« 今、オーディオが面白いぜぃ!! | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.6) »

2012年9月 6日 (木)

上高地で特定外来生物見つかる~NHK

今朝のニュースです。

~~~~~~~

国の特別名勝、長野県松本市の上高地で、環境省が規制している繁殖力の強い特定外来生物が初めて見つかり、生態系が壊されるおそれがあるとして、専門家は早めに対策を取るよう呼びかけています。

海外からも大勢の観光客が訪れる長野県の上高地は、外来種の植物が目立つようになり、環境省の上高地自然保護官事務所は、ボランティアなどの協力を得て外来種の除去に取り組んでいます。

こうしたなか、先月27日、ボランティアらが上高地の大正池から900メートルほど南の斜面で、外来種の中でも繁殖力が強く、環境省が輸入などを規制している特定外来生物の1つ、オオハンゴンソウが、15平方メートルほどの広さに群生しているのを、初めて見つけたということです。

オオハンゴンソウは、北アメリカ原産のキク科の多年草で、北海道の釧路湿原でも大きな群落が見つかり、生態系が壊されるおそれがあるとして、専門家などの間で懸念が広がっています。

上高地の外来植物の調査を続けている信州大学農学部の渡邉修准教授は「恐れていたものが見つかってしまったが、早めに見つけることができたので、これ以上広まらないように取り除いていくことが大切だ」と話し、国などに早めに対策を取るよう呼びかけています。

~~~~~~~

似たようなモノはこの山でも見掛けます。

ハッキリしているモノにオオキンケイギクがありますね。

キク科の植物って繁殖力が強いのが多いですね。

昔の対応の不味さを今になって騒いでいる感が無きにしも非ずだが徹底的に駆除して日本の自然を守りましょう。

| |

« 今、オーディオが面白いぜぃ!! | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.6) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今、オーディオが面白いぜぃ!! | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.6) »