お気に入り(モノラルLP)

2018年9月 5日 (水)

PINK FLOYDのアルバム

今日紹介するのはPINK FLOYDです。アルバムはTHE PIPER AT THE GATES OF DAWN(邦題:夜明けの口笛吹き)(’67、’18)です。

これはPINK FLOYDのデビュー・アルバムでサウンド的にはプログレッシブ・ロックというより、完全にサイケデリック・ロックである~ネット。

今回モノラル盤が漸くゲット出来ました。

1.ASTRONOMY DOMINE

2.LUCIFER SAM

3.MATILDA MOTHER

4.FLAMING

5.POW R.TOC H.

6.TAKE UP THY STETHOSCOPE AND WALK

1.INTERSTELLAR OVERDRIVE

2.THE GNOME

3.CHAPTER 24

4.THE SCARECROW

5.BIKE

前回ステレオ盤を入手してから半年後やっとモノラル盤が入手出来ました。

待てば海路の日和か(爆)。

やはりモノラル盤を聴いてしまうと中抜けはホンと頂けませんね。

リアル感がまるで違う。

やっぱ元ゞがモノラル録音はモノラル再生に限る、ですね。

| | コメント (0)

2018年9月 2日 (日)

GIL EVANSのアルバム

今日紹介するのはGIL EVANSです。アルバムはGIL EVANS & TEN(’57、’18)です。

1.REMEMBER

2.ELLA SPEED

3.BIG STUFF

1.NOBODY’S HEART

2.JUST ONE OF THOSE THINGS

3.IF YOU COULD SEE ME NOW

4.JAMBANGLE

このアルバムはダイナの厚木店長さんが紹介されていたので買って見ました。

分厚い音とスケール感が半端ないですね。

彼のピアノは一音一音力強くくっきり冴え渡っています。

他のサポートメンバーも皆やり手のようで活き活きとご機嫌に奏でています。

厚木店長さん良いアルバムの紹介有難うございました。

<ご参考>

このアルバムの聴きどころはポールチェンバースのベースサウンドと管楽器群のアレンジによる響きの妙と言うことのようですが私は未だゞそこまで聴き込めていません、修行が足りませんネ。

| | コメント (0)

2018年8月20日 (月)

ELVIS PRESLEYのアルバム

今日紹介するのはELVIS PRESLEYです。アルバムは(’56、’18)です。

これは’56.3にリリースされたエルヴィスの記念すべきデビュー・アルバムです。

1.BLUE SUEDE SHOES

2.I’M COUNTING ON YOU

3.I GOT A WOMAN

4.ONE-SIDED LOVE AFFAIR

5.I LOVE YOU BECAUSE

6.JUST BECAUSE

1.TUTTI FRUTTI 

2.TRYING TO GET TO YOU

3.I’M GONNA SIT RIGHT DOWN AND CRY(OVER YOU)

4.I’LL NEVER LET YOU GO(LITTLE DARLIN’)

5.BLUE MOON

6.MONEY HONEY

彼のアルバム2枚目のモノラル盤ですが所有分と比較してもモノラルの良さが全然違います。

とても鮮烈なヴォーカルで凄みさえ感じます。

こう言う古いアルバムの再発の場合、ちょっと前ならマスターテープが云々と言う言い訳が必ず付記されていたけれど最近は全くと言って良い程そう言う言い訳染みた記載は見掛けません・・・ここが違うのでしょうか。

余程処理が上手くなったのかと思いますが確かに聴いていて(そう言う)歪んだ個所は全くありません。

尤も当時のモノを沢山聴いたことがないのでどの程度違うのかは断言出来ませんが今の環境で聴く限り全く違和感はないのでこれで充分です。

これは楽しいアルバムです。

彼のファンでなくても一聴する価値はあろうかと思います。

| | コメント (0)

2018年8月 7日 (火)

PINK FLOYDのアルバム

今日紹介するのはPINK FLOYDです。アルバムはBBC 1967(’67、’88)です。

これはモノラル盤の45回転盤です(我が家では掛かりませんので止む無くLP12で聴きます(汗))。

May 14、1967

1.POWER.TOC H.

2.ASTRONOMY DOMINE

Sept 25、1967

3.THE GNOME

4.SCARECROW

5.SET THE CONTROLS FOR THE HEART OF THE SUN

6.MATILDA MOTHER  

7.FLAMING

Sept 25、1967

1.REACTION IN

Dec 12、1967

2.GREEN ONIONS

3.INSTRUMENTAL

Dec 20、1967

4.VEGETABLE MAN

5.SCREAM THY LAST SCREAM  

6.POWER.TOC H.

7.JUGBAND BLUES

確認したらTHE PIPER AT THE GATES OF DAWN(邦題:夜明けの口笛吹き)の収録曲の10曲中7曲被っていますがこれはモノラル盤と言うことでこれで良しとしよう。

ただこのLP盤は通常のケースがありません(厚めの外袋に直接入っていました)。

もうひとつ盤はカラー・ヴァイナルでしかも4色(黄・赤・黒・青)のど派手と来ています(汗)。

本来のモノラル再生ではありませんが充分楽しめます。

寧ろ中抜けSTよりは中央充填なので好ましい。

このアルバムは先のデビュー盤の後ゲットしたモノですがタイトルが全然違うのでまさかデビュー盤の楽曲とダブっているとは思いませんでした。

ただ楽曲はダブりが多いけれど演奏そのものは違うので全く別物として楽しめます。

色々な意味でゲット出来て良かったアルバムです。

| | コメント (0)

2018年7月 5日 (木)

JOHN COLTRANEのアルバム

今日紹介するのはJOHN COLTRANEです。アルバムはBOTH DIRECTIONS AT ONCE:THE LOST ALBUM(’63、’18)です。

アメリカ音楽史の幻の遺産、奇跡の発掘!ジャズ史上最高のカリスマ、ジョン・コルトレーンの完全未発表スタジオ録音作。

「これは、まるで巨大ピラミッドの中に新たな隠し部屋を発見したようなものだ。」-ソニー・ロリンズ

ジャズ史上最高のカリスマ、ジョン・コルトレーン(1926-1967)の完全未発表スタジオ録音が、録音から55年を経て奇跡の発掘!

マッコイ・タイナー~ジミー・ギャリソン~エルヴィン・ジョーンズという通称・黄金のカルテットを率いて、1963年3月6日にニュージャージーのヴァン・ゲルダー・スタジオで行った公式セッション。

名盤『ジョン・コルトレーン・アンド・ジョニー・ハートマン』の録音前日に行われたセッションで、充実期のカルテットの姿を余すところなく捉えた、まさに歴史的遺産!

セッションの記録は残っていたものの海賊盤も含めこれまで世に出たことがなかった幻の音源。

マスターテイク全7曲(約47分)のうち、3曲(Track 1、3、6)はコルトレーンの未発表のオリジナル曲。

また、代表曲「インプレッションズ」とジャズ・スタンダードの「ネイチャー・ボーイ」の2曲は、ピアノのマッコイ・タイナー抜きのトリオ編成での貴重な録音~ネット。

これは2枚組です。

ディスク 1

1.UNTITLED ORIGINAL 11383

2.NATURE BOY

3.UNTITLED ORIGINAL 11386(Take 1)

4.VILIA(Take 3)

1.IMPRESSIONS(Take 3)

2.SLOW BLUES

3.ONE UP、ONE DOWN(Take 1) 

ディスク 2

1.VILIA(Take 5)

2.IMPRESSIONS(Take 1)

3.IMPRESSIONS(Take 2)

4.IMPRESSIONS(Take 4)

1.UNTITLED ORIGINAL 11386(Take 2)

2.UNTITLED ORIGINAL 11386(Take 5)

3.ONE UP、ONE DOWN(Take 6)

彼の録音は結構こう言った形で発掘されますね。

今まで耳にしたことがない音源なので現代に生きているモノにとっては有難いことだけれど当時のひとにとっては残念なことでもある。

管理以外にも色々な理由があるのでしょうが今更根掘り葉掘り理由を問い質しても詮無いことです。

演奏は伸び伸びとしてリラックスした感じなので良いアルバムに仕上がっていると思います。

| | コメント (0)

2018年6月 3日 (日)

STAN GETZのアルバム

今日紹介するのはSTAN GETZです。アルバムはSTAN GETZ QUARTETS(’50、’14)です。

これはOJCの再発です。

メンバーはPERCY HEATH(b)、ROY HAYNES(ds)、AL HAIG(p)、STAN GETZ(ts)他です(多いので割愛しました)。

このアルバムは’49~’50に掛けての録音です。

1.THERE’S A SMALL HOTEL 

2.I’VE GOT YOU UNDER MY SKIN  

3.WHAT’S NEW?

4.TOO MARVELOUS FOR WORDS

5.YOU STEPPED OUT OF A DREAM

6.MY OLD FLAME  

1.LONG ISLAND SOUND  

2.INDIAN SUMMER  

3.MAR-CIA  

4.CRAZY CHORDS  

5.THE LADY IN RED  

6.WRAP YOUR TROUBLES IN DREAMS

とても古い録音ですが音はとても新鮮です。

どこか温かみのあるサックスは心地良く琴線に沁み渡ります。

このアルバムはたまたま見掛けたモノの中々購入に踏み切れずに時間だけが経過していましたがこの度縁あって遂にゲットしました。

聴いて見てもっと早く入手して聴けば良かったと後悔しております。

それ程に味わいのある良い演奏です。

| | コメント (0)

2018年3月27日 (火)

MILES DAVISのアルバム

今日紹介するのはMILES DAVISです。アルバムはFINAL TOUR:COPENHAGEN MARCH 24 1960(’60、’18)です。

コルトレーンがマイルスのグループに在籍した最後のツアーとなった1960年3月21-24日のヨーロッパ・ライヴから3月24日コペンハーゲン/ティヴォリ・コンセルトサル公演を収録。

帝王マイルスとコルトレーン。二人の合わせ持つパワーが頂点にあった瞬間をとらえた貴重な歴史的音源が初めて公式リリースとなる。~ネット。

メンバーはMILES DAVIS(tp)、JOHN COLTRANE(ts)、WYNTON KELLY(p)、PAUL CHAMBERS(b)、JIMMY COBB(ds)です。

1.INTRODUCTION

2.SO WHAT

3.ON GREEN DOLPHIN STREET(PART 1)

1.ON GREEN DOLPHIN STREET(PART 2)

2.ALL BLUES

3.THE THEME

これは凄い、歴史的な演奏が今ここに蘇ると言っても過言ではない。

何と言っても58年振りに公式にリリースされたライブ録音ですからね。

演奏は絶頂期と言っても良い位のノリノリの演奏で聴き手を圧倒してグイグイと引き寄せてしまいます。

聴くまではそれ程期待していなかったけれどこれは大当たり!!。

しかも安い。最高のアルバムです。

| | コメント (0)

2018年2月10日 (土)

JOHN COLTRANEのアルバム

今日紹介するのはJOHN COLTRANEです。アルバムはMY FAVORITE THINGS(STEREO MONO VERSION(’60~、’16)です。

ATLANTIC在籍期リーダー/双頭作品5タイトルです(6LP+1シングル(45回転))。

全てモノ VERSIONです(RHINO盤)。

『GIANT STEPS』(1960)

ディスク   1

1.GIANT STEPS   

2.COUSIN MARY   

3.COUNTDOWN   

4.SPIRAL   

5.SYEEDA’S SONG FLUTE   

6.NAIMA  

7.MR.P.C..   

『BAGS & TRANE』(W/ミルト・ジャクソン 1961)

ディスク   2

1.BAGS & TRANE  

2.THREE LITTLE WORDS   

3.THE NIGHT WE CALLED IT A DAY

Ⅱ   

4.BE-BOP   

5.THE LATE LATE BLUES 

『OLE COLTRANE』(1962)

ディスク   3

1.OLE   

2.DAHOMEY DANCE   

3.AISHA  

『COLTRANE PLAYS THE BLUES』(1962)

ディスク   4

1.BLUES TO ELVIN   

2.BLUES TO BECHET  

3.BLUES TO YOU

Ⅱ   

4.MR.DAY  

5.MR.SYMS  

6.MR.KNIGHT 

『THE AVANT GARDE』(W/ドン・チェリー 1966) 

ディスク   5

1.CHERRYCO   

2.FOCUS ON SANITY

Ⅱ   

3.THE BLESSING 

4.THE INVISIBLE 

5.BEMSHA SWING 

『THE COLTRANE LEAGACY』

ディスク   6

1.26-2   

2.ORIGINAL UNTITLED BALLED 

3.UNTITLED ORIGINAL

4.CENTERPIECE   

5.STAIRWAY TO THE STARS 

6.BLUES LEGACY  

『MY FAVORITE THINGS PART Ⅰ&Ⅱ』

ディスク   7

7インチ・シングル(45回転)・・・これは我が家のモノラル用PLは33回転仕様なので鑑賞不可(ただし同時期に購入した他の2枚組で楽しむことが出来るので構わない)

1.MY FAVORITE THINGS (Part I) 

2.MY FAVORITE THINGS  (PartⅡ) 

1.MY FAVORITE THINGS  

2.EVERYTIME WE SAY GOODBYE  

1.SUMMERTIME  

2.BUT NOT FOR ME  

枚数が多いので中々聴き終えるまでには時間が掛かりました。

でも言えることはこの企画は良いですね。

この時期の彼のオリジナル・モノラル盤はとても買える価格ではないのでこれは良心的

です。

順番に聴きましたが

『GIANT STEPS』(1960)はホンとキレキレの吹きまくりのサックスは痺れます。

『BAGS & TRANE』(W/ミルト・ジャクソン 1961)はミルト・ジャクソンのvibとの掛け合いが見事です。

『OLE COLTRANE』(1962)、アルバムごとに曲調が違うのでそれぞれが楽しめます。

『COLTRANE PLAYS THE BLUES』(1962)は渋い曲調ですがこれはこれで味があって良いです。

加えてノリの良い曲もあるのでトータル的にも問題なく楽しめます。

『THE AVANT GARDE』(W/ドン・チェリー 1966) は好きなサウンドで結構です。

演奏にスピード感があって実に爽快です。

『THE COLTRANE LEAGACY』、これも彼を含めてノリの良い演奏で楽しめます。

ディスク   2(MONO バージョン)

1.MY FAVORITE THINGS  

2.EVERYTIME WE SAY GOODBYE

1.SUMMERTIME  

2.BUT NOT FOR ME  

ヴォリューム満点のアルバムですがディスク6枚全て聴きどころ満載なので今後も楽しめ

そうです。

買って良かった。


| | コメント (0)

2017年11月 1日 (水)

ELLA & LOUISのアルバム

今日紹介するのはELLA & LOUISです。アルバムはPORGY & BESS(’57)です。

これはオリジナルの10インチ盤(仏盤)です。

案内では状態はG :VG-と良くなかったですが安かったのでダメ元でゲットしました(ダメならオブジェか)。

1.I GOT PLENTY O’NUTTIN’

2.SUMMERTIME

3.BESS、 YOU IS MY WOMAN 

1.IT AIN’T NECESSARILY SO

2.THERE’S A BOAT THAT’S LEAVIN’ SOON FOR NEW YORK

3.LAWD I’M ON MY WAY

ジャケが持っている日本盤とはロゴからして全然違う。

配色も原色系のこってりとした色使いで中々良い雰囲気です。

ジャケは相応の痛みはありますがそれほどひどくはない、それよりも盤ですが見た目はザラザラでしたが洗浄して見たら傷はない(内袋はセロファンで茶色く変色?していて触ると破れそうです(汗))。

年季の入った汚れが音にどう出るか。聴くのが怖いようで楽しみでもあります。

さて針を落として出て来た音はまさにビックリした、もう~です(爆)。

ふたりの掛け合いも鮮度感高く言うことありません。

勿論LOUISのペットも多分今まで聴いた中で一番良いのではないかと思わせる。

中でもSUMMERTIMEは絶品です。

これだけでこのアルバムの価値は充分あります。

何せ送料込みで¥2,000.-チョッとですから(恐らく状態を加味して低く抑えたのでしょうね。良心的な業者です)。

ノイズは殆ど気になりませんので最高の買い物となりました。

ジャケはさておいて盤はVG-ではなくEX++で通用するレベルです。

オブジェにならなくて良かった。

まさにELLA & LOUISの歌唱は絶品で特筆モノです!!。

| | コメント (0)

2017年10月29日 (日)

HARRY JAMESのアルバム

今日紹介するのはHARRY JAMESです。アルバムはRADIO DISCS OF ...(’54)です。

状態はNM / NMです。

これはBUDDY RICH(ds)をフィーチャしています。

1.SUGARFOOT STOMP

2.LULLABY OF BROADWAY 

3.SYMPHONY 

4.SIX-TWO AND EVEN

5.JUDY

6.THAT OLD BLACK MAGIC

7.EXCEPT FEBRUARY WHIC HAS 28

1.FLASH

2.EMBRACEABLE YOU

3.AUTUMN LEAVES

4.IN THE STILL OF THE NIGHT 

5.CAXTON HALL SWING

6.HOW DEEP IS THE OCEAN

7.EASY

これは良い。とても60年以上前の録音とは思えません。

シンプルな中にも深い味わいがあって往時を偲ばせてくれる。

それにしてもこんな時間が経っているにも拘らずこの盤の状態の良さは驚きの何物でもない。

とても良い買い物をした。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お尋ね山野草名 | お気に入りアーティスト | お気に入り(ステレオLP) | お気に入り(モノラルLP) | お気に入り(CD) | お知らせ | これっ、ご存知!? | その他風景 | ぼやきシリーズ | アクセス解析 | アバター | ウェブログ・ココログ関連 | オーディオ関連 | サーロジック・デモルーム | サーロジック・ブログ関連 | スーパーアナログディスクシリーズ | タクシー利用 | ニュース | パソコン・インターネット | フーテン老人徘徊記 | ブログネタ | モノラル盤ソフト50選 | ヤフオク面白笑劇場顛末記 | リハビリ散歩 | ルームチューン関連 | 不法投棄 | 健康関連 | 出来事 | 分電盤関連 | 四季の花々 | 夢のSP物語 | 富士山写真集 | 富士山定点観測 | 富士山番外編 | 市役所関連 | 年金シリーズ | 庭関係 | 心と体 | 我が人生に悔いあり!?それともなし!? | 我が家の今年の10大ニュース | 文化・芸術 | 朝聴くシリーズ | 本(オーディオ関係) | 検索ワード | 残しておきたいLP | 税金関係 | 竹の浸食 | 自分史 | 買い物関連 | 通院関係 | 電気代 | 音楽 | 駄目なオーディオ | 駄目なオーディオ関連 | BN再発盤 | CAD図面 | CDあれこれ | CDソフト | CDソフト100選 | CDソフト200選 | CD温故知新 | DD盤関連 | LP(モノ)あれこれ | LPあれこれ | LPソフト500選 | LP(45)あれこれ | MERCURY CD