« 伊豆爺徘徊記(4.4) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(4.5) »

2012年4月 5日 (木)

痛風の発症、腸管の排出機能低下も影響~読売新聞

昨日のニュースです。

痛風については私も違うとは言われながらも気にしている病気なのでこれを良く読んでみたいと思い、転記させて頂きました。

~~~~~~~~

痛風の原因となる高尿酸血症の約3割は、腸管(小腸)の排出機能が低下して引き起こされることを東京大、東京薬科大などの研究チームが突き止めた。

腎臓にばかり目を向けてきた従来の考えに見直しを迫るもので、新しい治療薬の開発に道を開く成果という。

 ~英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに4日掲載される。~

チームは患者644人の尿を調べ、痛風原因遺伝子として知られる「ABCG2」が高尿酸血症に大きく関与していることを確認した。

同じ遺伝子を操作して症状を再現したマウスで詳しく調べた結果、こうした症状のマウスでは、腎臓から尿酸を排出できても、腸管から便への排出機能が半分以下に減少、尿も含めた排出量全体として約2割減ってしまうことがわかった。

高尿酸血症は現在、腎臓の尿酸排出能力が低下する「排泄(はいせつ)低下型」と、体内で尿酸を多く作り過ぎる「産生過剰型」に分類されており、その混合型も多い。

今回の結果で、産生過剰型の多くは尿酸を作り過ぎるわけではなく、腸管の機能低下が原因と考えられるという。

~~~~~~~~

難しいことは分かりませんので何とも言いようがないのですが今度掛り付けの先生に診て貰った時にでも聞いて見ようと思います。覚えていれば、ですが。(爆)

| |

« 伊豆爺徘徊記(4.4) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(4.5) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(4.4) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(4.5) »