« 四季折々の庭 | トップページ | A・ライオン生誕100年ブルーノート再発盤(14)・・・備忘録 »

2010年10月22日 (金)

サーロジックSPシステムのユニットお目見え!!

標題の件、実はotoさんが先日村田さん宅へ寄った際、工場で見せて貰ったモノの写真ですが、漸くアップされましたね(;´Д`A ```。

http://otoaudio.blogspot.com/2010/10/blog-post_22.html

外国製のモノって、昔から包装等には全く無頓着ですね。品物が高かろうが箱は普通そのモノです(爆)。

この後我が家へ寄って頂いた時、村田さんからもVOLT(VM752)のSPユニットについてはチョットだけ話がありました。

ユニットのサイズに比してマグネットの何と大きいことか、想像するだに押し出しの良い音がしそうです。

この写真はスコーカ―以上のモノだけですが、私の志向している押し出し感が強くて前に前に音が出て来るイメージを更に押し上げそうです。

全体として足腰が大地をしっかりと捉まえてその上腰が強くて粘り腰(強靭)があって繊細さと優しさも併せ持つ万能型のイメージを想像しています。

スケール感も弩級で破綻のない惚れ惚れするサウンドになることでしょう。

楽しみです。

村田さんはにやにやとして何も語られませんが、現在は自分一人で妄想に耽っているのも良いモノです。

完成品と私の想像のギャップも楽しみです。

|

« 四季折々の庭 | トップページ | A・ライオン生誕100年ブルーノート再発盤(14)・・・備忘録 »

夢のSP物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 四季折々の庭 | トップページ | A・ライオン生誕100年ブルーノート再発盤(14)・・・備忘録 »