« フーテン老人徘徊記(4.18) | トップページ | 残されたシステムの延命策 »

2011年4月18日 (月)

震災被災者を伊豆へ無料ご招待って、ご存知!?

先程TVで放送されていました。

企画したのはNPO法人グラウンドワーク三島と言うところです。

今回招待したのは宮城県石巻市の被災家族12組です。

受け入れ先は伊豆長岡の旅館3軒で2泊3日の無料ショートツアーです。

石巻市の避難所からバスで10時間を掛けての長旅でしたが、皆さん開放的な空気を味わってとてもホッとした様子が映し出されていました。

参加したのは2歳~50歳までの12家族です。

久し振りの温泉に浸かって日常を取り戻し、美味しい料理に舌鼓を打ち、その後は家族団らんで今まで抑えて来た感情が素直に出ていつも通りの兄弟げんかもあったと両親はホッとされていました。

避難所では兄弟げんかも皆の迷惑になると子ども心に抑えていたのですね。

私はこんな話を聞くと涙が出て来てしまいます。最近は涙腺が緩んで来たのか涙脆くなっています。

2日目はいちご狩りを楽しみ、三島の源兵衛川で川遊び、最後はサントムーン柿田川でショッピングといつもしていた当たり前のことをして楽しまれたようです。

短いツアーですが自然に笑顔がこぼれ皆さん、良い表情をしていました。

勿論帰れば現実に引き戻されますが、ひと時でもこう言う時間を過ごせれば大きな力になって困難を乗り切れるでしょう。

静岡ッ、やるじゃん!!と拍手喝さいをした私でした。

なおこの企画は第2、3弾と予定されているそうです。

こう言う支援の仕方もあると言う事例になればと思います。

良い企画です。

| |

« フーテン老人徘徊記(4.18) | トップページ | 残されたシステムの延命策 »

これっ、ご存知!?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フーテン老人徘徊記(4.18) | トップページ | 残されたシステムの延命策 »