« リハビリ散歩(161) | トップページ | 四季折々の庭 »

2010年9月 1日 (水)

民主党代表選に思う。

昨日、何度かの伝書鳩の取りなし?で代表選が行われることが決定した。

私の気持ちとしては密室的な談合により代表を選ぶより、余程良いと思うが、情けないのは現在の日本の第一党の人材がこの程度なのか、と言うことが極めて残念であり、将来を思うに物凄い不安である。

先ず、小沢(以後敬称略)については本人の金権問題がクリアーされていないのに仮に選出された場合、どう言う剛腕振りを発揮してくれるのか大いに注目したいと思う、が常識的に見ればそう言うことを発揮する前に頓挫するのではないか。

自民党他野党も攻撃ポイントが沢山あるので見逃す筈はない。今までに一度も国会の場で説明を果たしていない人が何もなく乗り切れる筈はない。これが頓挫する第一の理由である。

仮に乗り切れたとしてこれまで何度も自信たっぷりにマニフエストの遵守を言い続けた人だが本当に財源の捻出が出来るのか。大風呂敷だけはゴメンですよ。

出来ない場合の言い訳など聞きたくないので精々二枚舌にならない様に気を付けて下さい。・・・地獄に行ったら閻魔さんに舌を抜かれますよ(爆)。

これだけ、自信たっぷりに言い続ける人に本当は思いっ切りやって貰いたいものだが、↑の理由によりそれも適わないだろう。

菅については自身の言う3ヶ月は元より、その前の8ヶ月の行動を見ても何かをやってくれそうな気配・気迫が全然感じられない。

矢張り野党時代の追求型のスタイルが似合っていて政権運営には荷が重いように感じる。

他にも色々あるがこの程度の政治家をシャッポとして担がなくてはならない日本の政治の何とお寒いことよ。

過去の自民党政治を振り返ってみても似たり寄ったりだが政治に関して言えば日本は未だゝ成熟したレベルには程遠いように思う。まるで小学校低学年のお山の大将合戦だ。

彼らがどのような御託を並べようともこの時期こう言うことをやっているようでは国民の生活を第一に考えている政党とはとても思えない。まさに口先だけ。

又、二人の政治家の政策には歩み寄れないギャップがあることは紛れもない事実であり、選挙後のノーサイドはこれまた国民不在の論理であり、政策が同質・同一化出来ない党の存続など意味はない。

そして小沢に付いては国民の多くが代表=首相になることを望んでいないことは明白なので結果的に悲惨な結果になるであろう。ここまでくれば大いに晩節を汚して貰おうではないか。

それにしても伝書鳩のように行ったり来たりする鳩山ってどう言う人なの。こんな人が一時期でも首相を務めていたこと自体まさに嘆かわしい限りだ。

ホンと地球人には理解出来ない宇宙人の行動だ。

首相退陣後言っていたように早々に引退すべきは勿論、引退するまでは出しゃばらずにじっとしていて貰えないでしょうかね。

政権運営がまともに出来なかった人が動き回ると却ってかき混ぜているだけにしかならないのでじっとしていて下さい。

それにしても当の本人たち以上に所謂側近も全く回りが読めない人ばかりでこう言うのをKYと言うのではないでしょうか。

もっとまともな人はいないのか、本当にこのままでは日本は駄目になる。日本沈没。あぁぁぁ・・・山の中でひとり憂いている老人より。

| |

« リハビリ散歩(161) | トップページ | 四季折々の庭 »

ぼやきシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リハビリ散歩(161) | トップページ | 四季折々の庭 »