« ちあきなおみのLPが今ヤフオクで熱い!! | トップページ | 伊豆爺徘徊記(1.27) »

2012年1月27日 (金)

<東電値上げ>大株主の東京都が異議 経営合理化が不十分~毎日新聞

今朝のニュースです。

大株主を含め色々関係者から異議申し立てを行って貰いたいモノです。

~~~~~~~~~

東京電力が4月から企業向け電気料金を平均で約17%値上げすると発表したことで、大株主である東京都は26日、東電、原子力損害賠償支援機構、経済産業相の3者に対し、さらなる経営合理化などを求める緊急要望書を出した。

要望書は「値上げの根拠である燃料費などの負担増分6800億円の詳細や賠償スキームと合わせた経営合理化の具体的内容が示されていない」と指摘。

「都は大口需要家、都市経営に責任を持つ行政主体、主要株主としてあらゆる機会を捉えて行動していく」としている。

猪瀬直樹副知事は報道陣に「東電は経営合理化で来年度1934億円を削減すると言うが、家賃が高い子会社事務所の移転や、自社ビルの売却だけでも約100億円捻出できる。値上げにハイハイ応じるわけにはいかない」と話した。

~~~~~~~~~

私は都民ではありませんが東京電力ユーザーです。

現状のシステムからして地域独占の電気利用形態をユーザー側から選ぶ方法もない現状ではこう言う形でその立場にある人・組織がしっかりとモノ言いをして貰わないとドンドンなし崩し的にものごとが決着してしまう。

東電、原子力損害賠償支援機構、経済産業相の3者は謂わば慣れ合いのお友達組織なのだから楔を打ち込む強大な組織なり人物が頑張っていいなりにならないよう抵抗して貰いたい。

私自身、決して値上げ絶対反対の立場ではないけれど未だゝ隠されて見えて来ないモノが多過ぎる現状を反省し公開性を高め、その上で更なる合理化努力をした上でそこまでやるか、それなら仕方ないね、と言わせる納得感を示して貰いたい。ただ、それだけ~。

追記

昼頃のニュースです。

~~~~~~~

枝野経産大臣は東京都の猪瀬直樹副知事が東電の企業向け電気料金値上げに対し、説明が不十分と批判していることについて「有力株主の東京都の指摘は重く受け止めるべきだ」と述べ、都の要望を反映させるよう東電に求める考えを示した。

~~~~~~~

当然のこと。

| |

« ちあきなおみのLPが今ヤフオクで熱い!! | トップページ | 伊豆爺徘徊記(1.27) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちあきなおみのLPが今ヤフオクで熱い!! | トップページ | 伊豆爺徘徊記(1.27) »