソフト200選 | CD温故知新 | DD盤関連 | LP(モノ)あれこれ | LPあれこれ | LPソフト500選 | LP(45)あれこれ | MERCURY CD