« 四季折々の庭 | トップページ | 富士山定点観測 »

2010年5月 2日 (日)

シェフィールド・ラボのダイレクトディスク・・・備忘録

これは’08.9.27の記事を要約したモノです。

今日はシェフィールド・ラボのことに付いて書いて見たいと思います。

CD世代の若い方は余程のアナログファンでもない限りご存じない方が圧倒的に多いと思われますが、オーディオに30年以上親しんでおられる方には頭の片隅に記憶として残っている名前と思います。

’69、ダグラス・サックスとリンカーン・マヨーガと言うオーディオに異常な程の情熱を燃やしていたふたりの音楽家が”シェフィールド”レーベルでアメリカで最初のダイレクトカッティングのステレオLPを発表しました。同じ年にわが国でも日本コロムビアが2枚のダイレクトディスクを発売しました。

その後日本コロムビアはPCM録音に転じてしまいましたが、シェフィールドの方はひたすらDDの技術を追求してゆき、アメリカと日本に多くの追従者を生み出し所謂スーパー・ディスク時代の先駆者としての名声を確立した。~ライナー・ノーツより

この’70~’80初頭において同社の作製したDDはLAB1~24までの24枚とシリアルNO違いのものが1枚で合計25枚あります(私が知っている範囲です)が今や中古でも殆ど入手不可能なLPとなっています。

製作の面からもそれ程の枚数はプレスしていないでしょうし、持っている方もそうそう手放さないと思いますので余計に市場に出てこないのでしょうね。私も早くから注目したレコード会社でせっせと買ったものですが残念ながら初期のシリアルNO違いのもの(未だオーディオにそれ程関心がなかった時期)とその他当時聴かない分野のものは買っていません。

今思うと残念ですが当時そう言う判断をしたのですから仕方がありません。で結局15枚所有しています。

それでは私の所有リストを記してみます。シェフィールドのアルバムに同梱されているリストにも簡単な紹介しかないので持っているものに付いては少しだけ情報を増やして見ました。

所有リスト

・LAB3(THE KING JAMES VERSION)(’76.7録音)

HARRY JAMES & HIS BIG BAND

Ⅰ 1.CORNER POCKET 2.LARA'S THEME 3.CHEROKEE 4.MORE SPLUTIE、PLEASE

Ⅱ 1.TRACES 2.DON'T BE THAT WAY 3.SWEET GEORGIA BROWN 4.SHINY SILK STOCKINGS 5.BLUES STAY AWAY FROM ME

・LAB5(DISCOVERED AGAIN!)(’76.6録音)

DAVE GRUSIN、他のメンバーはRON CARTER(b)、LEE RITENOUR(g)、HARVEY MASON(ds)、LARRY BUNKER(per)です。

Ⅰ 1.A CHILD IS BORN 2.KEEP YOUR EYE ON THE SPARROW 3.THEME FROM ”BARETTA” 4.SUN SONG 5.CAPTAIN BICARDI

Ⅱ 1.THREE COWBOY SONGS 2.GIT ALONG LITTLE DOGIES 3.THE COLORAD TRAIL 4.CRIPPLE CREEK BREAK-DOWN 5.ADEUS A PAPAI

・LAB6(COMIN' FROM A GOOD PLACE)(’76.7録音)

HARRY JAMES 

Ⅰ 1.THE FOOTSTOMPER 2.YOU'LL NEVER KNOW 3.MOTEN SWING 4.TWO O'CLOCK JUMP 

Ⅱ 1.WATCH WHAT HAPPENS 2.TUXEDO JUNCTION 3.OPUS NUMBER ONE 4.MAKE THE WORLD GO AWAY 5.BLUES FOR SALE 

・LAB7(’77.7録音)

WAGNER:ERICH LEINSDORF CONDUCTING THE LOS ANGELES PHILHARMONIC

Ⅰ DIE WALKURE:RIDE OF THE VALKYRIES TRISTAN UND ISOLDE:PRELUDE TO ACT 1

Ⅱ DIE GOTTERDAMMERUNG:SIEGFRIED’S FUNERAL MUSIC SIEGFRIED: FOREST MURMURS

・LAB8(PROKOFIEV:EXCERPTS FROM THE BALLET ROMEO AND JULIET)(’77.7録音)

ERICH LEINSDORF CONDUCTING THE LOS ANGELES PHILHARMONIC

Ⅰ ACTⅠ: INTRODUCTION JULIET THE YOUNG GIRL MASQUES DANCE OF THE KNIGHTS GAVOTTE ROMEO RESOLVES TO AVENGE MERCUTIO’S DEATH ACTⅡ FINALE

Ⅱ ACTⅢ:INTRODUCTION INTERLUDE AGAIN AT MAIDENS WITH LITIES JULIET’S FUNERAL DEATH OF JULIET

・LAB9(CONFEDERATION)(’77.9録音)

LARRY MCNEELY

Ⅰ 1.LIZA JANE 2.SWALLOW 3.PARADISE 4.OLD JOE CLARK 4.BIG FAT MAMA 6.SIMPSON'S HOLLER 

Ⅱ 1.SATURN 2.ROLL IN MY SWEET BABY'S ARMS 3.PADDLE WHEEL 4.SLOW TRAIN 5.HONEYSUCKLE 6.TRAIN NO.2 7.SWEET EVENING 

・LAB12(NEW BABY)(’79.10録音)

DON RANDY AND QUEST(ジャズ)

DON RANDYのリーダー・アルバムが日本で発売されているのはこれが初めてではないか。~ライナー・ノーツより

Ⅰ 1.EASY 2.NEW BABY 3.IF YOU NEEED IT

Ⅱ 1.NORWEGIAN WOOD 2.LITTLE CHILDREN 3.FUNKIN' AROUND 4.SALSALIDO 

・LAB13(GROWING UP IN HOLLYWOOD TOWN)(’80.3録音)

LINCOLN MAYORGA AMANDA MCBROOM

Ⅰ 1.THE PORTRAIT 2.PETER THE HERMIT 3.THE ROSE 4.YOU'VE LOST THAT LOVIN' FEELIN' 5.DUSK 

Ⅱ 1.HOORAY FOR HOLLYWOOD/GROWING UP IN HOLLYWOOD TOWN 2.LOVE LETTERS 3.AMANDA 4.SILENT LADY

・LAB14(THE SHEFFIELD DRUM RECORD)(’80.12録音)

ⅠJIM KELTNER(ds)(7:11)

Ⅱ RON TUFF(ds)(6:23)

・LAB15(WEST OF OZ)(’81.4録音)

AMANDA MCBROOM LINCOLN MAYORGA

Ⅰ 1.HAPPY ENDING 2.ONLY WITH YOU 3.KITSHICKER 4.REYNOSA 5.MY FATHER ALWAYS PROMISED

Ⅱ 1.OVER THE RAINBOW 2.DOROTHY 3.DOCK OF THE BAY 4.NOT GONNA SAY I'M SORRY 5.THE WALK TO CHATHAM CORBERS 6.GOSSAMER

・LAB16(ITALIAN PLEASURES)(’81.10録音)

MICHAEL NEWMAN(g)、AND THE SEQUOIA STRING QUARTET

Ⅰ 1.INTRODUCTION、THEME、VARIATIONS AND POLONAISE、OP.65 

Ⅱ 1.PETIT DUO NOCTURNE、OP.90、NO.3 2.INTRODUCTION、THEME、VARIATIONS AND FINALE、OP.64

・LAB17(TOWER OF POWER)

Ⅰ 1.FANFARE/YOU KNOW IT 2.YOU'RE GONNA NEED ME 3.SQUIB CAKES

Ⅱ 1.THAT'S WHY I SING 2.WHAT IS HIP 3.NEVER LET GO OF LOVE

・LAB20(THE SHEFFEIELD TRACK RECORD)(’82.5録音)

Ⅰ 1.AMUSEUM 2.THE HIGHER YOU RISE

Ⅱ 1.WISE TO THE LINES 2.LE BALLADE 

・LAB21(THE NAME IS MAKOWICZ)(’83.4録音)

ADAMA MAKOWICZ(p)、PHIL WOODS(ts)

Ⅰ 1.A ELEGY 2.YOU DO SOMETHING TO ME 3.DIRTY BLUE 4.MOONDUST

Ⅱ 1.TOUGH CHIC 2.PEARL GREY 3.BOP DO COMBO 4.PAST TENSE

・LAB23(JAMES NEWTON HOWARD & FRIENDS)(’83.12録音)

ロックインストゥルメンタルズでFRIENDSとはTOTOのボーカロ兄弟そしてパーカッション。

シェフィールドと言うよりもDD録音にしては珍しいシンセものです。普通シンセは多重録音の典型みたいなものですからね。

Ⅰ 1.CAESAR 2.GONE BUTTLEFISHIN’ 3.SHE 4.L’DADDY

Ⅱ 1.TANDOORI 2.BOREALIS 3.E MINOR SHUFFLE 4.SLIPPIN’ AWAY Ⅱ 5.AMUSEUM

以上です。

こうして纏めてみると色々なジャンルに挑戦していることが分かります。録音形態として非常に難しいDD録音のリファレンスとして私は今後も大切に扱って行きたいと思っています。

で、結局私の持っていないものは当時も今も余り馴染んでいないクラシックが大半でした

| |

« 四季折々の庭 | トップページ | 富士山定点観測 »

DD盤関連」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。