« LP1枚発注 | トップページ | 伊豆爺徘徊記(8.24) »

2012年8月24日 (金)

イワシのパックに毒性フグ? =横浜のスーパーで販売~時事通信

今朝のニュースです。

~~~~~~~

横浜市保健所は23日、同市戸塚区のスーパー「コープかながわ ハーモス深谷」で20日に販売したカタクチイワシのパックに、毒性を持っている可能性があるフグが混入していたと発表した。

仕入れ元の中島水産の横浜センター(同市金沢区)は、他にも静岡県の2店舗などに卸したという。

23日現在、健康被害の届け出はない。

同保健所食品衛生課によると、混入していたのは体長約7センチのクロサバフグとみられる稚魚で、ハーモス深谷店は7パックを販売。

「フグが入っているのでは」と指摘を受け、購入者と連絡が取れた3パックを調べたところ、一部にクロサバフグが混ざっていたが、毒は持っていないことが確認された。

その他は調査中という。

クロサバフグは生息する海域によって毒があったり、なかったりするとされる。

~~~~~~~

今のところ被害報告がないようだがそれにしてはどうして指摘があったのか。

食べた感触でフグの混入を指摘するなどと言う判断は一般人には出来ないでしょう。

内部告発かどうかは分からないが生産事情に詳しい人でもない限り加工食品の原材料を知り得ることは出来ないと思うが...。

これは単に被害がなかったらそれで良いと言うことではなく原材料が違えば食品表示法に違反することになるので混入経緯或いは意図的犯罪なのかどうかまで徹底的に調べて貰いたい。

私のように年金貧乏人は週の何食かは缶詰(猫マンマ)で済ませているので由々しき問題である。

たまたまこの種の缶詰は食していないけれど同様の可能性は皆無とは思えないので缶詰業界関係者には今一度管理徹底の上業務に当たって貰いたい。

| |

« LP1枚発注 | トップページ | 伊豆爺徘徊記(8.24) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« LP1枚発注 | トップページ | 伊豆爺徘徊記(8.24) »