10/18の掲示板によると

今朝掲示板を見たら当日(10/16)のことが書かれていました。↓

ご参考・・・サーロジックの新しい画像挿入掲示板:http://www3.rocketbbs.com/13/bbs.cgi?id=salogic

お前のIPアドレスは平蔵に紐付けして管理している。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

なのでおバカの平蔵の相手をする時間なぞありませんが、一先ず第一回目口頭弁論のご報告です。

裁判官から一言だけ質問をいただきました。 「この裁判に音響に関する知識が必要ですか」 「不要です」 とお答えしました。

口頭弁論は正味2分程度であったと思います。あっけなく無事閉廷しました。

平蔵に唐突に弁護を依頼されたのでしょう、平蔵の代理人が提出した答弁書の中身は空っぽなので、実質的な初回口頭弁論は来年一月です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

↓は現在工事中のスタジオだそうです。

答弁書の中身が空っぽとは驚いたね。

最初は自ら相手をすると言っていたけれど蓋を開けたら「化けの皮がはがれたね、答弁書を書くスキルないのかね? お金は大丈夫?

負けたら、得意の脅しで弁護士費用払わないんだろうね・・・村田さん弁。」と言う全く弁護士の資質を疑う手のひら返しです。

今までこんなバカに相談していた人はこれを見たら泣くだろうに(相談料を取られただけ)。

しかし裁判内容の表示は多分確認出来たと思われるのでこれが掲示板でアップされれば本名も公開となるのでその時点で恫喝・ほら吹き平蔵もTHE ENDです←ここ重要。

詳しくは↑の掲示板をご覧下さい。

特定の根拠は既にアップしたので省略

長野ブルービル五階の法律事務所(WANTED!!(写真付き))
http://nagaben.jp/publics/index/72/

tempest13th  プロフィール欄 tempest13thさんのマイルーム コメント

何れにしても恫喝弁護士平蔵はこれで「轟沈……DEATH!」

当分の間この記事はトップに表示します。

https://twitter.com/sinshusoba?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

いつまでもツイッターで遊んでいる場合じゃないよ。さぁ、どうする。無知無能な平蔵ヨ!!

10/19 11:30にアイツが偵察に来ました。

10/22 21:48にアイツが偵察に来ました。

10/23 9:17にアイツが偵察に来ました(今日はテレワークだそうだからいつもより更に暇なんだろうね)。

| | コメント (0)

2020年10月26日 (月)

伊豆爺徘徊記(10.26)

1.エコロ爺散歩

  天気 気温 湿度 富士山
AM6:05 曇り・晴れ 13.5 74
PM3:30 晴れ・曇り 15.5 73

気温は昨日と略同じ13℃台です。

天気は曇り・晴れです。

着替えて電源オンして時間が来たらCD鑑賞です。 

LPを洗浄しました。

10:20頃洗浄しました。

2.庭の整理

今日も先ず先ずの天気なので庭の整理をしました。

先日やった残りの落葉等の回収です。

大きなバケツ3杯分ありました(もうちょっと残っています)。

終わって時間を見たら1時間10分の作業でした(チョッとやり過ぎ)。

汗をかいたので着替えて電源オンして時間が来たらCD鑑賞です。

顔と体が火照っていましたので団扇でクールダウンしました。

室温は上がって15℃台でした(昨日よりも高い)。

| | コメント (0)

MERITXELL NEDDERMANNのアルバム

今日紹介するのはMERITXELL NEDDERMANNです。アルバムはIN THE BACKYARD OF THE CASTLE(’20)です。

これは2020年を代表する1枚になりそう! 。

スペインのカタルーニャ生まれで現在はバルセロナで活動する女性ピアニスト、シンガーソングライターのMeritxell Neddermannがソロデビュー作をリリース。

ピアノ弾き語りを中心としたシンガーソングライター作品ながら、音楽的にはジャズやインディーロック、ブギー、ポストクラシカル、果てはJUKE/FOOTWORKやヒップホップをも取り入れたジャンルを超越した一枚~ネット。

1.INSIDE

2.I FALL

3.JA NO VULL

4.READAY

5.INTERLUDI

1.STORY

2.LANNISTERS

3.EM MOLESTA

4.JO VULL ESTIMAR-TE

5.ET SENTO AMB MI

私は初めての歌姫です。

才能も多彩で紡ぎ出す音楽も多彩。

声はややハスキーで独特な雰囲気で聴いていると癖になりそうな中毒的な雰囲気を醸し出す歌姫です。

今までの私のテリトリーからするとかなり毛色が違いますがこれはこれで充分楽しめます。

良いアルバムに出逢えました。

| | コメント (0)

2020年10月25日 (日)

伊豆爺徘徊記(10.25)

1.エコロ爺散歩

  天気 気温 湿度 富士山
AM6:05 晴れ・曇り 13.4 74
PM3:30 晴れ・曇り 14.8 75

気温はグンと下がって13℃台です。

天気は晴れ・曇りです。

着替えて電源オンして時間が来たらCD鑑賞です。 

LPを洗浄しました。

10:20頃洗浄しました。

2.庭の整理

今日も先ず先ずの天気なのですが寒そうなので今日は家の中でチョットだけ片付けモノをした。

こんな日は早めに電源オンして時間が来たらCD鑑賞です。

室温は下がって14℃台でした(オーディオルーム、今夜はいよいよエアコンかな)。

| | コメント (0)

KING SUNNY ADEのアルバム

今日紹介するのはKING SUNNY ADEです。アルバムはSYNCHRO SYSTEM(’83)です。

1.SYNCHRO FEELINGSーILAKO

2.MO TI MO

3.PENKELE

4.MAAJO

1.SYNCHRO SYSTEM

2.E SAIYE RE

3.TOLONGO

4.E WELE

5.SYNCHRO REPRISW

これはナイジェリアのジュジュ・ミュージックだそうです。

AFRICAN BEATSなので普段聴く音楽とは相当雰囲気が違います(汗)。

それにしても凄い迫力です。アタック音が強く立体感が半端ない。

素朴なメロディですが実に生々しくメリハリの効いた不思議な感覚のする音楽です。

でも全然違和感なく自然に聴き入ってしまいます。

楽しい音楽ですね~。

| | コメント (0)

2020年10月24日 (土)

伊豆爺徘徊記(10.24)

1.エコロ爺散歩

  天気 気温 湿度 富士山
AM6:05 曇り・晴れ 16.4 80
PM3:30 晴れ・曇り 16.9 75

気温は下がって16℃台です。

天気は曇り・晴れです。

着替えて電源オンして時間が来たらCD鑑賞です。 

LPを洗浄しました。

10:20頃洗浄しました。

2.庭の整理

今日は先ず先ずの天気なので昨日の雨で地面が濡れているのに気を付けて切るをしました。

上の方の平坦部を中心に西側斜面を切って行きました。

今年は夏場に天候不順で思ったように剪定を含めて整理が出来なかったので結構ターゲットが多く残っている。

足・腰の負担を考えてボチボチするしかないのですが...。

終わって時間を見たら今日は1時間半とやり過ぎました。

着替えて電源オンして時間が来たらCD鑑賞です。

室温は朝よりは気持ち上がって16℃台でした。

体が火照っているので団扇でクールダウンです。

| | コメント (0)

大西順子のアルバム

今日紹介するのは大西順子です。アルバムはUNITY ALL THE MOST LIVEL(’20)です。

これは2枚組です。

大西順子のスペシャルプロジェクト「thesextetplus」前代未聞のライヴ録音から待望のアナログ盤が登場。

怒涛の3日間28曲のライヴ・レコーディング、そして豪華パッケージが話題となった、3枚組『UNITY ALL』(SCOL1041-1043)がアナログ化!

アナログ盤の音に適した楽曲、且つthesextetplusの""plus""なゲストたちの活躍にスポットを当てるLP2枚組。

CDの永久保存版パッケージと対を成すに相応しい、A式見開きダブルジャケット(コーディング加工)仕様!~ネット。

【メンバー】

大西順子(ピアノ)/吉本章紘(テナーサックス、フルート)/広瀬未来(トランペット、フリューゲルホーン)/片岡雄三(トロンボーン)/井上陽介(ベース)/高橋信之介(ドラムス)/吉田サトシ(ギター)/デイビッド・ネグレテ(アルトサックス)/ウォーネル・ジョーンズ(ヴォーカル)

1.MAGIC TOUCH[Yosuke Inoue] 

2.TEENAGER[Junko Onishi] 

3.SPEAK YOUR NAME[Junko Onishi / Wornell Jones]

1.APPLE OF MY EYE[Junko Onishi] 

2.TO THE END OF THE WORLD WITH YOU[Junko Onishi] 

3.GATE CRASHER [Akihiro Yoshimoto]

1.KIND[Miki Hirose]

2.DARK CHIME [Akihiro Yoshimoto]

1.TWO LAPS BEHIND[Miki Hirose] 

2.DR.PU! POON [Yosuke Inoue] 

3.UNITY BLUES (Unity 3) [All]

これは彼女のピアノが存分に楽しめるアルバムとなっています。

彼女のアルバムはCDから入りましたが私が好む曲が多いです。

ですからその後はすっかりLPに狙いを定めてゲットしています。

厚み・訴求感等はやはりLPの方がしっくり来ます。

その上ライブと来ていますから言うことございません。

ジャケもハードタイプで言うことなし(汗)。

| | コメント (0)

2020年10月23日 (金)

伊豆爺徘徊記(10.23)

1.エコロ爺散歩

  天気 気温 湿度 富士山
AM6:05 曇り 16.9 78
PM3:30 18.5 80

気温はグンと上がって16℃台です。

天気は曇りです。

着替えて電源オンして時間が来たらCD鑑賞です。 

8:30頃から雨が降って来ました。

LPを洗浄しました。

10:20頃洗浄しました。

一旦止んでいた雨ですが11時過ぎからまた降って来ました。

2.庭の整理

今日は朝から雨なので整理はお休みです(その後は降ったり止んだりです)。

着替えて電源オンして時間が来たらCD鑑賞です。

室温はグンと上がって18℃台でした。

| | コメント (0)

HOLLY COLEのアルバム

今日紹介するのはHOLLY COLEです。アルバムはNIGHT(’12)です。

これは独盤です。

1.YOU ONLY LIVE TWICE

2.WALK AWAY

3.GOOD TIME CHARLIES’ GOT THE BLUES

4.YOU’VE GOT A SECRET 

5.VIVA LAS VEGAS

1.I ONLY HAVE EYES FOR YOU

2.I THOUGHT OF YOU AGAIN 

3.LOVE LIES

4.WHISTLIN’ PAST THE GRAVEYARD 

5.IF YOU GO AWAY

6.IF YOU COULD READ MY MIND

これは’14当時在庫があったのでゲットしました(汗)。

ジャケは顔のどアップで余り良い趣味とは思えませんがそれはさておき中身は今までのCDで凡そ雰囲気は分かっている積りでした、がやはりアナログの良さがこれでも良く発揮されています。

音の厚みやどっしり感は1枚上手のように思います。

それ以上にこのアルバム実に渋いのです、それが更にこの盤を引き立たせて良い味を出しているのだと思います。

これも結構待たされましたが何とか入手出来ホッとしています。

| | コメント (0)

2020年10月22日 (木)

伊豆爺徘徊記(10.22)

1.エコロ爺散歩

  天気 気温 湿度 富士山
AM6:05 曇り 14.4 74
PM3:30 曇り 16.8 75

気温は上がって14℃台です。

天気は曇りです。

着替えて電源オンして時間が来たらCD鑑賞です。 

LPを洗浄しました。

10:20頃洗浄しました。

2.庭の整理

晴れ間も見えていて結構温かい。

今日は昨日掃き寄せた分の回収です。

大量なので取り敢えずは大きなゴミ袋3杯で今日は終了。

汗だくになりました。

終わって時間を見たら1時間10分の作業でした。

着替えて電源オンして時間が来たらCD鑑賞です。

室温は上がって16℃台でした。

顔は火照り体も温まっているので団扇で涼を取りました。

| | コメント (0)

MIKE TAYLORのアルバム

今日紹介するのはMIKE TAYLORです。アルバムはTRIO(’67、20)です。

これは45回転盤です。

30歳という若さで亡くなったロンドンのピアニスト、マイク・テイラーがトリオで録音したレア盤が初アナログ・リイシュー!。

1938年ロンドンに生まれたピアニスト/作曲家マイク・テイラー。

彼が1966年に録音したトリオ作品"Trio"が遂にアナログ盤でリイシュー!オリジナル盤は海外サイトで20万円に届きそうな額で売買された履歴も残るレア盤です。

ビル・エヴァンスを彷彿とさせる詩情豊かな音使いの中に英国の曇り空を眺めるかのようなアンニュイで物憂げなトーンも感じられる素晴らしい演奏が収められた、内容ある作品ゆえに価値のついたとも言える極上のピアノ作品~ネット。

1.ALL THE THINGS YOU ARE

2.JUST A BLUES

3.WHILE MY LADY SLEEPS

4.THE END OF A LOVE AFFAIR

5.TWO AUTUMNS

6.GURU

7.STELLA BY STARLIGHT

8.ABENA

熱く激しくそれでいてピアノタッチは切れ味鋭く素晴らしい演奏です。

こんな素晴らしいアルバムが半世紀以上も前にリリースされていたのですね。

現代で録音されたと言っても何の遜色もなく通用します。

勿論私は彼の存在すら存じませんでしたので聴いてみて身震いしたほどです。

いゃー、凄いアルバムがあったものだ!!。

| | コメント (0)

«伊豆爺徘徊記(10.21)