« 伊豆爺徘徊記(8.29) | トップページ | BEN WEBSTERのアルバム »

2012年8月29日 (水)

<南海トラフ巨大地震>最悪で死者32万3000人想定~毎日新聞

夕方のニュースです。

~~~~~~~

東海から九州沖を震源域とする「南海トラフ巨大地震」について、中央防災会議の作業部会と内閣府の検討会が29日、被害想定や浸水域などを発表した。

関東から九州の太平洋側が最高34メートルの津波と震度7の激しい揺れに見舞われ、最悪のケースでは死者32万3000人、倒壊・焼失建物が238万6000棟に上り、1015平方キロが浸水する。

内閣府は「発生頻度は極めて低い」として冷静に受け止めるよう強調しているが、国や自治体はこの想定に基づいた防災対策を迫られる。

【表でみる】津波避難:車利用による死者数、地形によって大きな差

死者数が最悪となる場合、23万人が津波、8万2000人が建物倒壊、1万人が火災で死亡する。

都府県別では静岡県の10万9000人が最多。

負傷者は62万3000人で、建物の下敷きになるなど要救助者は33万人に上る。

建物の耐震化率が現状の79%から100%になった場合、建物倒壊による死者は約8割減少。

迅速に避難した場合の津波による死者も、そうでない場合と比べて最大で8割減る。

一方、最も被害が小さい場合でも、死者は東日本大震災を大きく上回る3万2000人、全壊・焼失棟数は94万棟。

中央防災会議が03年に出した東海・東南海・南海の3連動地震の想定は死者2万4700人、全壊棟数94万200棟だった。

~~~~~~~

基準の前提(東日本大震災等の大災害による)が変わる度に段々被害想定が大きくなる。

これを検討している作業部会の人たちは本当に専門家なのか。

想定が大きく変わるような想定はそもそもあってはおかしい訳です。

想定がコロコロ変わるようでは専門家とは言えないでしょう。

もっとしっかり精査して貰いたい。その内狼少年になってしまいますよ。これが最悪の事態を招く。

| |

« 伊豆爺徘徊記(8.29) | トップページ | BEN WEBSTERのアルバム »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(8.29) | トップページ | BEN WEBSTERのアルバム »