« フーテン老人徘徊記(7.12) | トップページ | DAC Caprice一番搾りの音 »

2011年7月13日 (水)

朝ダイアナを聴く

今朝はDIANA KRALLです。

アルバムはTHE LOOK OF LOVEです。

これはDAC CapriceによるCD演奏の最初のアップになります。

彼女もこの時期位が良いですね。因みにこのアルバムは’01発売です。

最近買ったのは(私の感じですが)頂けません。

何でも旬てのがあるのでしょうね。

聴いている人間はとっくに旬を過ぎている(;´Д`A ```。

でもこのCapriceを使って思ったのは再度聴き直しが必要かも、と言うことでした。

それほどに音楽表現に安定感がある。だから安心して音楽に没入出来る、と言う訳です。

素晴らしいDACです。中川さん有難う。まさに金額を超越したDACです。

Capriceデビューを祝うかのようにウグイスも早朝から鳴いてくれて今日は良い日になりそうです。ただ、間違いなく暑くなりそうだ(爆)。

|

« フーテン老人徘徊記(7.12) | トップページ | DAC Caprice一番搾りの音 »

朝聴くシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フーテン老人徘徊記(7.12) | トップページ | DAC Caprice一番搾りの音 »