« 伊豆爺徘徊記(7.31) | トップページ | ゴキブリ退治大作戦(第2段)決行!! »

2012年8月 1日 (水)

LED ZEPPELINのアルバム

今日紹介するのはLED ZEPPELINです。アルバムは「伝説のライヴ HOW THE WEST WAS WON」(’72ライブ ’03発売)です。

これは中年音楽狂さんのブログで紹介されていたので急遽入手したモノです。

理由はジョン・ボーナムのドラムスの技・凄さをもう一度味わいたかった為と言っても過言ではありません。

それ位インパクトのあるドラミングなのです。余人では決して味わうことが出来ない演奏...。

このアルバムは3枚組です。

1.LA DRONE

2.IMMIGRANT SONG

3.HEARTBREAKER

4.BLACK DOG

5.OVER THE HILLS AND FAR AWAY

6.SINCE I’VE BEEN LOVING YOU

7.STAIRWAY TO HEAVEN

8.GOING TO CALIFORNIA

9.THAT’S THE WAY

10.BRON-YR-AUR STOMP

1.DAZED AND CONFUSED

2.WHAT IS AND WHAT SHOULD NEVER BE

3.DANCING DAYS

4.MOBY DICK

1.WHOLE LOTTA LOVE

2.ROCK AND ROLL

3.THE OCEAN

4.BRING IT ON HOME

この中で特に聴きたいのがⅡの4.MOBY DICKです。

なんじゃ、こりゃぁ~、と言いたい位の凄まじさです。ジャズのドラムスとも違います。

でもそれらの名ドラマーにも比肩する力量の持ち主なのです。ホンと32歳で亡くなっただなんて、信じられません。

ジャンルは違い、死因もそれぞれ違いますが30代で亡くなった方に素晴らしい才能の持ち主って多いのですね。

私の所有するアルバムから知る限りですが、ERIC DOLPHY、JACO PASTORIUS、EVA CASSIDYや大塚博堂がいます(他にも沢山おられるかも知れませんね)。

私はこのアルバムが発売された当時はLED ZEPPELINがどう言う音楽をやるのかなんて全く知りませんでした。

これに先んじてLPでMOBY DICKを聴いてその凄さを知っていたので別のアルバムとして今回の中年音楽狂さんのご紹介は私にとっては数少ない入手のチャンスとなりました。

有難うございました。

昔だったらこんな激しくうるさい音楽は願い下げでしたが歳を取ってボケて来たのか平気になったようです(爆)。

楽しい!!

| |

« 伊豆爺徘徊記(7.31) | トップページ | ゴキブリ退治大作戦(第2段)決行!! »

CD温故知新」カテゴリの記事

コメント

中年音楽狂さん、今晩は。
>今聞いても本当に素晴らしいバンドであったと思えるライブでした。
本当にそう思います。
こんなドラマーがいたのだと言うことが遅まきでも知り得たことは幸せでした。
>Bonzoのドラムス
このドラムスは折に触れ味わってみたい気にさせられるドラムスです。
うるささにも種類があるようで心地良いうるささはうるささではないと思っています。
このCD買えて良かったです。大感謝!!
今後とも宜しくお願いします。

投稿: EVA | 2012年8月 3日 (金) 18時09分

EVAさん,こんにちは。ご紹介ありがとうございます。

私もLed Zeppelinに目覚めたのは非常に遅かったのですが,今聞いても本当に素晴らしいバンドであったと思えるライブでした。私のブログにも書きましたが,それを強力にプッシュしていたのはBonzoのドラムスであり,BonzoなくしてZeppelinは成り立たないということを強く感じてしまいます。

私も結構な年齢ですが,激しい音楽を聞くのは歳は関係ないとこれからも開き直って聞いていきたいと思います。

投稿: 中年音楽狂 | 2012年8月 3日 (金) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(7.31) | トップページ | ゴキブリ退治大作戦(第2段)決行!! »