« フーテン老人徘徊記(12.21) | トップページ | 「体感音楽鑑賞システム」とは »

2010年12月21日 (火)

正月魚って、ご存知!?

正月魚と書いて「しょうがつよ」と読みます。

これは西伊豆の田子地区に伝わる正月の風習です。

今夕TVで放送されていました。

カツオ1本を塩漬けして陰干しした保存食です。

作り方は内臓を取り除いた新鮮なカツオを10日ほど塩漬けにした後、伊豆西海岸特有の強い西風に3~10日ほど当てて完成するのだそうです。

田子地区はその昔平城京時代(1300年前)からカツオの漁が盛んな地区でした。

でも今はカツオ船は一艘もありません。オイルショック以降廃れてしまったそうです。

ただし、正月の風習としてこの正月魚は綿々と受け継がれて来ました。

食す場合は塩が効いているのでお茶漬けが一番美味しいそうです。おにぎりも美味しそうですね。

今は田子地区の旅館やホテルも正月の風習としてこれでお客さんをもてなしているそうなので正月に予定されている方は味わってみては如何でしょうか。

| |

« フーテン老人徘徊記(12.21) | トップページ | 「体感音楽鑑賞システム」とは »

これっ、ご存知!?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フーテン老人徘徊記(12.21) | トップページ | 「体感音楽鑑賞システム」とは »