« 伊豆爺徘徊記(3.13) | トップページ | VTT-1 »

2012年3月13日 (火)

由紀さおり、『1969』ヒットで文部科学大臣賞受賞~オリコン

今夜のニュースです。私も購入して何度も聴いた元気付けられる楽しいアルバムです。

~~~~~~~

歌手・由紀さおりが13日、文化庁が芸術各分野において優れた業績を上げた人に贈る平成23年度(第62回)「文部科学大臣賞(大衆芸能部門)」を受賞した。

米ジャズオーケストラのピンク・マルティーニとのコラボアルバム『1969』(2011年10月発売)が海外でヒットしたことから、「久々に音楽界に明るい話題を提供した」と選出された。

『1969』は世界22ヶ国で配信され、全米『iTunes』のjazz部門で1位となるなどヒットを記録。

「ほぼ全曲を日本語で歌ったアルバムが海外でも高く評価されたのは、高度に洗練された歌唱、40年に及ぶ歌手活動で培った豊かな表現力の賜物で、『1969』は大衆歌謡の世界に新たな地平を切り開く顕著な成果となった」と評価された。

由紀は「このような名誉ある賞を頂くことができ、本当に嬉しく思っております。今後、歌っていくうえで、とても大きな励ましと後押しをいただけました。これからもさらに精進してまいります」とコメント。

贈呈式は19日に都内で行われる予定。

~~~~~~~

良かったですね。

このアルバムで由紀さおりと言う歌手を見直した人も多いのではないでしょうか。

日本でこう言うアルバムを出したこともない人に着目したピンク・マルティーニの眼力は凄い。

ピンク・マルティーニの企画力と由紀さおりの歌唱力のタッグの勝利と言えよう。

おめでとうございます。

~~~~~~

受賞について由紀さんは「1つの目標にしていた賞だったのですごく大きな励みになります。

これから先、現役でどのくらい自分の声が続くのか分かりませんが、そこをなんとか努力でクリアして歌い手人生を全うしたいという思いを強くしました」と喜びを語りました。

また、「ピンク・マルティーニさんとの共演で、歌謡曲の歌い手としての自分の方向性が見えてきました。今後も日本の歌のよさを世界に伝えてきたい」と話していました。~談

| |

« 伊豆爺徘徊記(3.13) | トップページ | VTT-1 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(3.13) | トップページ | VTT-1 »