« 伊豆爺徘徊記(10.8) | トップページ | 貧乏スパイラルの始まり »

2012年10月 9日 (火)

MILTON NASCIMENTOのアルバム

今日紹介するのはMILTON NASCIMENTOです。アルバムはA BARCA DOS AMANTES(’86 ’94)です。

メンバーはMILTON NASCIMENTO(vo、ag)、RICARDO SILVEIRA(eg)、LUIZ AVELLAR(key)、NICO ASSUMPCAO(eb)、ROBERTINHO SILVA(ds、perc)、WAYNE SHORTER(s、ts)です。

MILTON NASCIMENTOはMPBの代表的アーティストだそうです。

これは中年音楽狂さん紹介のアルバムです。

1.NUVEM CIGANA

2.PENSAMENTO

3.NOS DOIS

4.LAGRIMA DO SUL

5.LOUVACAO A MARIAMA

6.AMOR DE INDIO

7.A BARCA DOS AMANTES

8.TARDE

9.NOS BAILES DA VIDA

9/15発注(出品者扱い)が漸く届いたので忘れ掛けていました(爆)。

不思議な雰囲気のアルバムです。MILTONの声は良く通る、素敵な声です。

初めて体験する音楽です。

でも私はこう言うの好きですね。

中年音楽狂さん、又ゝ素敵なアルバムの紹介有難うございました。

追記

後日SARAH VAUGHANのアルバム「BRAZILIAN ROMACE」(’87)(8/14アップ)のⅠ面の3.LOVE AND PASSIONでDUETしていることが分かりました。

だからMILTONは初めてではなかったのですね。私自身気が付かなかっただけでした(;´Д`A ```。

| |

« 伊豆爺徘徊記(10.8) | トップページ | 貧乏スパイラルの始まり »

CD温故知新」カテゴリの記事

コメント

中年音楽狂さん、おはようございます。
>Milton Nascimentoの魅力は彼の声に集約されると思います
ホンと良い声ですね。
>こういう音楽はもっと多くのリスナーに聞かれるべきだと感じてしまいました。
そう思います。ただジャケ買いは出来ませんね。(爆)
私は追記で書きましたがSARAH VAUGHANの多分最後のアルバムで彼と1曲デュエットしていたのですね。
聴き直してしまいました。
機会がありましたら彼のアルバムもう1枚聴きたいと思っています。ライブ盤で...。

投稿: EVA | 2012年10月12日 (金) 06時02分

こんばんは。ご紹介ありがとうございます。

Milton Nascimentoの魅力は彼の声に集約されると思いますが,それにしてもいい声ですよね。これはライブ盤ですけれでも,ライブの場でこんな歌を聞かされたとしたら,私は昇天確実だったと思います。こういう音楽はもっと多くのリスナーに聞かれるべきだと感じてしまいました。

ということで,毎度のことながら,当方記事のURLを貼り付けさせて頂きます。
http://music-music.cocolog-wbs.com/blog/2012/09/milton-nascimen.html

投稿: 中年音楽狂 | 2012年10月11日 (木) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(10.8) | トップページ | 貧乏スパイラルの始まり »