« CD4枚発注! | トップページ | 伊豆爺徘徊記(3.16) »

2012年3月16日 (金)

村田さんの現在のシステム概要

サーロジックの村田さんの現在のシステム概要です。

電話で聞いた限りですので詳しい内容は分かりません。

と言うことで昨年10月頃購入されたCapriceが先日やっと接続され、その前に聴いていた状況より更に良くなったと言われていた。

今はデモルームが一番の仕事なのでこちらは飽く迄も試聴用の仮の姿であります。

それでも本業のチューニングの技を駆使され、素晴らしい音響環境を構築されているようです。

機器類の使い方も興味ある使い方のところもあったりして私も今後大いに参考にしたいと思っています。

それでは折角覚えたCADで図を作ったので紹介します。

Photo

Capriceも接続一発でLowest使用ですのでやる人がやったら何も問題ありません。

この接続だとパソコンのジッター塗れのデータもCapriceにはリクロックされたデータが送られるのでCapriceを初めリクロック機能がないDACでもより良いデータが使用出来る。

又ファイヤーフェースからSWへの接続はメインSPとタイムラグが生じるので普通の方にはお薦め出来ませんとのことです。

タッパーアッテネーターと言いACノイズからの影響のない純度の高い構成でこれならパソコンからの音楽も所謂パソコンオーディオと一線を画したレベルではないでしょうか。

私はパソコンオーディオはやる積りはありませんがこのファイヤーフェースをDACの前に挟んで色々CDPの選択肢を広げたいと思うようになりました。

これはaitlaboのDACを導入しても基本的にリクロック機能がないことから効果ありと考えています。

色々楽しみが増えて来ました。お金も掛りますが...。(爆)

Capriceをこう言う使い方をされている例はないか、あっても少ないと思いますので興味ある方は村田さんのゲストルームをお尋ねになってみては如何でしょうか。

お忙しい方なので都合良く試聴が実現するかどうかは保証の限りではありませんが...。(爆)

本件に係る内容を電話等でお尋ねになることはご遠慮下さい。

旧知の間柄でもない限りいきなりの電話は如何にも失礼で不味いと思われますので...。

| |

« CD4枚発注! | トップページ | 伊豆爺徘徊記(3.16) »

オーディオ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CD4枚発注! | トップページ | 伊豆爺徘徊記(3.16) »