« 最後の低額年金の支給 | トップページ | 伊豆爺徘徊記(4.18) »

2012年4月18日 (水)

<東日本大震災>「つり天井」2000施設で崩れ77人死傷~毎日新聞

今日のニュースです。

~~~~~~~~

日本大震災の際に相次いだ公共施設などのつり天井の崩落被害が、東北や関東地方を中心に約2000施設にも及び、少なくとも5人が死亡、72人が負傷していたことが、国土交通省の調査で分かった。

激しい揺れで接合金具が外れたことなどが主な原因。

柱や壁が無事な施設も多く、つり天井の弱さが浮き彫りになった。

国交省から調査を依頼された有識者の検討委員会は、強度確保のため1平方メートル当たり重さ20キロ以上のつり天井には構造計算を求めるなど新たな対策が必要と提言している。

【東日本大震災 東北でM9.0巨大地震】つり天井が落ちて2人が死亡した東京の九段会館

東日本大震災では、東京都千代田区の九段会館で2人が死亡する被害が出たほか、川崎市の音楽ホールで天井板や鉄骨が観客席に落下。

茨城空港ターミナルビル(茨城県小美玉市)でも一部が崩落した。

このため国交省は、一般社団法人建築性能基準推進協会に被害状況の調査・分析と落下防止策の検討を依頼。

検討委が設けられ、日本建設業連合会を通じて約2000施設での被害を把握した。

このうち約200施設を抽出調査したところ、建築時期は5割以上が96年以降と比較的新しく、用途は店舗や事務所、ホールが目立った。また、鉄骨造りが65%を占め、柱や壁などの主要な部分の被害がなかった施設が8割に上った。

検討委は、落下した際の被害の大きさなどを勘案し、天井の高さ6メートル以上、面積200平方メートル以上の大型施設は落下防止策が必要と指摘。

具体策としては1平方メートル当たり6~20キロ未満の天井について▽「つりボルト」を1平方メートルに1本以上取り付け▽天井面を支える金具を厚くするなどして強度を高めねじで固定▽鉄製の補強材(ブレース材)をV字形に設置--などを国交省に提示した。

更に同20キロ以上の天井については、これまで行われていなかった構造計算を求め、水平方向の揺れについて、従来の最大2・2倍の強さに耐えられることなどが必要と分析。

国交省は検討委の提言を参考に、建築基準法施行令や技術指針の見直しを検討する。

既存の建物については新しい耐震基準は適用されないため、国交省建築指導課は「避難所になる体育館などはロープでつって天井面が外れても下まで落ちないようにしたり、落下防止ネットを張ったりするなど対策の必要性について検討している」と話している。

建築基準法施行令は、建物の骨組みに当たる柱や壁などは構造計算が必要としているが、つり天井のような「非構造部材」は落ちないよう求めているだけ。

01年の芸予地震と03年の十勝沖地震での被害を受け、国交省は、つりボルト同士を補強材でつなぐなど落下防止の技術指針を作っている。

~~~~~~~~

「用途は店舗や事務所、ホールが目立った」とあるように人の出入りが多い場所の耐震建築がなおざりにされていると言えよう。

我が家の近所では三島市役所の天井が崩落したと記憶している。

我が家も安普請だけれど意外とこう言う建物も安普請が多いのですね。

被害を最小限に食い止める為にも早急に改善して貰いたいモノです。

| |

« 最後の低額年金の支給 | トップページ | 伊豆爺徘徊記(4.18) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

ビジネスマナーのメールさん、今日は。
ニュースを転載させて頂いただけです。
公共施設の建物ってこう言うモノが多いのだと言うことを知っているのと知らないのでは利用する側の心構えが違って来ますからその辺を注意すべきでしょうね。
今後とも宜しくお願いします。

投稿: EVA | 2012年4月25日 (水) 11時21分

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: ビジネスマナーのメール | 2012年4月25日 (水) 10時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最後の低額年金の支給 | トップページ | 伊豆爺徘徊記(4.18) »