« 近未来の我がシステム計画!? | トップページ | お買いもの »

2012年4月 1日 (日)

153市町村で震度7=高知の津波、最大34メートル―南海トラフ~時事通信

昨日のニュースです。

~~~~~~~~~

内閣府の有識者検討会は31日、西日本の太平洋沖にある海底の溝「南海トラフ」で巨大地震が発生した場合の震度分布と津波高に関する推計結果を公表した。

東日本大震災と同等のマグニチュード(M)9.0規模の地震が発生した場合、10県153市町村で震度7を記録すると予想。

また、高知県黒潮町の34.4メートルを最大に、6都県23市町村で満潮時に20メートル以上の津波が起こると推計するなど、関東から四国、九州地方にかけての極めて広い範囲が大きな揺れと津波に見舞われる恐れがあるとしている。

原子力発電所関連では、静岡県御前崎市の浜岡原発付近で、最大21.0メートルの津波が発生すると推計した。

南海トラフの巨大地震は、近い将来発生する可能性が高いと指摘されており、政府の中央防災会議は2003年、M8.6だった宝永地震(1707年)をモデルに震度や津波を予想した。

しかし、東日本大震災で想定を超える災害が発生した反省を踏まえ、検討会が昨年8月から見直し作業を進めていた。

~~~~~~~

見直しは結構なことだがこう言うシミュレーションを見せ付けられたら何をやっても無駄なことが分かるだけで現実的にはハード面での対応は無理なのではないか。ソフト面で如何に被害の最小化を図るかでしょう。

最低限、静岡の浜岡原発は堤防の高さを云々するのではなく原発そのものを再稼働しない(=廃止)ことを前提に現実的な対応を図る方が余程良い。

勿論ここに触れられていない原発も全て基本的には全て廃止の方向で検討した方が良い。

今夏、原発なしでやり繰り出来て困るのは原発関係者(政治家・役人・電力関係者他)だけでしょう。いつまでしゃぶりつくしたら気が済むの。??

無駄な対策費を使う位なら真剣に代替エネルギーの開発やその促進にお金を使って下さい。

無駄金(=死に金)より生き金です。今の日本にはお金もそんなに余裕はない筈。有効に使いましょう。

| |

« 近未来の我がシステム計画!? | トップページ | お買いもの »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 近未来の我がシステム計画!? | トップページ | お買いもの »